たそがれおじさんのガッチャキ人生(TOGZ) 

北海道「とかち」をこよなく愛する十勝原住民が自転車で巡る十勝野風景を発信(浦幌町昆布狩石方面)

興味広がるタンチョウウォッチング

2017-03-07 22:50:08 | 日記

今日の午前

思いがけず

浦幌野鳥倶楽部会長

武藤氏のおくさまから

タンチョウについての情報を

いただきました

 

気になっていた

タンチョウの足環

(バンディングというのだそうです)

193について

 

生まれは

鶴居村

あっちこっちに移動しているらしく

(オホーツク)枝幸町でも観察されたとか

 

そんなタンチョウ193

今年は

ガーデン温泉東に

しょっちゅう現れています

十勝にしっかり

住みついてね!

 

幼鳥の2羽

265

266についても

教えていただきました

 

生まれは

池田町河合

双子だそうです

十勝に根付いているようです

 

いろいろと情報をいただいたことに

感謝しながら.......

タンチョウの写真

2015年からを調べてみました

ありました!

 

2015.11.9

バンディングしてありましたが

拡大しても

ボケ ボケ

 

2016.12.4

同じく

ボケ ボケ

 

2017.1.27

拡大したら

159という数字を確認

 

気になったので

武藤氏に

鑑定?依頼

 

159は

豊頃町二宮生まれとのことでした

双子の片割れだそうです

 

興味はありましたが

タンチョウたちの

素性を知ることができ

いっそう

タンチョウウォッチング

興味・関心が広がっていきます!

 

武藤氏は

十勝の自然愛好家には

知る人ぞ知る御仁

探鳥会や

自然観察会への

お誘いまでうけて

おじさん

大感激!

 

つないでいただいた

おくさま

ありがとうございます!

 

今日の

午後からの探鳥会

 

まずは

舞う

 

マガモ

 

ハクチョウ

 

遠くから

鳴き声とともに

タンチョウ

下り立ったタンチョウ

誰かを探しているのか

鳴いています

 

このタンチョウをやり過ごし

タンチョウ

他にはいないのかと

建物の奥を観ましたが

今日はいません

 

そのうちに

下り立った

幼鳥のタンチョウ

移動

1羽だけの幼鳥?

 

でも

何か探しているようだな

おじさんも

改めて

道路からキョロキョロ

いました!

こんなところに

上にいるのが193のタンチョウです

今日も来ていました

 

あの幼鳥

このつがいの子供だろうか?

 

メン川に移動

昨日は

溜まりにいた

ミコアイサ

(昨日 3月6日の写真)

 

今日は

観ることはできませんでした

 

川岸の

ネコヤナギ

いいボケ

(失敗も見ようです)

 

あそこにいたタンチョウ

まだ他にいるかもしれない

堤防側から見てみようと

 

堤防に出て

雪が融けた

堤防の縁を歩き移動

 

いつも午後になると風が強くなります

堤防の上も

強めの風

今朝降った雪を飛ばしています

 

建物の裏に来たので

雪をかき分け

堤防の林を下り

様子を見ると

他のタンチョウは見られませんでした

幼鳥と

バンディングなしの成鳥

2羽

 

今日の探鳥会

終了

 

堤防へ戻る上り

湿った雪が

重い!

四つん這いで

這い上がってきました

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3時の散歩 | トップ | 指先がシャッコイ 十勝ロー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。