涙と笑いのHIV奮闘記II

自分とは無関係と思っていた病気の闘病を続けるオヤジの日記。
歳のせいか治療の副作用のせいか忘れ物がひどいんです。

京都へ

2017-06-18 10:25:00 | 美術館・博物館

京都で開催されている「暁斎展」を観に行こうと、朝9時半過ぎに部屋をでました。
駅に向かう途中にアジサイがさいております。

ベビーサンローズ(ハナツルソウ)も線路際に。

ノウゼンカズラも咲き始めていますよ。

車窓から朱雀門。

京都駅まで近鉄で40分くらいですね。

近鉄のホームからJR関空特急はるか。

JRのレール探傷車7700

「暁斎展」が開催されているのはJR京都駅北側の伊勢丹。

JR側から多くの学生が近鉄京都駅に入ってきます。これから奈良観光?

『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに牛肉 | トップ | ついに京都にやってきた「こ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
偶然 (ふじ)
2017-06-19 22:53:51
私も昨日、暁斎展見に行きました。筆使いがやっぱ天才ですね。どうやって書いてるんだか、書いてるとこワープして見に行きたいかんじ。そして思いもよらず、春画があって強烈でした。みんな結構書いてるもんでしょうか?
応挙さまや若冲さんとかも・・・公になってないだけで・・・?
春画 (やじ)
2017-06-19 23:20:47
丸山応挙、伊藤若冲はわかりませんが、菱川師宣、鈴木晴信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳、歌川国貞など多くの人が描いていますね。
明治維新以降に活躍したこともあって、近代的な描写も楽しめた暁斎展でした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。