【わんちゃんの独り言】

毎日の生活の中で見たこと、聞いたこと、感じたこと、思いついたこと等々書き留めています
(コメント大歓迎デス・・・・・)

宇治市植物公園:紅葉狩りウォーク  2017年11月16日

2017-11-25 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
いきいき健康ウォーキング

スタートは近鉄大久保駅から。
住宅街の緩やかな緩やかな上り坂を植物園向かって歩きます・・・

宇治市植物園の入り口はフラワーブリッジになってます。



入園券は団体割引が適用されました。

この時季、温室の中を散策、ありがたいですね。


ビヨウタコノキ            パポニア・インテルメディア
 

ヘトロケントロン・エレガンス


バナナ                      カカオノキ
 

ドンベヤ・ブルゲシアニ
 

ディフルゴッサ・コロラータ      シャーリーベイビー
 

スイレン・ペンシルバニア         シルホペタルム
 

温室を出て、園内で可愛い柿に出会いました
 
ツクバネガキ(衝羽根柿)[別名:ロウヤガキ] カキノキ科カキノキ属
中国原産で、果実の鑑賞様に植栽される落葉小低木。

タペストリーが見えるベンチでお弁当タイム、

その時わんちゃんたち気が付かなかったのですが、スタッフの方がタペストリーの頂上からパチリ。

午後は園内を散策

紅葉が見ごろ、キレイでした。







植物園を出てからは寺田駅に向かったのですが、 水度神社(みとじんじゃ)に寄って、お参りしました。

寺田駅で解散。

この時季、お花の鑑賞は温室が最適っとばかりに、けど、撮影会じゃないです、ウォーキングです。
なので、ユックリお花たち撮ってませんわ。
以前に訪れたときの温室 こちら



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

正暦寺への道 2017-11-15(水)

2017-11-18 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫

「お母さん“もみじ情報”で、正暦寺見ごろってなってるで」っと、夕刊を見ながら長男が言う。
今の時季、朝日新聞の夕刊に火・木・土には関西の「紅葉だより」が載っている《色づく》《見ごろ》《落葉近し》っと。
正暦寺は見ごろ「あ、そう 行きたいなぁ、けど、今週のカレンダーは予定で真っ黒、来週やったら隙間があるけど、もう遅いかなぁ」
うん!!歯の健診の予約を変更してもらうことにしよう・・・

興福寺の境内からスタート、しばらく歩いて鹿さんたちとご挨拶

民家の軒下に(スズメバチの大きな巣)


え~~っと、興福寺境内⇒春日大社一の鳥居⇒浅茅ヶ原(鷺池に沿って)⇒志賀直哉旧居⇒飛鳥中学校⇒百毫寺東の道を歩いて高円山(大文字山)登山口の立札を見て、しばらく行くと右手に県道8号線に出る舗装道路が有るがその手前左に東海自然歩道の標識の有る山道に入る⇒坂を下ると工場横に出、高円山ドライブウエイに出る県道8号を横断、すぐ正面の農作業用の狭い道を行く。ちょっと細い道を歩く(東海自然歩道)この辺りは奈良盆地を一望できる田園風景が楽しめる。民家の間の道⇒鹿野園町(ろくやおんちょう)⇒八坂神社⇒鉢伏町(平坦単調な上り道つづく)⇒杉と桧の植林(ほんとうに静寂そのもの忘れられたような山道)⇒スゴイ大きな石がゴロゴロ(雨の後や増水時足元注意)





足をのせた石がゴロンとならないよう、注意深く踏みしめて確かめながら(浮石に注意しながら・・・)⇒名荷と正暦寺の分岐(このコースの最高点⇒標高約370m、ちなみに興福寺辺りで標高90m位)から正暦寺までは約1,600mだから時間にして30分強の沢下りだった。
先程の最高地点の話に戻ると370m-90m=280mの小さな山に登った感じ・・・うん、よく頑張った・・・と、思う。

視界に紅葉の明るい色が飛び込んできた、

正暦寺に到着。

本堂鐘楼



本堂下にある僧侶の供養塔・墓石群



経(たて)もなく、緯(ぬき)も定めず、娘子(をとめ)らが、織(お)る黄葉(もみちば)に、霜な降りそね
万葉集1512 :大津の皇子
意味:山の紅葉を、乙女たちが織る布に見立てて詠んだのですね。機織りのときには、縦糸と横糸をきちんと決めて織るのですが、山の紅葉は自由気ままに織った布のようなのですね

福寿院客殿


わんちゃんは熱心に何を撮ってるの?

実は






カメムシ発見:クサギカメムシ

福寿院客殿で


仏具に・・・

境内の空き地でお弁当タイム、タラヨウの木発見


タラヨウの葉の裏に尖ったもので字を書くと文字が黒く浮かんできます。この文字は葉が枯れても、何年もそのまま残ります。

帰りは円照寺からバスで県庁前まで、との計画なんで正暦寺からはバス道を円照寺まで歩きました。
近鉄奈良行きの臨時バスが運行されてたけど敢えてウォーキングを選びました。
バス停円照寺に着くと30分ほどの待ち時間が、次のバス停(八島町)まで歩くことに決定。
八島町バス停で10分ほど待ってバスに乗り・・・県庁前で降車。


興福寺に寄って「西国33所観音霊場巡り」の御朱印をいただきました。

「重ね判でよろしいですか?」「はい、重ね判でお願いします」
この日の行程は約14km 歩数にして22,524歩 わんちゃんにしてはよく頑張ったと思う。
近鉄「てくてくまっぷ」を参考にしながら歩きました。



コースあらまし:てくてくまっぷ参照
全行程が約14キロと比較的長いため奈良公園内は素通り。
新薬師寺から百毫寺まではのどかな田園風景ですが八坂神社から正暦寺までは竹林・茶畑・深い杉木立と野趣たっぷりのコース。
靴は歩きやすいものが絶対必要。昼食好適地が少ないので、できれば早めに出て正暦寺でゆっくりと味わうのが得策です。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都東山古寺巡り(東福寺・泉涌寺・今熊野観音寺)

2017-10-21 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
いきいき健康ウォーキング

近鉄十条から歩きました。
東福寺
ここの 三門がスゴイ!!


東福寺


摂政九條道家が,奈良における最大の寺院である東大寺に比べ,また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの念願で,「東」と「福」の字を取り,京都最大の大伽藍を造営したのが慧日(えにち)山東福寺です。嘉禎(かてい)2年 (1236年)より建長7年(1255年)まで実に19年を費やして完成しました。
ちょっと昔に紅葉シーズン真っ盛りの日に参拝したことありました。
通天橋を渡ったり苔の上に散った見事な紅葉にウロウロ写真を撮ったりの記憶があります。
が、ピクチャーのフォルダのどこを探しても見当たりません、ザンネン!!。
それから、もう一つ、もう何年前になるかな?久米宏さんがメーンキャスターをされてた頃のニュースステーションで紅葉が旬のころ東福寺の通天橋の真ん中あたりの展望台になったようなところで羽田健太郎さんがピアノ演奏されたことが記憶に残ってます。
そんなこと思い出しながら、はるか向こうの通天橋をパチリ。



【トピックス】
東福寺塔頭の一つ 「天得院」

凛と咲く桔梗の花がダイスキなわんちゃんには見逃せません。(来年の夏、忘れてなかったら・・・)

東福寺を出て閑静な住宅街を、絶え間ないおしゃべりをしながら泉涌寺へ。
途中、 悲田院(ひでんいん)の朱な山門が印象的でした。



悲田院へ着く手前、日吉ヶ丘高校の横の狭い道を歩いて階段を登った。⇒一緒に歩いたUさんの記憶から
階段を上ったところで右が泉涌寺方面へ、ところが先頭集団左への道

スゴイスゴイ・ビューポイント遠くに見えるは京都タワー・・・(クリックで拡大します)



泉涌寺


楊貴妃観音像
「観音様の口の周りにはおひげのようなものが描かれていますが、これは実はありがたいお話をされているときの口の動きの表現なのだそうです。決しておひげではありませんので、間違えないようにしましょう。」っと、注意書きがありました。⇒ナルホドです。

黎明殿


今熊野観音寺へは
泉涌寺から今熊野へはロープを張った暗い道や滑りそうな階段を下りたと思う。⇒Uさんの記憶から

向うの赤い橋は鳥居橋
今熊野観音寺は西国三十三所第十五番札所

本堂

子まもり大師
「子どもの心身健康・学業成就・諸芸上達・交通安全にご利益がある」と、言われています。


御朱印をいただきました、なんと、14年前の夏の暑い時節にお参りしてます、重ね判をいただきました。
御朱印をいただく列に並んだわんちゃんですが、結構な人たち並んではります、健康ウォーキングに参加の他の方たちずっと、待ってて下さって、ちょっと申し訳ない気がしました、ここで解散なのでそれからでも良かったんやわ・・・っと後で気がつくわんちゃん。
今熊野観音寺で解散でした。
ちょうど時計はお昼過ぎ、お腹の虫が要求してます。
「この辺りで鯖鮨の美味しいとこがあるみたいよ」っとのUさんの情報で東福寺の駅方向に歩き本町通りで3軒隣り合わせで「鯖鮨」の幟を発見
「う~~ん、どのお店にしようかな?」「ここは?おうどんとセットになってるわ」
丹波屋に決定
おうどんは「通天もみじうどん」鯖寿司、美味しくいただきました。










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幻の大仏鉄道遺構めぐりPART2

2017-09-25 | 健康ウォーキング
≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫

幻の大仏鉄道、ほぼほぼ同じルートをウォーキングの会で2回参加しました。
こちら

9月15日のいきいき健康ウォーキングの日は、ちょっと寄り道がありました。
「鹿背山不動尊」へ。
鹿背山橋台を過ぎ梶ヶ谷隧道の手前だったかな?山道に入ったんとちゃうかなぁ?なんともあやふやなことで・・・
「ちょうど大和路線の鹿背山トンネルの真上に当たるね。」っと、どばっちゃんが教えてくれはった。

ここのご住職さんが鹿背山不動のお話をしてくださいました。
中で最も印象に残ったのは、
「しょんべたれ地蔵」=鎌倉時代後期の作


このお地蔵さんに七日間お参りすると「夜尿症」が治るといわれています。お地蔵様のお腹のあたりに小さな凹みがあり、そこから下に向かって水が流れていたのでしょうか、酸化したように赤っぽくなっています。お地蔵さまが代わって「寝小便」をして下さるようです。最近のお子ちゃまたちは、寝小便とは縁がなさそう、あんまりお参りしたカンジがなさげに見える、ように思った。
(ちなみに「しょんべ」とはこの地方の方言)

「春日のおばはん」=室町時代の作


お地蔵さまのお立ちになっている方向が、奈良の興福寺・春日神社から見て鬼門筋に当たるところからこれを守るお地蔵さまと言われてきました。ここ鹿背山にはかって「鹿山寺」と言って、鎌倉時代から興福寺と関係の深かった寺がありました。お地蔵さまのお腹がぷっくりと膨れたように見えるところから「中年のおばさん」を連想したのでしょうか。「おばはん」とは関西地方の方言.

お寺の本堂の横から裏山に上ってそのお地蔵さんに会いに・・・

鹿背山の三角点がありました、標高が222mに見えるような見えないような・・・


「三角点(?)というか不動尊の裏山の最高地点の標高は「国土地理院」の地図で見ても
200mはおろか100m足らずしかないよ。222とか書いてたね、あれは標高ではなさそうだよ。」
っと、どばっちゃんの見解で一件落着。
道中ではいろんな野草に出会いました、が、ウォーキングが主ですから・・・
けど、少しだけ撮ってました。

ヘクソカズラ                   タカサブロウ
 

コガマ                     キツネノマゴ
 

アメリカミズキンバイ             クズ
 

のどかな里山の風景を楽しみながらのウォーキング楽しかったです。

以前に木津川市植物同好会での植物観察会でJR加茂駅から梅美台あたりまで大仏鉄道遺構を歩いて、いっぱいお花の観察やってました こちら 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

幻の大仏鉄道遺構めぐり

2017-09-18 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
9月1日(金):シルバー健康ウォーキングと9月15日(金):いきいき健康ウォーキングと偶然にもほぼ同じコースを歩いてきました。

JR加茂駅東前広場から出発
1動輪モニュメント

 JR加茂駅東口広場に平成19年10月、8620型蒸気機関車の動輪一対と鉄道記念碑が設置されました。

1ランプ小屋


加茂駅の西側にあるレンガ造りの建物。明治30年(1897)10月に完成した加茂駅開業当時からの建物です。オランダ積みの赤レンガ造りで切妻屋根の倉庫としては珍しく、機関車の前照灯や客室の照明用に使用されていたランプの石油類の給油、保管に使用されていました。

2.C57機関車の展示




昭和47年に大仏線の軌道跡を通り、この場所に移動されてきました。その姿から「走る貴婦人」と呼ばれています。
わたしのなまえはC57 56です
わたしは1937(昭和12)年生まれ。石炭をもやして蒸気をつくり、その力ではしる蒸気機関車です。「C57」のなかまはほかに200輌。日本のあちこちではたらきました。わたしの自慢は、スピードのはやさとスタイルのよさ。急行列車をひいて、はやく走るために、大きな車輪をつけてもらったら、スタイルもよくなりました。だから、わたしのニックネームは「貴婦人」。上品な女の人のようなかんじがするのだそうです。このあだ名も自慢のひとつです。
わたしのはたらいていたのは、すぐよこを通っている関西本線。急行列車や特別列車をひいて走ったこともあります。あたらしい電車を見ると、また走りたくなるけれど、ここでのんびりとみんなを見まもっていることにしましょう。大切にしてくれたらうれしいなぁ、と思います。
昭和47年6月15日保存 加茂町・加茂駅 (案内板より)

幻の大仏鉄道遺構めぐりの道中には案内⇒標が「どっちに行けば?」の辻には親切です。


3.観音寺橋台


大仏鉄道の急な高低差を緩和するために作られた石造りの観音寺橋台(手前の高い方)と併走して現在もJR大和路線が走っています。大仏線の工事とほぼ同時期に木津(片町方面)へと結ぶ線路が並行して進められていました。

3.観音寺小橋台

JR線路が低くなっています。すぐ横をJR大和路線が走り危険なため今は柵が設けられています。

4.鹿背山橋台


『鉄道廃線跡を歩くII』(宮脇俊三著・JTB刊)の表紙に採用されたこの橋台は、石積みの力強さ、形の素晴らしさが一目でわかります。レールを敷けば、すぐに列車が走れるようです。(案内版より)

5.梶ケ谷隧道

 ↑ 9月1日

  ↑ 9月15日

大仏線築堤を造る際、農道や水路を通すために築堤下部に設けられた隧道です。
壁は煉瓦、側壁は御影石と豪華な作りです。アーチ部分の煉瓦は長手積み坑門はイギリス積みで当時の技術の高さが良く分かります。保存状態は極めて良く、大仏鉄道の代表的遺構の一つです。

6.赤橋


御影石と煉瓦を組み合わせて造られています。長短の赤煉瓦を交互に積むイギリス式です。大仏鉄道の遺構の中でも最も代表的なもので、今も現役で上を車道が通っています。

8.松谷川隧道

交差点下の畑地へ下ると松谷川トンネルの遺構が残っています。
松谷川トンネルの上が軌道跡で現在は市道44号線が走っています.

10.黒髪山トンネル跡


明治41年大仏鉄道が廃止されたその後も残っていましたが,昭和39年の道路拡張に伴い、山を切り開きトンネルは取り壊されました。トンネル入口にあった関西鉄道の社章は大阪の交通科学博物館(平成26年4月6日閉館)に保存されています。
(京都鉄道博物館にお尋ねしましたところ「入り口入っての屋外展示場にあります」っとお返事いただきました、行かなくっちゃね。)

11.大仏駅跡(記念公園)

大仏駅跡を記念する公園「大佛鐵道記念公園」です。
機関車の動輪モニュメントと説明碑があります。

【関西鉄道大仏駅について】
明治28年、草津・名古屋間を全通した関西鉄道は、柘植(つげ)から大阪方面への進出を計り、2年後の30年11月に加茂まで開通した。ここから梅谷を経由して黒髪山トンネルを下り31年4月、この地の北側法蓬の交番所の南あたりに大仏駅を設置した。この鉄道は市民、観光客にも親しまれ大仏詣での人たちもこの駅で下車し、一条通りを通って東大寺に参拝していた。奈良駅にはその年の12月到達したが乗り入れが実現したのは翌32年5月であった。その後線路が木津経由に変更となり明治40年8月までの約9年間で廃止された。昭和39年頃まではトンネルも残っていたが、現在は取り壊されて当時の面影は今は見られない。
平成4年4月 奈良市(モニュメント横の碑文より)

【大仏鉄道とは】
現在の関西本線の前身で明治の5大私鉄の一つとうたわれた「関西鉄道(かんせいてつどう)(株)」が名古屋方面から大阪への進出を目指し、「加茂駅」から現在の奈良駅北1.1kmの所に仮設的に作った「大仏駅」間を結ぶ8.8kmと、翌年に開通した奈良駅までの通称です。
「大仏駅」の開業は明治31年(1898)4月19日、「加茂駅~大仏駅」が開通し“赤いイギリス製の蒸気機関車が伊勢や名古屋方面からの大仏参拝客を乗せてにぎわった”と当時の新聞が報道してます。客車は「小さな部屋が十個ほどつながっているような感じで、一室に五人くらい。座席は板で隣の部屋には降りなければ移れない」加茂の人たちは汽車を「マッチ箱」と呼んでいたそうです。
この脚光を浴びた花形路線も急坂の黒髪山トンネル(勾配が25‰(パーミナル))越えの難関では、イギリス製(ナスミス・ウィルソン社)の新鋭機関車においても走行は困難を極め、「汽車の速度は遅く、機関車が二両ついているときはまだいいが、一両だと途中でとまってしまう。黒髪山の丘陵が登れなかったときは、客が降りて押したり、法蓮村(奈良市)の人たちが押しに行った」と伝えられています。また石炭の消費量も多かったそうです。
新たに木津駅経由の平坦路線が開通したため徐々に乗客が減少、1907年鉄道の国有化法により僅か9年間で廃止となりました。現在、線路跡は残っていませんが、橋台(橋の上部構造の両端を支える基礎)や隧道:ずいどう(川の水や人を通すためのトンネル)などが元路線沿いに100年前そのままの姿で残っており周囲の里山風景に溶け込み、鉄道ファンのみならずハイカーにも人気のハイキングコースとなっています。
(参考:幻の大仏鉄道パンフレット(大仏鉄道研究会)・加茂町史)



こんな色鮮やかな深紅の蒸気機関車「電光(いなづま号)」などが駆け抜けたという幻の鉄道。当時を思いながら廃線跡をたどれば、周囲の景色も一層美しく見えるかもしれません。
奈良市・木津川市パンフレットより。

わんちゃん的には
9月1日はシルバー健康ウォーキングの仲間たちと
梅美台公園でお弁当タイム


木津南排水池を右手に見て


国境食堂のそばを通り

大仏駅跡(記念公園)まで完歩、近鉄奈良駅から帰路に・・・

9月15日は城山台公園でお弁当タイムここで解散、

木津南ソレイユからバスで近鉄奈良へ、
駅そばのオールデイ ダイニング(ALL DAY DINING)のティタイムサービスで反省会・・・


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

けいはんなプラザ日時計広場から国立国会図書館関西館見学

2017-08-25 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
ふるさと案内人と行く『せいか小さな旅』は『22日の9時』集合です!!
「どこ行かはるのですか?」「ハイ、ちょっとそこまで・・・」

けいはんなプラザ日時計広場9:00集合


徒歩で国立国会図書館関西館へ移動なんですが、まだ、少し時間があるということで、「ふるさと案内人」のMさんが「けいはんなプラザ日時計」についてお話をされました。
それによりますと、なんと1995年、文字盤に当たる部分の面積が世界一、ということでギネスブックに登録されたって・・・
ギネス成立の経過
①1990~1992年にかけて、けいはんなの前庭空間に「モニュメントを含む広場」という国際的競技が行われた。
②作品の応募:世界26か国より306件(日本189件、海外116件)その結果、箕原氏の案が採択された。
③完成:1993年 工期:1992年6月~1993年3月

設計者(箕原真:箕原正デザイン研究所)の日時計への思い。
「地球的視野が可能な時代に、けいはんな丘陵に相応しいものとして『日時計』が浮かんだ。古代遺跡等でも、天体の動きを捉えてそれを形にしているものには霊感さえ感じる。」そういう憧れから、その場に立つと空間的に地球を感じ取れるものを作りたい、という思いで提案された。

けいはんな日時計のしくみ
地球上で人々は、それぞれ違った地面に立っていて、同じ太陽を違った角度から見ている。それが、日の出、日没の違いや日射量の違いを生じている。
ここの広場は、異なる3地点(けいはんな、佐世保、宮古)の地面を、そのままの傾斜角度で重ね合わせた日時計になっていて、各地面にそれぞれの真太陽時(地方時)と、共通の日本標準時を刻んである。
それほど離れていないこの3地点だけでも意外に差がみられる。この広場に立って、地球の丸みを現実のスケールとして、身体を通して感じ取ることができればと思う。

日時計の針
日時計の針は地軸に等しく、太陽がこれを中心に回っているように見える。地軸は、地面が違っても同じ一つのものであり、各地面から見た角度が違うだけである。
針は真北方向に向かっていて、夜は針(地軸)に沿って北極星に向かって緑色のレーザー光線が発射され、それを中心に星空が回転しているように見える。
なお、レーザー光線は1996年に機械が故障しそのままになっていたが、2012年、地域の企業グループ、住民など有志の方々の協力により、16年ぶりに復活し、日没の30分後から午後10時まで、毎日照射されている。
せいか小さな旅:ふるさと案内人さん手作りのパンフレットより引用させていただきました。


日時計の針の影が、ちょうどその時刻(8時43分)を指してました

けいはんな(京都府)北緯34.45度 東経135.45度
佐世保  (長崎県)   33.09度 129.44度
宮古   (岩手県)   39.39度 141.58度
ここの日時計は地面の色で上記の3地点の時刻がわかるようになってます。
日の出は宮古⇒けいはんな⇒佐世保の順でしょうか?

けいはんな日時計のお話のあと「こんな暑い時期ですから、涼しい場所での見学会を企画しました」っと、国立国会図書館関西館へ徒歩で向かいます。







国立国会図書館関西館参観
国立国会図書館関西館を利用するにはまず最初にこちら

館内は写真撮影禁止
いろんなところ案内していただき、ランチタイムには4階のカフェテリアへ




午後は PCの前に腰かけて実際に本を借りるっという体験にチャレンジ
わんちゃん的には、実際に本を借りれるっというのは想定外「え~~っと、田中澄江さんの花の百名山に決まりかな」っと、順番に検索して閲覧室受付まで・・・
もう、「花の百名山」はお待ちかね。
「あのう、いつまで借りられます?」「館外に持ち出しは出来ません、こちらの方で・・・」
だったんですよ。
ページをパラパラ~ッとめくってみると、文字がいっぱい、写真はあんまりなかったような、花の百名山ごと咲いてる詳しいお花の説明があります「コレはじっくりとウチで読む本だわ」
はじめて見学ツアーに参加して「登録利用者カード」を交付していただき、むこう3年間有効だそうです。
わんちゃん的には国立国会図書館関西館どういうふうな利用方法があるのかな?ちょっとワカラナイ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

敦賀でウォーク:青春18きっぷ 2017.8.04

2017-08-07 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
シルバー健康ウォーキング

今回の行程は
JR敦賀駅前広場(10:00集合)⇒中池見⇒天筒山(てづつやま)城跡⇒展望台:昼食⇒金ヶ崎城跡⇒月見御殿⇒金ヶ崎宮⇒きらめきみなと館⇒気比(けひ)神宮⇒JR敦賀駅解散




敦賀の町は立派な道路で結ばれてました。








茅葺の家

ところが、天筒山(てづつやま)城跡辺りの登り地点ころから、メンバーのうち3人が体調に異常なカンジ。
3人+4人はメンバーたち(15人)に遅れて展望台で昼食、集合記念写真撮影後、気比神宮へ向かうコースをとり、先に着いて待機することに・・・

展望台 中は螺旋階段になってました
 
展望台のてっぺんから

ヒルガオの向こうに二つの山

充分に休憩をとって、歩き始めると下りっということにも助けられ3人はビックリするぐらい元気にならはって、ホッと一安心でした。

天筒山を下山して気比神宮への途中で廃線跡を見つけました、どんな列車が走ってたんやろか?

福井県の嶺南に位置する北陸本線と小浜線の分岐駅がある敦賀駅から分岐して、臨海部敦賀港(つるがみなと)駅まで延びていた北陸本線の貨物支線で、元々は貨物の他に旅客営業もしていて敦賀港より出航する船舶に接続する旅客列車も設定されていましたが、第二次世界大戦の影響で1940年頃に旅客列車の設定が廃止されて、以後は貨物列車のみ設定となりましたが、2009年4月1日をもって貨物列車が廃止となり、休止線となりました。

気比神宮(けひじんぐう)
吽                             阿




松尾芭蕉


『おくのほそ道』の道中で、松尾芭蕉は現在の福井県敦賀市を訪れます。その理由は旅の目的の一つである美しい月の姿を句に詠むため。敦賀では特に、“中秋の名月”を心待ちにしていました。
1689年(元禄2年)旧暦の8月14日の夕方、快晴の敦賀に入り、宿の旅籠出雲屋の主人に、明日も晴れるかどうかを問います。出雲屋の主人は、北陸の天気は変わりやすく明日は晴れるか分からないので、月見なら今晩の内にと伝えます。
松尾芭蕉はその夜に「氣比神宮」に参拝し、月明かりに照らされた神前の白砂とその由来に感動し、次のように詠みました。

「月清し遊行のもてる砂の上」

「氣比神宮」の境内には、松尾芭蕉の像が建立され、その台座には上記の句が刻まれています。

とにかく暑い!もうすぐ敦賀駅、そのすぐ近くにアル・プラザ「ここで、一服しましょうよ」
館内に入るとスゥ~~っと汗がひいたんです。
休憩終えてJR敦賀駅で他のメンバーたちと合流。解散となりました

帰りの車内は賑やかにおしゃべりが弾みました。
ここでLINEメールに気が付いたんです。
どばっちゃんから、金ヶ崎の真向かいにある敦賀半島の二つの山についてでした。
「・・・な訳で金ヶ崎には行ってないんですよ、わんちゃん的には天筒山展望台に上って撮った写真があるので見てもらって良いですか?展望台からは敦賀湾がキレイに見えてました」



左右にそこそこ高い山が有り中間は少し低い峠になっていますが、
右側の一番高いピークが西方が岳・さいほうが岳(764m)、少し右のピークが栄螺が岳・さざえが岳(685m)です。
敦賀半島、その先ずっと右に進むと原発・敦賀発電所が有ります。
中央の峠、馬背峠(まじょうとうげ)を抜けると半島の裏側、水晶浜海水浴場等美浜町になります。
峠の左側のピークは三内山(521m)
もう10年前になるかなぁ、その日は会の新人さん(女性)の初参加・初登山で男どもは手取り足取り山登りを教えていたのを思い出しました。私は遠~くから見ていましたが・・・なんて。
HPを観てみるとどうもその日は黄砂の影響で大展望を楽しんだことは無かったようです。
時々福井への帰省時、敦賀近辺の北陸道から良く見えるので、その度に昔の山行を思い出しています。
「どばっちゃん、ありがとー、展望台から見えた山の様子が分かりホッとしました。」

京都駅でおまけがあったんですよ、帰りの車内でCHIKAちゃんが「京都駅での空中散歩の体験あり」のお話しされると、元気モンになった者同士「行こう行こう」っと言うことになって、エスカレーター・エレベーターを乗り継いで・・・








11F ラーメンストリート

テラスの何ケ所かで五山の送り火が180度以上鑑賞できるようになってます、夜景は最高!!かも?
送り火鑑賞は応募(どこに応募するのかは??)で決まった人数だけのようです。
空中散歩を楽しんで〆は?コーヒーショップで・・・
「青春18きっぷ」なんで行動は一緒じゃないとね、京都駅から奈良線で木津までそこで学研都市線に乗り換え・・・
「また来月ね。。。 」

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

京都散策・義経ゆかりの地

2017-07-22 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
★シルバー健康ウォーク7月例会 2017.7.7

京阪出町柳駅 10時集合、高野川・河合橋を渡って、鴨川公園(高野川と賀茂川の合流地点)へ移動、ここで受付・準備体操。
公園の一角に尾上松之助の銅像。



下鴨神社(賀茂御祖神社)に立ち寄りました。




「葵祭り」が終わった下鴨神社の次の行事は、夏の土用の丑の日を中心とした「みたらし祭」です。
下鴨神社(賀茂御祖神社)からのお知らせ
2017年7月22日~30日 みたらし祭 斎行
いよいよ、みたらし祭が始まります。梅雨も明け暑い夏が到来いたします。
是非、下鴨神社のみたらし祭にお越しいただき、みたらし池の冷たい水に足をつけリフレッシュし、暑い夏を乗り越えていただければと存じます。
本年のみたらし祭は7月22日(土)より7月30日(日)の9日間となります。
時間は初日22日のみ午前9時から午後9時まで23日から30日は午前5時半から午後9時までとなります。(灯明料300円)また、境内での露店は22日から25日まで行われております。是非参拝にお越しください。
「みたらし団子」はここが発祥の地っと聞きました。

ウォーキングの日(7/7)は七夕でした。七夕飾りが並ぶ 出町枡形商店街 を通り抜けます。


京都五山の一つ相国寺の東門から境内に入り、上立売(かみだちうり)通りをひたすら西へ、烏丸通りを横切って・・・
ちなみに京都五山とは
• 南禅寺 - 別格
• 天龍寺 - 第一位
• 相国寺 - 第二位
• 建仁寺 - 第三位
• 東福寺 - 第四位
• 万寿寺 - 第五位
今出川通り堀川東にある 白峯神宮 に到着、小休止です。
白峯神宮の社地は、蹴鞠(けまり)の宗家であった公家・飛鳥井家の屋敷の跡地でした。今ではサッカーをはじめとする各種球技の日本代表選手やJリーグの選手たちの奉納や参詣が絶えません。お参りしたウォーキングの日は年に一度の精大明神例祭日(七夕祭)で、綺麗に飾られていました。
白峯神宮からは今出川通を西へ、途中で右折、千本通を歩きました

ちょっと釘抜き地蔵さんにお参り





千本ゑんま堂は道路の向こう側に見えてました


都会の街の中を歩くのは慣れない者にとってはちょっとタイヘン、ほかのメンバーたちとはぐれてしまい船岡山に先に到着ここで、お昼のお弁当タイム。

船岡山とは
標高112メートル、東西200メートル、南北100メートルの孤立丘陵。






頂上から眺望よく京の町、特に西陣一帯が見渡せる景勝地。中世には要衝として戦場となり、応仁の乱(1467-1477)で西陣の山名宗全が城塞を築いて東軍の細川勝元を迎え撃った。その後も山をめぐって争奪戦が展開された。豊臣秀吉は、この山を大徳寺に寄進した。1931年(昭和6)、都市計画により山一帯を船岡山公園とした。市バス船岡山下車100メートル。⇒wikipedia
頂上から眺望よくとありますが、木々が生い茂ってて、見晴らし悪しでガッカリ・・・

けれども木々の間から左大文字が見えてました。

五山の送り火の時は四山まで見渡せるそうです。

ほどなくしてほかのメンバーたち到着、集合記念写真を撮って解散となりました。
わんちゃんたち3人(CHIKAちゃん、カヨちゃん)は船岡山を下山してからは住宅地の中を歩き北大路通りに出て東に向かいました。
大谷大学のキャンパスに寄り道、学内カフェでちょっと一服。
学生たちノビノビと寛いでる風にみえましたけど・・・
地下鉄北大路駅がすぐそばなんですね「便利なところなんやなぁ」っと感心することしきり・・・。
ところで、その日のメインは「義経ゆかりの地巡り」でした。??行ったのかなぁ?どこやったんかなぁ?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サイクリングロード・嵐山~久世橋(約10Km) 2017.6.02

2017-06-12 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
シルバー健康ウォーキング

わんちゃんがいつものウォーキング・コースは「八幡木津自転車道」のホンの一部分を歩きます。
この「八幡木津自転車道」全長45Km起点は嵐山渡月橋畔とも木津川市泉大橋とも言われています、わんちゃんとしては嵐山の起点をぜひ目撃したいモンとずっと思ってました。
ウチの息子たちは子供のころ自転車で嵐山までサイクリングしたことあったみたいです。
「アンタたち嵐山の起点ちゃんと見てきたの?」「うん、もちろん、泉大橋のところも知ってる」

JR嵯峨嵐山駅10:15集合受付、軽いストレッチ体操後、

渡月橋を渡り
「八幡木津自転車道」起点を確認


松尾大社に参拝





吽                           阿





松尾大社に奉納された多くの酒樽が並ぶ圧巻の「神輿庫」。松尾大社らしい名物スポットでもあり。
お酒の神様・松尾大社の名水!日本酒の仕込水にも使われる霊泉「亀の井」⇒次回はぜひとも・・・

カギカズラ



桂川に沿ってサイクリングロードを歩きます。


「桂川河川敷でゴルフもどき?」
桂川の河川敷でお弁当休憩でした、「どなたか、打ってみはりませんか」
っと、ゴルフのマットとクラブを持って来はって・・・
見るとボールにバトミントンの羽がついてて飛距離が抑えられる仕組みになってました。
誰も打たない様子なんで、わんちゃん的には、ちょっとなつかしくなって「は~い」と、打ってみました、
なるほどボールに羽が付いてると飛ばないけど、ボールが弧を描いて最高20~30mほどは飛ぶ仕掛け。
「なかなか筋が良いやないですか」っとお世辞云われて、その気になって・・・
クラブはグリーン周りでアプローチに使うようなピッチングウェッジのような気がしました。
初めてコースに出たときティショットがドライバーより7番アイアンの方がまっすぐ遠くに飛んだという人。
ティショットからグリーン手前までほとんど7番アイアンで通した人。
ゴルフもどき??
これは「ターゲットバードゴルフ」と言って(その時、蝙蝠傘をひっくり返してネットを張ったようなものに向かって打っていなかった?)グラウンドゴルフの様に15m位から50m位までの距離で9ホールでやります。
以前バーディ会でも定期的に東光小のグラウンドにターゲット立ててやりました。
先日その用具一切を廃棄処分してしまいましたがナツカシイ~

クラブはその通りピッチングウエッジ一本でプレーします。
風の影響が大きく冬場は大変。ターゲットの近くから50~60㎝位の高さのターゲットに入れるのに
技術が必要になります。ウェッジを開いたり、カット打ちのようなことをしたり、風が強い時はクラブをかぶせて5,6番の感覚で打ったりで結構面白かったのですが・・・
コースの設営に時間が掛り、又用具の搬送にも大きな車が要るとか・・・。
自然に止めるようになりました。
ここで過去の栄光へ・・・
「ターゲットバードゴルフ」の試合で京都府総体(亀岡市)にも何度か町代表で行きました。
7位入賞したこともありました。(昔話の自慢話で鼻がピクピク?)っと、どばっちゃんからのお話し

へぇ~~そんなことが、あったんですか?知らんかった・・・

ちょっと横道にそれてしまいましたが

お弁当タイムの後は桂川河川敷運動場から西大橋を渡り左岸を歩きます、


久世橋を渡りJR桂川駅へ


ここで解散、いつもの仲間で「お茶しませんか?」駅前にイオンがありましたね・・・



平安建都1200年(1994年)を記念して制作したデザインマンホール蓋です。京都市の紋章を中心に、周囲に「御所車」の車輪模様を配置しました。「御所車」とは、平安時代に 御所に向かう貴族の交通手段として用いられていたもので、現在でも、京都の三大祭りとして有名な葵祭などで目にすることが出来ます。 本デザインのポイントは、京都の歴史的な街並みに溶け込むように図案を作成したことと車輪模様を多数配置することで細やかな凸凹を作り出したことです。この凸凹は滑り止めとして機能し、足元の安全性を高めています。古都京都を散策する際は、是非、足元にも目を向けてみてください。

【お知らせ】
「田植えの終わったばかりの田の上を飛ぶアマサギ」の様子をうりずんの頃 PART 2にリンクさせていただきました、どうぞご覧ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山田池公園菖蒲園鑑賞 2017.5.31 

2017-06-04 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
主催:せいか健康づくりプロジェクト「いきいき健康ウォーク」

いきいき健康ウォーク2017年5月は花しょうぶにリベンジ
「皆さん、おはようございます、これから山田池公園まで歩きます、ここは去年、雨降りで中止になりそのリベンジで今年、計画しました」

JR長尾駅からスタートです、駅前のコンビニに


山田池公園へのコースでの寄り道したところ。
長尾山菩提院正俊寺(ながおさんぼだいいんしょうしゅんじ)






菅原神社




伝王仁墓(でんわにはか)




ここでは夏から秋にかけて韓国の国花・ムグンファ(ムクゲ:木槿)が美しい。ここにはムクゲが100株以上植栽されています。
ちなみに韓国では特急ムグンファ号 があります。

山田池公園は広くて自然がそのまま緑も多く「ええとこやなぁ」が感想。
ここでお弁当タイム、食後、記念集合写真撮って、解散でした。
皆さん、それぞれ園内をぶらり散策。
去年より10日ほど早かったのですが、花しょうぶ、そこそこ咲いてましたよ。

花しょうぶ園に沿ってぐる~り・・・




「アラ!ヒツジクサやね、童仙房の弁天池のとそっくりやね」

「ねぇねぇちょうど未の刻(13:00~15:00)あたりとちゃう?」
「ホンマやね、ちょうど2時前やわ、きっとヒツジグサに間違いないわ」
未の刻に咲くっと言われてても、別にそうでもないみたいですわ。
ヒツジグサのホンマモンのお話は こちら

園内はとても広く、ゆっくりジックリ散策。かわいいお花たちも・・・
ヘラオオバコ
 

ホザキマンテマ
 

ブタナ




ニワゼキショウ
 

ブラシノキ
 

コウホネ




JR長尾駅まで戻るのですが、なんせこの界隈に詳しいやまちゃんが一緒なので安心して歩けました。駅前のパーラーで一服、ちょうど、スタッフさんたちも一服されてて「長尾からこの時間に乗るのでお先に失礼、わんちゃんたちはこの後のがちょうどいいですよ」っと教えていただいた電車に乗れて無事帰路へ。

わんちゃんたちは、去年花しょうぶを観賞に山田池公園に行ってました。 こちら
今回はJR長尾駅から山田池公園までの道のりは去年とちょっと違ってました、ちょっと多い目のコース、そりゃそうです、去年はその界隈に詳しいやまちゃんの案内だったから近道だったんです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜紀行 PART2 桜にリベンジ 明石・大蔵海岸 2017.4.07

2017-04-11 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
シルバー健康ウォーキング


「明日の明石行きは雨のため中止します」「え、ソレは残念ですこと、ぜひとも来年、企画お願いしますね」
そして、今年になりました、天気は少々怪しげ・・・そんなこと意にも介さず「出発しまぁす」・・・
この会では春、夏は 「青春18きっぷ」を利用してちょっと遠出を楽しみます。
JR木津駅から大和路快速で大阪へ、姫路行き新快速で集合駅明石へ。
やっぱり春はお花見でしょ。行きしなの車窓から見る桜はちょっと満開には先かな?っというカンジ・・・

明石公園 剛の池周辺の桜




明石公園マンホールの蓋

明石公園にしかない明石城のデザインの蓋です

明石市立文化博物館

妙見社

境内で大きな木の剪定をしておられて「ひょっとして?ヤマモモ?ですか?」「そうですよ」

うわぁ~ 花が咲いて実がなったらどんなカンジ?なんやろ?(独り言)


子午線

明石は東経135度の子午線が通る町なので、マンホールの蓋は子午線と天文科学館がデザインされています。


楽しくおしゃべりしながらウォーキング
「やっぱし明石に来たなら、うおんたな(魚の棚)でしょ、ホラ、明石焼き」「行こ行こ」





30分後に商店街の入り口集合・・・

「関西から来られた方はたこ焼きのイメージで食べはるんやけど、薬味にネギと甘酢ショウガを用意してます、半分をネギで、だし汁に明石焼き入れてグチュグチュっとほぐして出汁ごと食べて、あとの半分は甘酢ショウガで出汁の中でグチュグチュっとほぐして出汁と一緒に食べる、守ってくださいよ」
美味しかった。

大蔵海岸の方へ、青い海と雄大な明石海峡大橋が目の前にあるシーサイドの公園です。

海洋冒険家・堀江謙一さんの「モルツマーメイド2号」が展示されています。

明石花火大会歩道橋事故

慰霊碑の前で合掌
JR朝霧駅で解散でした。
帰りしなは行きしなと同じルートなのに車窓からの景色はどのポイントの桜も見ごたえありでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

せいか小さな旅:精華町最高峰「嶽山(だけやま)」行き 2017.3.22

2017-03-26 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう

早春の里道を楽しみ 景色のいい わくわく嶽山広場でいも煮会。
精華町最高峰の嶽山って前に 「華の塔」の展望台から「けいはんなプラザの向こうの方に見えるのが精華町で一番高い山、嶽山・・・」っと教えていただいたことがありました。いっぺん頂上に立ってみたいと思ってました。
コース
けいはんなプラザ 日時計広場⇒歯痛地蔵⇒東畑古道の里山の道⇒白土採掘跡⇒東畑北ノ下の棚田里山の道⇒カニマ池⇒夜泣き地蔵⇒松頭峠⇒嶽山(精華町最高峰:海抜260m)わくわく嶽山広場(いも煮会)⇒東畑集会所(解散)
せいか小さな旅は毎月22日9時集合

けいはんなプラザの日時計は?

「ハイ、9時ちょっと前!」

せいか大通りを西へ向かいます、東光小学校の辺りは緩い登り坂になってるって歩いてみて改めてカンジました。
民家の間の狭い道を少し登ったところに

「歯痛地蔵さん」

地元の年配の方のお話によると、昔は自分で作った新しいお箸をお供えしてお詣りしたとか・・・
歯が痛くなったらよだれかけを作ってお詣りしたとも・・・
「歯痛地蔵さん」のすぐそばに「アレッ!!桜?」

馬酔木の大きな木も


東畑地域ののどかな里山の道を歩きながら満開の梅の花も愛でながら・・・

道端の足元には「フキノトウ」


カニマ池、白土採掘跡、嶽山、専光寺:精華町の史跡と民俗

夜泣き地蔵

夜泣きしていた子をお地蔵さんのところに連れてったら着く頃に泣き止んでいた・・・とか。

カニマ池


山肌を削ったところがありました

「白土採掘跡」

嶽山山頂

山頂にある打田の石仏


嶽山の山頂から


嶽山の山頂から少し下ってきたところに「わくわく嶽山広場」
さ、ここでいも煮がふるまわれ体の芯まで温まりました、



おにぎりの付録付き、美味しかった。

アオモジの木にいっぱい花がついてました、カワイイ!!
 

専光寺


 



東畑集会所まで歩いて解散でした。
さてと、くるりんバスに乗って帰るか、近鉄新祝園駅まで歩くか、どっちにしよう。
っと、考えたとき小学生たちの下校時間に遭遇「東光小学校までこんなに小さな子たちが歩いて通ってるんやモン、思い切って祝園駅まで歩かへん?」「うん、そうしよか、緩~い下り坂やもんね」
途中、元気塾でお茶タイム、美味しいコーヒー(手作りケーキ付)よばれてますますシャキッ!!
Uさんと、いろんなことおしゃべりしながら、早春の景色も楽しみながら・・・ゆるい下り坂に助けられて新祝園駅に到着、駅舎が見えると流石に「ここからウチまで歩きはムリやね」っと、一駅電車に乗って・・・
歩数計22,000歩カウントしてました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

酒蔵みてある記:河合酒造「出世男」 2017.3.11

2017-03-18 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫


「出世男やて、ええ名前やな」
近鉄大阪線・大和八木駅集合


受付でいただいた地図を見ながら参加された皆さんの列のあとに続きます。ずっと前のほうから続いてます、後ろのほうもず~っと続いてます、何人ぐらい参加されたんかなぁ、この様子じゃ1000人以上かも?とか思いながら・・・
賑やかそうな町並みの中を歩いたり、地図に載ってる神社を順番にお参りしながら、時には田園風景満喫しながらとか、ウォークしながら、おしゃべりしながら・・・

人麿神社



秋山の黄葉(もみぢ)を茂み迷ひぬる 妹(いも)を求めむ山道(やまぢ)知らずも  
柿本人麻呂


「秋の山の黄葉(もみぢ)があまり茂っているので、迷い入ってしまったいとしい女性を捜し求める山道が分からないことだ」という意味です。

天高市神社(あめのたけちじんじゃ)








天太玉命神社(あめのふとたまのみことじんじゃ)






河俣神社










橿原市のマンホールは、中央に橿原市市章。
全形は「カシハラ市」の頭文字「カ」の字を表象する。(「カ」)
上部の羽型は雄飛を表わし、鵄を表徴し、下部の円型は融和、平和を、平和に発展する古代文化の都を表わしている。
汚水管マンホール蓋



中央に牛や馬を繋ぐ金具・駒つなぎ、周りに屋根瓦を描いています。「いまい」「おすい」の表記で受枠にV字模様あり。
汚水管マンホール蓋

「すきっ腹にお酒もなんやけど、先に酒蔵見学行きましょか?」




甘酒がふるまわれ、まずは一杯

「冷やし甘酒も口当たりいいけど、今日みたいな寒い日は温かいほうがいいかも」なんて。

建物の中には、「昔はこのようなお道具でお酒を造ってたんですよ」的なお道具が展示されてました。
順番に見ながら歩を進めていくと河合酒造ご自慢のお酒の試飲ができるようになってました
どの飲み口が合うかな?とか楽しみながらいただきました。






橿原市今井町界隈にある酒蔵です.

今井町の町並み












お昼のお弁当の時「大仏アンパンって知ってる?やすらぎの道にあったパネトーネっというパン屋さんで売ってたんやけど、そのお店は2~3年前に閉店されて今は小西通りの元ビブレの前あたりのパン屋さんで売ってるんやけど」と、CHIKAちゃんが言わはった
「へぇ~~ウチの息子たち、その大仏アンパン大好きで会社の帰りに、よお買うて帰ってたんよ」と、懐かし気にわんちゃん
「焼き立てのパンをお店の二階で食べれるねん」「ほんならそこ行こ、大仏アンパンおみやげに買いたいわ」
近鉄橿原神宮前から折よく京都行き急行に乗れて大和西大寺でわざわざ奈良行きに乗り換えて・・・
「こちらでお召し上がりですか?」「ハイ」
大きなテーブルに5人陣取ってそれぞれが選んだパンと飲み物で楽しい反省会が始まりました。
帰りしな、餅飯殿(もちいどの)商店街の和菓子屋さんでこの時季限定の「糊こぼし」買い求めました。

 糊こぼし


うちに帰って息子たちに「大仏あんぱん」を・・・
すると「ちょっと前のより小さなってるみたいやで」
調べてみました、パネトーネで買うてたころの大仏あんぱんは1個330g その日買うた大仏あんぱんは210g でした。
「あんぱん1個分ほど小さなってるなぁ・・・」との感想でした。


クリックで拡大します


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いきいき健康ウォーク「山背古道から青谷梅林」 2017.3.07

2017-03-14 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫

主催:せいか健康づくりプロジェクト「いきいき健康ウォーク」
せいか健康づくりプロジェクトとは⇒精華町の住民みんなが「“自分らしい健康”な状態」になるために「自分らしく、病気を予防し、元気が出ることに取り組む」ことを目指して、個人・地域・行政それぞれが協議して企画・実践・運営しています。

青谷梅林PARTⅡ
JR山城多賀駅⇒市辺天満神社⇒龍福寺⇒中天満神社⇒黒土古墳群⇒青谷梅林(昼食)⇒大蓮寺⇒JR長池駅(解散)


JR山城多賀駅前でストレッチ体操(ブラブラ体操)後スタート。

山背古道を北に歩き市辺天満神社(いちのべてんまじんじゃ)に寄り道。




中天満神社に寄りました。
旧中村の 産土神(うぶすながみ)である「中天満神社」に「東風(こち)吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」菅原道真公の歌碑があるのは撮ってなかった
この歌は⇒ こちら
なので、この歌の歌碑が城陽の中天満神社にあるのが不思議に思うわんちゃんなのです。

 青谷梅林がいつごろからあるのか?⇒こちら
城陽市観光協会のHPの記事にあるように、三日三晩の土用干しを経ておいしい梅干しがいただける、っとわんちゃん的には実践したことがありました、ホンマに柔らかいおいしい梅干しに出来上がった記憶があります。

青谷梅林でお弁当タイム




梅まつりのぼんぼりとか五分咲きぐらいの梅林の様子など眺めながら・・・
売店の周りをウロウロ、大きなバケツに梅の枝がひとくくりづつ無造作に突っ込んであって、販売されてました、一束買いましてウチの玄関に アオモジと一緒に活けました






「青谷梅林に行ってきたの?」「ハイ」
「玄関先に梅の花が活けてあったから、何気に春のようでええモンやねぇ」

一緒に歩いたUさんは以前に山背古道を何回かに分けて歩き通されたとか、足元の小さな道標の山のてっぺんが歩く方角になってるって教えてくれはりました。



ナルホド尖がった先の方角に向かって歩くようになってます。ところがですよ、四つ角とか三叉路すべてに、その道標があるとは限らないのでちょっと不満が残ったわんちゃんでした。

歯痛を直してくれるという、お地蔵さん
(歯痛地蔵菩薩)


満開です。

解散はJR長池駅でした、


そっからだと奈良・大阪方面行に乗ってJR木津で学研都市線に乗り換えます、ここでうまい具合に連絡してるかどうかわからないし「いっそのこと、玉水か棚倉から歩かへん?」「そうやね日々のウォーキングで歩いてるときあるもんね、歩こか?」
ここで考えました、JR棚倉から歩くとなると木津川の堤防を北に向かって歩くことになります、結構、北風が強く吹いてました、玉水からやと、木津川の堤防を南に向かって歩くので、そっちやなぁ・・・っと。その結果、北風が背中を押してくれました。
3月2日に「酒蔵みてある記:城陽酒造」の酒蔵目指して歩いた時と、少しかぶったところがあったようです、Uさんは「あっちのほうから歩いてきてここをこっち方面に曲がったのよね」とか「そうそう、ここのとこ通ったのは確かね」とかよう覚えてはりました、わんちゃん的には歩いていく向きが違うと景色も変わり「そうやったかなぁ」みたいな・・・アキマセンねぇ。
けれども、歩数計は18984歩をカウントしてました。大満足のわんちゃんです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

酒蔵みてある記:城陽酒造「城陽」 2017.3.02 

2017-03-11 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫

酒蔵みてある記 2017.3.02青谷梅林から 城陽酒造「城陽」
いきいき健康ウォーク2017.3.07「山背古道から青谷梅林」
5日の差で青谷梅林がらみでウォーキング
まず、3月2日「酒蔵みてある記:城陽酒造」
近鉄富野荘駅(スタート)⇒荒見神社⇒大蓮寺⇒青谷梅林(昼食)⇒城陽酒造(ゴール)⇒JR山城青谷駅


近鉄富野荘駅からスタート



枇杷庄公園にはたくさんの桜の木が・・・こんな時「もういっぺん、桜が満開の時に来たいなぁ」といつも思います、しばらく経ったら忘れてしまうのだけれど。

近鉄の鉄橋を電車が走ってます

「どうせなら、
特急しまかぜ
にでも遭遇しないかなぁ」なんて思いながら。
荒見神社にちょっと寄り道




阿                                 吽
 

大蓮寺




「ここの松屋さん寄る価値あると思うよ」っとCHIKAちゃんが。お菓子屋さんです、旬のお菓子が並んでます、どれもこれも買いたい、けどまだウォークは始まったばかり、でもお土産に2~3種チョイス(ヨモギ団子とか花見団子とか)・・・



ゴールの酒蔵までところどころに目印の方向矢印が見えてました。なんやかやおしゃべりしながら歩き、知らない間に青谷梅林に到着、ピッタリなランチタイム。梅の花もちらほらと咲き始めてるカンジ。







後ろの方でUさんが電話中「高校時代の同級生がこの近くに住んでてね案内してくれるって」三叉路や四つ角不思議と矢印シールが見つからない「こっちよ~」と、待っててくれてはった。
「さっ!酒蔵に向かってウォーキングやで、頑張ろう」


酒蔵見学も一緒に、まずは、甘酒いただきました、

ホッコリするお味

ここで酒粕の掴み取り1回500円。4人が挑戦

最高は2k強も。う~~んスゴイ!!

城陽酒造:純米吟醸「城陽」

ウ~~ン美味しかった
「ごりごり」と銘柄のお酒があります、城陽の里は京の都から五里、奈良の都からも五里


「へそまがり」という銘柄のお酒も「純米三年熟成古酒」やそうです。






美味しいお酒もいただいてホッとして、JR青谷駅⇒JR木津⇒JR祝園、ここで駅前ガーデンシティのフードコートでコーヒータイム「反省会しいひん?」
ここで、またいろいろな予定が生まれました、お花見はじめ楽しいことが目白押し・・・

お酒への想い・・・
伏見にも酒倉は幾つかありますが、城陽の酒蔵も中々の銘酒が揃っているみたいですねぇ。
「ごりごり」とか「へそまがり」を飲んでみたくなりました。
秋の夜だけでなく〝春の夜〟の酒もまた一段と味合えそうです!

「酒の名前」   諏訪 優

十月もなかばを過ぎ、酒のうまさが身にしみる。
好きな女(ひと)と、あるいは気の合った仲間と、ゆっくり飲むのが最高である。
今ひとつ、わたしが好きなのは、身も心も空(くう)にして、ひとり静かに呑む酒である。
そんな時に、思いがけぬ詩の一行を得たり、忘れていたひとのことを思い出したりする。
酒はもちろん熱燗にして、古伊万里のぐい呑みで呑む。
ツマミは適当に、にぎやかにあった方が良いが、無ければ無いで、梅干しでも良し、焼海苔でも良い。
酒の銘柄にはこだわらないが、できたら辛口の二級酒、それも、どこかの地酒がいい。
越後の”幻の何とか”など、わたしの口には合わない。
それにしても、商売上手とはよく言ったもの。”幻の何とか”は、おひとり二本までに願います。なんて張紙がしてある店がある。
神話化してますます儲けようという魂胆か。
誘われればとにかく、ひとりでは二度と行かない。
未知の土地で未知の地酒に出会うのもまた楽しい。
わたしが旅行好き理由のひとつにそれがあるかもしれない。
酒にはどれも、実にいい名前が付いていて感心することしきり。
「ほほう!」と思わず唸る名前もけっこう多い。
ウィスキーの名前も多彩で楽しい。
スコッチ・ウィスキーだけでも無数にある。
今も忘れられない名前のひとつは”王様の身代金(Kings ransom)。いい名前である。     
  道草さんより。

城陽市マンホール


市章を取り囲み外側に向かって市の花ハナショウブと市の木ウメが描かれている。「おすい」の表示。 上部の蝶番部が楕円形で、「おすい」の文字も同心円状に書かれていますね 。
汚水管マンホール蓋
続く:いきいき健康ウォーク2017.3.07「山背古道から青谷梅林」
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加