【わんちゃんの独り言】

毎日の生活の中で見たこと、聞いたこと、感じたこと、思いついたこと等々書き留めています
(コメント大歓迎デス・・・・・)

水彩画展鑑賞⇒大乗院庭園⇒春鹿利き酒 2017.6.16

2017-07-05 | デジカメ日記
第22回 三の丸 水彩画クラブ展 講師:稲葉元英
高覧賜りますよう ご案内申し上げます
やまと郡山城ホール(文化会館展示室)
IKEDAのカラオケ繋がりでWさんから案内状いただきました。
会員さん15名の力作が揃ってました。
Wさんは「瀬戸 鞆の浦」50号の大作です、小品も何点か出展されてました。
わんちゃん的には水彩画の鑑賞は好きです。
ユックリじっくりと観させていただきました。
帰りしな、郡山⇒西大寺⇒奈良と出て、奈良ホテルそばの大乗院の方へいってみました。
ここは、真夏もいいかな?池の三ツ島のサルスベリが満開になるという。
ここの文化館の2階展示室で『二十四節気書画展』開催中という、「わんちゃん好み、行ってみたら?」という案内パンフレットいただいてたこともあったんだけど、二階への階段の登り口にはロープが張ってありました、フツーのわんちゃんなら「なんで?」と問うところ、どなたも見えずアカンのかなぁっと思うだけで、回遊式の庭をじっくりゆっくり散策・・・











すぐ近くの春鹿に寄ってみました、




免許取って間もないころ、なんでそこら辺りを通ったのか忘れたけれど、
そのあたりで車をちょこっとこすって(電柱か何かに)結構ウチのみんなに未だに言われてしまいます「そこって、お母さん車こすったとこやなぁ」って。
その日は歩きなんでダイジョウブ、ちょっと覗いてみました。

利き酒コーナー 


今西清兵衛さんご自慢のお酒が試飲出来て小さなお猪口(グラス)が貰えて500円
女性の職員さんと差し向かいで勧められるままに、小さなお猪口(グラス)に5種類のお酒を試飲させていただきました。
1.純米超辛口 中取り
お酒を搾る際に、真ん中のやわらかい部分のみを別取りした、いわゆる“中取り”です。辛口でありながらまろやかな米の旨味を感じ、『春鹿の超辛口』を感じるお酒に仕上がりました。限定品。
2.純米吟醸超辛口生原酒
春鹿で一番人気の「純米超辛口」その超辛口の進化を求めて、吟醸酵母での超辛口酒に挑戦しました。
上品な吟醸香、柔らかな口当たり、キリッとした後味のお酒です。
3.純米吟醸生酒
フレッシュで爽やかな喉ごしの中に、やわらかな吟醸香があり、お米の優しい甘味と旨味が自慢の純米吟醸生酒です。
4.本醸造極味(ごくみ)
スローフードジャパン2013『お値打ち燗酒ぬる燗部門』にて金賞受賞!!
旨口の本醸造酒。さらりと飲み飽きせず、ほどよいコクと辛さが心をほぐしてくれます。
5.大吟醸しろみき:純米大吟醸 活性にごり生酒
発酵中のもろみを荒ごしし、瓶詰しました。香り高く発泡性のある限定品です。

ウチに帰って小さなお猪口(グラス)に水を入れて計ったら、50cc なんと250cc も・・・
道理でほろ酔い気分も通り越してたワケやわ・・・
こういうのんて一人で、っというのはアキマセンね、休憩しないで一生懸命呑んでるわんちゃん。
大勢でワイワイ言いながら利き酒っというのがヨロシイわ。

先日IKEDA「昭和の歌を歌う会」に行ったとき先生が「ここにWさんの短歌載ってるわよ」っと見せてくれはったのが
【苗物を みな植ゑをへて けふは雨 山川豊を ゆっくりと聞く】
水彩画展で50号の大作を出展しはったWさんの短歌です、奈良新聞に週1~2回載ってるそうです。
「私、応援してるんですよ、新聞に載ったらうれしくってね」っと、先生言うてはります。
奈良県ではシルバー・カラオケ大会が盛んでWさんも出場予定されてて一生懸命おけいこされてます。
テープ審査に始まり予選一次、二次、決勝へと去年はいいとこまで行かはりました、今年はもっと上へ・・・を目指してはります。
ガンバレ!!W さん みんなで応援中です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一筆書き | トップ | 手作り餃子 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山川 豊『アメリカ橋』 (CHIKAちゃん)
2017-07-10 11:11:29
風が足もとを通りすぎてゆく
久しぶりだねと照れてわらいあって
アメリカ橋のたもと
ふと通うぬくもり
やるせない恋 埋めた街 角部屋の灯
石だたみ 石だたみ 想い出続く
いつか いつか 熱かった青春

君は変わらない 月日は過ぎても
髪を切ったので 少し若くなった
アメリカ橋のたもと 黄昏が間近い
煙草やめたの いつからと それとなくきいて
眼をそらす 眼をそらす ガラスのむこう
遠い遠い かえらない青春

アメリカ橋のたもと それじゃと手をあげる
そっとコートの衿たてた さり気なさおいて
人の群れ 人の群れ 誰もが他人
はるか はるか あの頃が青春

ある年の暮れに鳥羽旅行をしました。駅に降り立ったときに垂れ幕があり「祝 紅白歌合戦 兄弟出場」と書いてありました。作詞:山口洋子 作曲:平尾昌晃。1988年は平尾昌晃とデュエットで出場です。このアメリカ橋は山手線の恵比寿駅と目黒駅の間に実在する恵比寿南橋(通称:アメリカ橋)のことで、この橋の情景と、かつて恋人同士の再会とその切ない別れを歌い上げています。
Wさんのお創りになった短歌を添えて「山川豊メモ」完成です。
CHIKAちゃん こんにちわ~~ (わんちゃん)
2017-07-10 11:36:30
(^^♪アメリカ橋
とってもおしゃれな曲と、ずっと思ってました。
山口洋子さん&平尾昌晃さんコンビとはナルホドです。
鳥羽駅に降り立つと、
鳥羽一郎さんの(^^♪兄弟船 聴けるそうですね。
早速、Wさんにお伝えしておきますね。

コメントを投稿

デジカメ日記」カテゴリの最新記事