涙と笑いのHIV奮闘記II

自分とは無関係と思っていた病気の闘病を続けるオヤジの日記。
歳のせいか治療の副作用のせいか忘れ物がひどいんです。

サポートブックを頂きました

2017-07-15 11:00:00 | 読書

今日も朝からいい天気です。
湿度が多いせいか、生駒山はクッキリ、というわけにはいきませんが、
山頂の電波塔もしっかり見え、青空が広がっています。

そして青空に月がうかんでいます。

 

 こういうサポートブックを送付していただけました。
様々な人権の問題が扱われています。

一緒にこんな冊子や、

こんなリーフレットも。

昔、ゲイ向きの雑誌、G-menでかなりSM色の強い漫画を描いていらっしゃった田亀源五郎氏が、
一般男性雑誌月間アクションで連載していた「弟の夫」のコミックがついに最終巻となりました。

自分の双子の弟が同性愛者で、日本に居づらくなってカナダにわたり、カナダ人と結婚。
そしてカナダで亡くなり、そのパートナーが訪れて、様々な葛藤をしてゆく話です。

弟はカナダで楽しく過ごしていたようですが、やはり家族に理解されなかったことを寂しく思っていたようですね。
最後で切なくなりました。

 

 

 

職場には秘密にしている隠れゲイや、
娘の同級生で自分がゲイであることに悩んでいる男の子なんかが出てきて、
なかなか興味深い漫画です。

今日は仕事が休みだったので、朝から頂いたサポートブックや冊子、この漫画を1巻から読んでおりました。

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーン缶をみつけて | トップ | 文楽素浄瑠璃の会のチケット... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。