鮎釣りと薔薇づくり

鮎釣り・渓流釣り・薔薇庭づくりを極められない半生を送ってきました。ここで一発奮起して・・・

鮎釣りフィールドの貸し切り状態は、〝凶〟。

2017年07月01日 | 日記
29.6.30(金)
メジャーな河川でないと情報があまり得られません。

そんな中、何日か前ちょっとしたネット情報で〝20匹釣れた〟という朗報を目にしました。

「それなら行かなくちゃ。」と思い、急遽単独釣行しました。。


その場所は、その川の漁協のメインフィールドでもあり、毎年通っているポイントでもあり、そろそろ釣れ出

したのかなと判断しました。

ところが、朝9時にその場に到着すると、な、なんと、駐車場所に車なし

現場に立つと、

上流


下流


ひとっこひとりいません。

初めてのケースです。

何を意味するのか・・・

考えようによっては、鮎釣りフィールド 〝ひとり占め〟気を取り直して、高速下の瀬から始めます。

・・・1時間経過

反応なし。

高速上の深トロ、その上の深瀬を1時間攻めます。

・・・1時間経過

反応なし。

計2時間無反応。オトリ2匹使ってもダメ。

まわりを見渡しても、2時間誰も見ず。

まさに、「なんじゃーこりゃぁー」って感じです。

完全な貸し切り状態で、完封負けしたような気分です。

お昼を食べ帰ろうかとも思いましたが、暇なので、前回4匹連れた下流域のM橋下に移動。



ここには、エサ釣りをしてる人と、今日初めて見る鮎釣り師がいましたが、タイツを履いていなくて川岸から竿を出している人でした。

早速前回釣れた瀬へ

2匹のオトリは使用済みで、1匹はやる気なし、もう1匹は6割の力が残っている感じです。

オトリ2号で開始。前回釣れたポイントと同じ場所にオトリを入れると・・・

釣れるんです。不思議なことに。

野鮎に替えると、釣れるんです。
当たりは最高です。目印が一瞬で消えたり、竿が引ったくられたり、目印がスピード違反で走り回ったり、言うことなしでした、。あ、今回も掛った鮎が空中でバレることが3回もありました。深く刺さっていなかったのでしょうか。


ここでは流れの強めの深瀬の引き釣り、浅いタルミでの泳がせ釣りを交互に行い、釣果を伸ばします。





ここでも1人いた釣り師が帰った後は誰とも会わず。

貸し切りとはいえ、寂しい限りです。


本日の釣果12匹・・・午前中のことを思えば、上出来です。型は中型、最大18センチ。



この河川は、どういう状態なのか分かりません。場所によるのか、全体的に鮎が少なくなってしまったのか。

いずれにしても、情宣活動が足らないような気がします。漁協の方、頑張って下さい。



    では、


にほんブログ村











ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神流川復活 | トップ | 神流川は、『バッチ・バチ♪』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ハミアト)
2017-07-01 18:04:59
地元の釣り人はどこへ行ったんでしょう?
客のいないパチンコ屋は出ないと言いますからね


結局、ネット情報と同じぐらい釣るとはさすがです。

ハミアトさんへ (海底人)
2017-07-01 18:33:15
場所が近いのでつい行ってしまいます。
まだ可能性がなくなった訳ではないので、
年券分消化するまで頑張ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。