【わんちゃんの独り言】

毎日の生活の中で見たこと、聞いたこと、感じたこと、思いついたこと等々書き留めています
(コメント大歓迎デス・・・・・)

今年も残り今日も含めてあと2日、

2016-12-30 | デジカメ日記
この一年【わんちゃんの独り言】においでくださりアリガトウです。
たくさんの方々が読んでくださっていると分かり、blogの更新に、自身も張り合いをカンジ楽しんでます。
来年はどんな年になるのでしょう?
また一年後の今頃「今年もいい年だったなぁ」っと思えるように過ごせることを来年の目標にしたいと思います。皆様の来年が良い年でありますよう・・・
今年はちょっと切ないことが・・・
「わんちゃん、コロちゃんは何となく分かってたけど、ふうちゃんは急やったね、ペットロスは大丈夫なん?」
「ウン、今のところダイジョウブなんですぅ」
ところが

「このバスケットどうしよう?もう、あず(動物病院)さんとこに連れていくこともないしぃ・・・」




「このブラシ、コロの毛がいっぱいついてるわ、ブラシかけてやったらじぃ~っとして気持ちよさげやったね」
「シャンプーがボトルに残ったマンマやわ、夏なんかシャンプー大変やったね、こっちが汗ボトボトになるし、冬は夜にシャンプーして毛布でくるんで寝かせたよね」
「爪とぎ器があるのにリビングのカーテンが、ちょうどふうが背伸びしたところが爪とぎ場所になって、ぼろぼろやんか、そのまんまもなんやし、カーテン新調しよか?」「ええんとちゃう?洗濯しとけば?」



長男がパタリンコ・スルーの小窓をキレイに拭いていた。

パタリンコ・スルー記念日その1
パタリンコ・スルー記念日その2


「魚大好きのふうにとって焼き魚を食器戸棚にしまいこんでも、器用に開けてイタズラしてた、チンの中やグリルにしまいこんだりしたこともあったよね、今はテーブルにほおっておいても、何も被害なし、ソレがかえって寂しいね」

ビーグル犬や茶トラネコがCMで活躍してると「コロや!ほら、ふうが出てる!!」っと家族で大騒ぎ・・・しまいに「今頃どうしてるかな?仲良くしてるかな?お父さんやおじいちゃんに会ってなんて言うてるやろか?」「そやけど、お父さんもおじいちゃんもふうのこと知らんしなぁ」っと次男なんか言う始末。
ウォーキングしてて、ふと二匹の可愛かったしぐさ思い出したりして歩きながらウルウルきたり
こういうときって「ヤバイ」って言うんやろね・・・
ペット画見てると、つい、ウルウル・・・

コロのことも、ふうのこともそうそう、消えはしなさそう。
わんちゃん!!ソレってペットロス症候群ちゃうのん?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百丈岩

2016-12-28 | 健康ウォーキング

「湯船 大智寺開祖 大観禅師の足跡をたずねて」
和束 茶源郷ガイドの会 平成28年年忘れウォ-ク

百丈岩
行けそうで、なかなか行けない百丈岩

わんちゃんへ
12月10日(土)の和束・湯船百丈岩ウォークについてお知らせします。
今日、下見をしましたので現場の状況と当日の予定をお知らせします。
行程は片道2Km程ですが、松茸の時期が終わってあまり人が立ち入っていないようです。途中、幅1.5m~2m弱の沢を3カ所ほど渡ります(滑りやすいので要注意)
沢づたいの道は多少の高低差、細い個所や枯れ葉で滑りやすい個所もあります。
今日できる限りの応急措置はしましたが、特に要注意の個所は手すりがわりのロープを張る予定です。片道2Kmと短い行程ですが、山登りのいで立ちとストックを携行されることをお勧めします。
週間天気予報では雨の心配はなさそうです、当日は安全第一で楽しみましょう。っとグラウンドゴルフ繋がりのIさんから・・・
行ってきました。(グラウンドゴルフ繋がりの方が何名か参加されてて、おしゃべりもはずみました)


「わんちゃん ほら、見てみハート形!!」「ホンマやわぁ~」

「滑りやすいから、気ぃつけて渡りましょう」「ハ~~イ」


「この橋は滑りやすいので渡らないように!!」


滝の前に鳥居が


 

そばに小さな仏様が・・・
Iさんへ
滝のところに鳥居がありました、そばに石像。滝がご神体っと言うことでしょうか?
石像は守り神?何かご存じやったら教えてもらっていいですか?
多分、その時、説明があったと思うのですが・・・

Iさんより
和束には各地区に滝があって夏場(7月)に滝祭りが行われています。
不動明王(お不動さん)が祀られている滝は全国各地にあります。
滝のような修験の場の守り神として邪悪なるモノを退け、行を修める者の不動心を育み増長させる為に行場や滝に不動明王は祀られたのでしょう。悟りを開くために行を修めたお釈迦様に悪魔が誘惑を仕掛けた時にお釈迦様の心の中には不動心たる不動明王がいたという話もあります。ちなみに、古代では不動明王(や毘沙門天)は 漁師の守り神の恵比寿さんの本地仏とされていたり、波切不動の逸話もあり、水と不動明王は意外と共通点のある逸話があります。

Iさんありがとーです

そそり立つ大岩




百丈岩(花崗岩)

横幅:36m  高さ:32m  岩の上の広さ:八畳13㎡  
文殊菩薩
 

百丈岩と文殊菩薩
百丈岩は、和束町東部の鎌倉谷と呼ばれる渓谷に位置する。基盤地質は白亜紀後期の領家花崗岩類で、百丈岩も同種の岩石で構成されている。百丈岩は岩の上の広さがちょうど8畳ほどなので別名「八帖岩」とも呼ばれ、百丈岩大智寺の開祖である大観禅師(大有理有 1350~1391)が岩の上で100日間の座禅修業をしたという言い伝えがある。
県道5号線(木津信楽線)となっていますが、並行して流れる和束川と道路の間にカヤの巨木が目に入ります。幹回り3m近いカヤの木は大観禅師が山水の佳境が百丈岩にあることを知り、カヤの実を1斗持ち百日間の座禅をされ、文殊菩薩が現れたのを見て座禅をとき下山される時余ったカヤの実を道に蒔きながら里村に帰ったという、このあたりは榧樹原と呼びます。
そのカヤの巨樹とは・・・樹齢700年以上、碁盤や将棋盤の最高級品は、榧の木材で作られるとのこと。
(ザンネン写真無し)

腰にザイルは初体験


さて、土曜日に百丈岩登ってから筋肉痛に悩まされました、ふくらはぎは2~3日でマシにはなったのですが、太ももの表側の痛みが翌週の木曜日までとれなかったんです。それに、腰にザイルしたのも生まれて初めての体験でした。
★山歩きの難しさ解りましたか?特にこの季節落ち葉の急斜面の下降が続くとわんちゃんのいう通り足の至る所に変な力が入り苦労したものです。特に、和歌山県から奈良県に多い「ウバメガシ」の落ち葉は、難敵でした。葉っぱが固く表面がツルツルして足元が滑り大変でした。っと、山登りに詳しい方から・・・
わんちゃん的には距離があの距離(片道2Km)で幸いでした。
ちょっとちょっと、聞きましたよ「いっぺんは行ってみたいところ、されど二度とは・・・」って言うてはったんを。
メンバーの中にMさんがおられました、Mさんとは月に一度第1金曜日に例会のあるシルバー健康ウォーキングの仲間です、と、言いましてもMさんはその会では大先輩にあたります。輪が広がっていくのは楽しいことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

OSAKA光のルネサンス2016

2016-12-25 | デジカメ紀行

地下鉄淀屋橋を地上に上がって大阪市庁舎の方へ
大阪市庁舎正面イルミネーション


OSAKA光のルネサンスのシンボルともいえる、「大阪市庁舎正面イルミネーションファサード」は、「ひろがる絆」をコンセプトに、大阪らしい「人と人とのつながり」が光の線で表現されます。縁起が良いとされる八角形の中心に大阪光の饗宴ロゴが出現し、水都大阪の水と人の温かさをイメージさせる光が訪れた人々を優しく出迎えてくれます。

市役所から少し戻って
中之島イルミネーションストリート~みおつくしプロムナード~

よくよく見てるとイルミネーションの色がかわっていくんですよ。


中央会場(光のフェスティバルパーク)の入り口、全長約150mのイルミネーションアーケード。
音楽と光がシンクロし、ケヤキ並木が色とりどりに変化する幻想的な雰囲気が楽しめます。
よくよく聴いてるとホタルノヒカリ

大阪市中央公会堂

プロジェクションマッピング

『OSAKA ART CITY都市とはアートである。』

大阪芸術大学との初の共同プロジェクト、村松亮太郎客員教授、中川志信教授の指導のもと、学生たちは無限大のアートサイエンスに挑戦。歴史的建築物を舞台にした光のイベントをゼロから創作。演出コンセプトの構想に始まり、各シーンの構成、原画づくりなどに取り組みました。そこから生まれる大阪の姿とは・・・。
OSAKA光のルネサンスと学生たちが初めて挑む、文化・芸術の象徴である都市・大阪を描く、新たなプログラムです。

フランスアベニュー(中之島通り:大阪市中央公会堂前)

真正面に中央公会堂が見える「中之島通り」

フランスの都市計画によく見られることにちなんで、
ケヤキ並木をシャンパングラスにかたどった光で・・・

水ものがたり2016~冬花火~  リバーサイドパーク

「冬花火」がテーマ。

中之島スマイルアートプロジェクトひかりの実


「ひかりの実」とは?
参加者が果実袋に「笑顔」を描き、色とりどりのLEDの光を入れて膨らませて作る光の作品のことをいいます。

光の水都ルネサンスボート~煌く中之島を巡るウインタークルーズ~






水と光のまち大阪を水上から楽しむことができるクルーズ。
小型のオープン船に乗って、水都大阪へ・・・
っというのを土佐堀川の岸から撮りました。

川面に映える「橋のライトアップ」






堂島大橋、中之島ガーデンブリッジ、鉾流橋、難波橋、天神橋、天満橋っと6つの橋がライトアップされ中には00,30分に色が変わる演出も有です。
ちなみにこの橋は難波橋(なにわばし)

【おまけ】
難波橋のライオン










百寿迎えた百獣の王・難波橋のライオン
橋の両側にどっしりと座り、にらみをきかせる石のライオン。神社を守る「阿吽」の狛犬のように、1頭は口を開け、1頭は閉じている。中之島をまたぎ、堂島川と土佐堀川にかかる難波橋(なにわばし)(全長約190m)は北の西天満側と南の北浜側に一対づつ4頭のライオンが鎮座し「ライオン橋」とも呼ばれる。欄干にライオンが現れたのは今からちょうど100年前の1915年(大正4年)。
伝承によると、難波橋は奈良時代の745年、各地に橋やため池をつくった高僧の行基がかけた。江戸時代には幕府が管理する「公儀橋」に。上流と下流に16もの橋が見渡せると眺望の名所にもなった。
(朝日新聞2015年10月7日水曜日夕刊より一部抜粋)

『野生の姿そのもの』天王寺動物園のライオン飼育員 町出猛さん(46)
日ごろ、本物のライオン4頭を世話してます。難波橋の石像はすごくリアルやな、と感心します。筋肉の付き方とか、耳が丸いところとか。
ライオンは何代も飼育されると体形がスマートになりますが、これは野生の姿。たてがみも立派で、なかなかこんな格好いい個体はおらへん動物園も今年開園100年を迎えましたが、その間、大阪の町をずっと守ってくれたんやなと思います。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笠置から柳生の里を歩く:ふるさと案内・かも 201612.03

2016-12-22 | 健康ウォーキング
JR笠置駅集合
参加者が100人超え、3班に分かれて・・・
1班:脚に自信のある方・・・
2班:まあまあ1班に遅れない程度に歩ける方・・・
3班:ゆっくり歩きたい、途中でリタイアするかもしれない(大丈夫だと思いますが)
わんちゃんたち(UさんもMさんも)は2班に。

笠置大橋の手前、河川敷遊歩道を歩きます

この場所は木津川市植物同好会の植物観察会でおなじみの場所ですがジックリ植物の観察はもちろん無し。

阿弥陀磨崖仏(まがいぼとけ)


笠置大橋のすぐ東方向の木津川左岸にある巨岩に、舟形光背(高さ110cm)の中に蓮華座に立ち来迎印を結ぶ阿弥陀如来(像高94cm)が木津川に向いてきざまれています。像の左右に『享禄5年(1532)道心二月二十八道光』と銘があります。元弘の役から二百年後に笠置寺への道しるべとして建てられました。

そばに小さな仏様が



この人たちは??

「写真の人達は、あのあたりに沢山ある大きな花崗岩によじ登る(?)ボルダリングをする人だと思います。
背中にしょっているマットは、岩に登る時、その下に敷き若し落下した時のけが防止に使用するものだと思います。
”笠置ボルダー“といって近畿地方でも有名な場所らしいです。」
っと、いつもこのblogを読んでくださってる愛読者さんから教えていただきました。

JR関西線の線路に沿って歩きます。


布目川の甌穴群


甌穴は川底のくぼみに渦巻流が生じ、中へ落ち込んだ小石が回転しながら川床を深く削ってできる珍しい穴です。特に布目川の堅い花崗岩でできた甌穴は、できるまでに数十万年から大きなものでは数百万年かかるものと推定されています。地元ではこの甌穴を「九つ壺」と呼んで親しまれています。
甌穴を見学後、元の道を歩き、橋を渡り布目川右岸を歩きます。

木漏れ日の中、森林浴を楽しみながら・・・


柳生の里へ出ました。





「あれ!ここは酒蔵だったんちゃうかな、確か『春の坂道』『柳生錦』とか錦生醸造だったと思うけど・・・」
今は柳生焼窯元の看板が・・・

柳生正木坂剣禅道場の庭でお弁当タイム

Uさんのお嬢さんたちが剣道をされてた時、ここで合宿されたとか・・・

芳徳寺の北50m、裏山の松林の中に柳生家一族の墓所があります。

柳生十兵衛をはじめ80数基の墓石が整然と並んでます、
ちょっと変わったのは酒樽の台、徳利の塔、さかずきの笠というのは

八代藩主の二男で俊睦っと。

芳徳寺
正式には神護山芳徳禅寺といい、柳生家の菩提寺。


笠置への道すがら

足元には紅葉のじゅうたん、見上げると青空に木々の紅葉が素晴らしかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いちごサロン:X'masケーキのようなフラワーアレンジメント 2016.12.19

2016-12-20 | デジカメ日記



2回クリックで拡大します

花材:黄金ヒバ、ガーベラ、デンファーレ、ヒペリカム、小菊、松ぼっくり、姫りんご

他にクリスマス・オーナメント(クリスマスの飾り)
作り方の手順


①黄金ヒバは5~6cmに切り、斜めに倒しぎみに、花器のふちぎわに沿ってグル~ッと1周挿していく。
②真ん中にデコレーションケーキをイメージしながら、ガーベラ、菊、デンファーレレ等挿す。
③ヒペリカム、松ぼっくりは環状の黄金ヒバに沿うようにするか上に挿します。
④その他の飾りや姫りんご(爪楊枝を使う)・リボンなどは全体の様子を見ながら適材適所に挿して可愛く仕上げましょう。
⑤ベルは太い針金につけて挿します。色針金はらせん状に適宜伸ばして使います。
⑥作品が仕上がった後、厚紙を花器の周囲に巻くとクリスマスケーキのような雰囲気に・・・

これで完成。


皆さん誰もが手際よくパパッと出来上がり、予定の時間より早い目に完成、お菓子とお茶(コーヒー、紅茶)で、茶話会となりました。いろんなお話が聞けて楽しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶴見緑地公園 2016.11.19

2016-12-17 | デジカメ日記

咲くやこの花館 を出て園内をぶらり散策

池に映り込んでるヤシの木、背景の紅葉の杜も印象的・・・


ラクウショウの黄葉も見事


サンシュユの赤い実


コスモス畑にホシホウジャク


滝をこんな風にいっぺん撮ってみたかった、

撮れたように思う


大きな池にいっぱい水鳥の憩う姿が・・・

手前からオオバン、ホシハジロ、キンクロハジロ


マルガモ:マガモとカルガモの雑種


  カルガモ



真ん中オナガガモ、手前ホシハジロの幼鳥


左オナガガモ、右ヒドリガモその他大勢


羽ばたいてるのはヒドリガモ


オナガガモ番




オナガガモ番、カラス


オナガガモ
鶴見緑地公園での秋、都会の中のオアシスで・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花博記念公園鶴見緑地:咲くやこの花館 2016.11.19

2016-12-15 | 折々の花~植物園~
大阪花博記念公園鶴見緑地にある 「 咲くやこの花館」 に行って来ました。
ここは1990年4月から開催されたEXPO90「国際花と緑の博覧会」があったところです。
見ごろの植物にマークがついていたり、植物の鑑賞ポイントが解説されていたり、 とても工夫が凝らされた植物園だと思いました。
この日は「関西文化の日」ということで入館料が無料(ちょっと得した気分)
いろいろ見て回った中で特に・・・っというのが

コノフィツム Conophytum コノフィツム属
南ア、ナミビアに分布する多肉質の植物です。







つぶつぶグミみたい。
いろんな形のコノフィツム見ててカワイイ!っと飽かず眺めていました。
ゴレンシ<五斂子>カタバミ科(英名/スターフルーツ)


スターフルーツは原産地不明の常緑樹で高さ5~12mになります。スリランカ、モルッカあたりが起源と考えられています。果実の横断面が星形に見えるのでスターフルーツの英名があります。中国では五斂子[ウーリエンズー]よりも揚桃[ヤンタオ]の名が使われます。果実は酸味 の強いもの、甘いものがあります。普通サラダには緑の熟さないもの、生食,ジュースなどにはほぼ黄色くなった果実が使われます。また各種ビタミンが含ま れ、繊維質も多い果物ですが、カタバミの葉と同様に微量のシュウ酸塩を含み、健康な人では腎臓で濾過して排出されますが、腎臓機能不全の場合は結石症にな る可能性があります
お花はどんなんかな?

トックリキワタ(徳利木綿)パンヤ科 トックリキワタ属 
別名:トックリノキ、ヨッパライノキ




沖縄県の石垣島では街路樹として植えられているという幹の下の方がトックリのように膨らんでる写真を見たことがあります。
ちょうど、実が割れて、綿に包まれたたくさんの種子がぶら下がっていました。

ハメリア・パテンス (アカネ科)ハメリア属 常緑低木



原産地:北アメリカの南部、西インド諸島、中南アメリカ。
英名:ハミングバードブッシュ(hummingbird bush)。
開花時期:周年

枝先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、オレンジ色をした筒状の花をつける。花はあまり開かない。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
メキシコでは飲料として栽培される。

パパイア パパイア科 


チチウリノキ(乳瓜木)、モッカ(木瓜)、マンジュマイ(万寿瓜)、パウパウ、ポーポー、ママオ、ツリーメロンなどと呼ばれることもある
パパイアの果実は生で食べるほか、アイスクリーム、ジャム、ジュースなどに用います。また種子は虫下しの薬になり若い葉は食用になります。

ブシュカン(仏手柑)ミカン科


果実が仏像の手に似ることから「仏手柑」と呼ばれます。酸味が強いので、生食には適しません。鑑賞用に栽培されてます。中国やインドでは仏前に供えられる。
どんな?お花が咲くのかな?

ネリネ ヒガンバナ科 別名:ダイヤモンドリリー




お花のそばに「ペンライトで光をあててみてください」っと。その通りにやってみると、キラキラっと光って見えるんです、早速フラッシュをたいて撮ってみました。
「ナルホド、ダイヤモンドリリーだわ~~」

高山植物室にも行ってみました。
















温室から出て公園内をぶらぶら散策 ⇒続く

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

KOBE 2016 ルミナリエ

2016-12-12 | デジカメ日記

2016神戸ルミナリエ最終日12/11(日)に行ってきました
2016年作品のテーマ「光の抒情詩」


①フロントーネ・ガレリアコベルタ:日本銀行神戸支店北側
「お城の扉」


②ガレリア:仲町通り
「迎賓の間」






③ソロピース:三井住友銀行前
「平和の飛翔」


④ソロピース:東遊園地・小道
「光の小径」



神戸港開港150周年

⑤スパッリェーラ:東遊園地・広場
「栄光の宝石」




⑥スパッリェーラ:東遊園地南側・噴水広場
「光と音の大パノラマ」


フルートLive

神戸女学院大学:Ensemble Fleur

⑦花時計


平成29年(2017年)の干支・酉のデザイン。神戸北野異人館・風見鶏がモチーフ。
神戸市西区で育ったハボタンです。
神戸市役所北側にある花時計は日本ではじめて作られた花時計です。
直径6m、高さが2.25m、傾斜角度15度で、地下に機械室があり、盛土の上に設置しています。
現在使われている時計の針はグラスファイバー製、時針の長さが260cm分針と秒針の長さは310cmです。

⑧神戸市役所24F展望室から








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

精華大通り・光台遊歩道の紅葉と周辺施設訪問  2016.11.28

2016-12-08 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
いきいき健康ウォ-ク :せいか健康づくりプロジェクト

集合・出発:精華町役場1階北玄関
行先:精華町役場➡南稲八妻地区➡けいはんな記念公園➡精華大通り(メタセコイア黄葉)➡光台遊歩道(紅葉)➡鳥谷公園(昼食)➡京都栄養科学研究所(見学)➡けいはんなプラザ・日時計前(解散)約9km 約14000歩

南稲地区で見晴らしの良い絶景ポイント、遠くに精華町役場が見えてました。

大きな銀杏の木が見事に黄葉です。


かしのき苑への道筋で町立精華台小学校方面へ左折、京奈和自動車道を見下ろす、みずき橋を渡り、けいなわ西通りを歩きます、「健康遊具」なるモノ発見、コレって今まで気がつかなかった、精華台3丁目のYさんちに行くときいつも通ってるんですが車でシューっと通り過ぎて行くもんで・・・

けいなわ西通り


 



けいなわ東通り


 



けいはんな記念公園の入り口で、またまた発見




クリックで拡大します

四分六分石


永谷池が菅井と植田の農業用水として使われていた時、用水量の配分は菅井へ四分、植田へ六分となっていた。水路が二つの地区へ分岐する場所(東へ約800m)のこの石(凹の部分の大きさが4:6になっている)を設置して水量を調節した。

公園の芝生広場は広い、 桜の頃 は実に美しい。

芝生広場もよくよく見ると段々になってますね

棚田をイメージしてるんですね

また山城地方の特徴ある茶畑の風景

(植栽されてるのはサツキとかツツジで茶のイメージを)

けいはんなプラザの日時計に寄り道


メタセコイア並木の精華大通りに出ました、
「この並木は3列がウリなんですよ」っと教えていただいたことがありました。 こちら


けいはんなプラザ南西角の信号を南に歩きます。
住宅街に1本の大きなメタセコイア「うわ~スゴイ」


光台5丁目の公園です:春の丘公園

見上げると階段、

数えながら登ると116段ありました。
何やらモニュメントが??

「わんちゃん、こっちこっち」

柵づたいに移動すると、とても見晴らしがよろしゅうございました。
鳥谷公園でお弁当タイム

ここって、公園北側の小学校でほぼ日曜日ごとのグラウンドゴルフの練習のとき隣に見える公園です。
鳥谷公園を出発して東に向かって歩きました、

見事な紅葉のモミジバフウ、実も拾いました、


面白いもの見ました。

撮影:Dさん
どんなモノ? 片方の穴に近づいてお話すればもう片方に大きく響いて聞こえるとか?

撮影:Dさん
アラアラ!まぁ、あの大きなメタセコイアのところに出てきましたよ。

鳥谷公園から光台7丁目の集会所の裏手の道を東へ続く公園は「ささやきの杜公園」


道路を北上して 「京都栄養科学研究所」へ見学に。
ウチから歩いて5分ほどの舟区に「京都栄養食品」っと、健康食品の会社で「クロレラ」が印象に残ってます。近所の友達が何人もパートのお仕事されてました。その会社がここに移転されたんですね。
今は青汁も製造されてるようで、この青汁は 地元産ケールが素材とか、お話しされてました。クロレラもお薬ではないんですね、健康食品っと強調されてました、健康に関するいろんなお話伺い「フ~ン、ナルホド」のひととき・・・。
クロレラと青汁のサンプルいただきました。
けいはんなプラザの日時計のところで解散。
Uさんと「ねぇ、ちょっとお茶しない?」ちょこっと、カフェでお茶して集合場所だった役場まで二人で歩きました。歩数計は20342歩カウントしてました。
いつもは車でさぁ~っと通り抜けるところ、楽しくおしゃべりしながらとか、写真撮ったりしながら歩いて、知らなかったことがいっぱい、新しい発見に遭遇、楽しいウォーキングでした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[五里霧]

2016-12-05 | デジカメ日記








朝起きてイチバンにウォーキングに出かける日は体調が絶好調(大概の日がそうですが・・・)
木津川の堤防歩いてて「うわぁ~キレイまるで水墨画の世界やなぁ」っと一人つぶやきながら・・・
行き交うお馴染みの方とも「キレイですねぇ」「私な、この道って毎日歩いてても、毎日景色が違うんよ、こんなとこって、やっぱり自然からの贈り物や思うてるんよ」「キレイでんなぁ」っと、ご挨拶が続きます。
「相変わらず、まだグラウンドゴルフやってはんのんか?」「ハイ、やってます」っと河川敷のグランドが見えるとこで。

玉水橋まで歩いて引き返すのですが大急ぎで「カメラや、カメラ取りに帰ろう」っと。
ウロウロ撮ってたら歩数計のカウントが10000歩以上になってました。

「五里霧」とは、五里四方に立ち込める深い霧という意味。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日の植物観察会 PART2

2016-12-02 | やましろ里山の会
11/14(月)太陽が丘観察会はやましろ里山の会・・・
2016.11.14  宇治市太陽が丘公園

太陽が丘公園は息子たちが子供のころプールに行ったことがあったんです。
最近ではグラウンドゴルフの大会で行ったことあります。
広大な自然林の様子は今更ながらビックリしました。
会員の中に「森林インストラクター」がおられて、主に樹木の観察でした。

観察会が始まって、まず、目に飛び込んできたのは、モミジバフウの紅葉


根っこのそばに黒っぽい虫


質問
クロナガオサムシかクロカタビロオサムシに似てるように思います、クロナガオサムシでしょうか?
答え(そよかぜさん)
オサムシは日本には約1000種が分布していて、似た種が多く、見分けはとても難しいものです。
クロナガオサムシでもクロカタビロオサムシでも無いようですし、「オサムシの仲間」としておくしかないと思います。

ナラ枯れが少し多いように見えました

アシナガキクイムシのせいやそうです。

いつもは足元のお花たちを見ての観察ですが、樹木の観察は目線は木の真ん中から上方向が多くちょっと首がだるくなってしまいました。

アラカシの葉を先の方からビリビリビリ・・・
 
名付けて「恐竜の背中」
アラカシの実


センリョウ                    カナメモチ
 

ソヨゴ


ナンキンハゼ                   ハリエンジュ
  

イロハモミジ






樹木の名前はイマイチ分からないわんちゃん故、
森林インストラクターのYさんに写真送って教えていただきました。

クロバイ(ハンノキ科)

花は白色」、実は黒紫、似たものにシロバイがある。

シャシャンボ(ツツジ科)の実 ナツハゼ(ツツジ科)の実


コシアブラ(ウコギ科)

葉は5枚、同じウコギ科の「タカノツメ」は3枚葉、
5月の若葉は山菜で有名、天ぷらにするとおいしい。

ハナズオウ(マメ科)の実 

花(6~7月)は赤系統、白系統もある。

子供たちが楽しく遊べる芝生の広場にはいろんな遊具が揃っていました。
 

雨の中での観察も静かでいいモンでした。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加