セコロジストの旅の変遷

最初山登り、次が国内中心の旅、その後海外を旅する。頭と体を最大限使って倹約の旅で現在122ヶ国を旅した。65歳から豪華旅

パプアニューギニアの旅8

2016年10月17日 | Traveling

パプアニューギニアのクルーズでは6つ目の寄港地ラバウルが日本では知られている。ゲゲゲの水木しげるがここでの体験を本にしている。特にここの仮面などが

この辺りの南太平洋は第二次世界大戦で日本が進出して、その後にアメリカの反撃で、未だにその時の残骸が残っている。日本からの観光客は慰霊や遺骨収集などとダイビングの大きく2種類に分かれている。

ここは今までの3つの小島とは違って建物があり、現地人も衣類を身に着けていてタクシーもある。

スノーケルは魚が沢山いて水の透明度もよくて、濃いブルーの深海には吸い込まれるような美しさがあった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パプアニューギニアの旅7 | トップ | ダンスパーティ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。