からつ屋の メモメモ日記

日々の暮しに使う、陶器のお店を営んでいます。草花を楽しみながら、季節の移り変わりや、街の様子など、想いのままに・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

富山への旅(その1)

2012-05-21 16:30:54 | Weblog
町内の皆さんとのバスの旅に参加しました。

夏を思わせる青空と強い陽射しのなか

まず、棟方志功記念館へ

棟方志功が福光に住んでいた時の家が、そのまま残されています。
夫婦と子供4人が過ごした
平屋建ての可愛らしい家です。


棟方志功の過ごした日々は
民藝の柳宋悦、河井寛次郎、浜田庄司など著名な人々との出会いの場でもあったようです。
展示されている品、一つ一つを大切にしている、福光の人達の心意気に感心させられました。

板戸にダイナミックに描かれた鯉、トイレの天井には天女や菩薩が描かれています。

旧居住宅の真向かいに、藍染苑という建物があります。
ここには志功の作品が数多く展示されていました。

家の周りには、栴檀の大きな木や、志功の故郷、青森に咲くというハマナスの花が、咲き誇り、見学疲れの見え始めた私達を見送ってくれました。

この年になって、初めて知る事の多い事・・・・
大きな眼鏡をかけ、一心に作品を制作しているイメージでしたから・・・・

棟方志功の作品は日本各地で観る事が出来ますが
この家を見学して、、子供たちと過ごしている志功に、とても好感を持ちました。

そろそろ・・・美味しいランチタイムが気になり始めた時間でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のれん展 終了しました | トップ | 富山への旅(その2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL