ムネコマサン

写真付日記で~す。 物忘れないうちにメモしておかないと
日々の出来事 アチコチ出かけ コンデジ画像を紹介しま~す 

カルガモのヒナが誕生 (7月10日版)

2017-07-15 08:39:39 | 日記

カルガモ またもや 誕生10羽の話を聞いて 出かけてみると 居ました居ました。
残念ながら 8羽になってましたが 元気な様子が

たぶん7月上旬に誕生では ちょっと大きくなってますが 可愛いものですね

通りがかりのおばちゃんたち 歓声を上げ 可愛い! 叫んでました。



採餌に必死ですね 水草類がメインですね 


すぐ近くでは 親子5羽のグループも どれが親か よくわからないところですが
パークゴルフ場で誕生したグループかもわかりません

これは 親か 幼鳥か わからない?

場所は あまり行かないところ 鶴見緑地の北側(守口市)の小川(長さ約1.5km ほど)で暮らしてます。
そのうちに 大池へデビューするかもわかりませんね。

鶴見緑地では これで4例目のヒナ情報でした。
今までの情報 
1.咲くやこの花館前 5月2日(7羽)私が見つけた
2.日本庭園裏の蓮池 6月上旬(2羽)
3.パークゴルフ場内の池 6月上旬(8羽?)
4.緑地北側の小川 7月上旬(8羽・・・・現在7羽)
私の知りえた情報です。 もっとほかの場所で誕生しているかも
色んな敵がいるので 生き残ることができるのは 何羽になるかな(*^-^*)


最後までご覧いただきありがとうございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶴見緑地の トンボさ~ん | トップ | 7月10日の ぶらぶら日記 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カルガモの雛 (AOI-MORI)
2017-07-15 14:02:53
繁殖期が決まっていないようですね。
無事に成鳥に成れるのは少ないようですね。
自然の掟は厳しいですね。
人間社会も似たようなものですが 命を奪われるのは希ですね。
子だくさん (ピカ)
2017-07-15 19:53:48
たくさんのヒナを従えた姿は微笑ましいですね。
歓声があがるのもわかります。

全員無事に育って欲しいものです。
ヒナ達 (チャーリーブラウン)
2017-07-15 19:56:06
AOI-MORIさん こんばんは~

カルガモのヒナ誕生は 不思議ですね
一番早い時期で 5月上旬 その後、6月上旬 6月下旬から7月?にかけて
 カップル誕生のタイミングによるのでは・・・と思います。

外敵が多い水鳥の世界 一度にたくさんの卵を産み 
生き残りをかけてますね
凄い営みに感心しているところです。( ^)o(^ )


カルガモのヒナ (チャーリーブラウン)
2017-07-15 21:27:11
ピカさん こんばんは~

おばちゃんたち ヒナは可愛いが 大きくなると愛想がないねって、笑ってました。
それもそうだね・・・・・ 生き物を大切にしようねって言いたいところですが・・・・( ^)o(^ )

 カルガモ余命は 7~8年だとか 世話好きのカモおじさんの説
毎年、10羽程度は増えているはずなんですが 
そんなに目立たない やはり生存競争が厳しいようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む