涙と笑いのHIV奮闘記II

自分とは無関係と思っていた病気の闘病を続けるオヤジの日記。
歳のせいか治療の副作用のせいか忘れ物がひどいんです。

朋臺灣より来たる

2017-05-13 21:00:00 | 食事

お土産にインスタントラーメン。
TTLの「麻油鶏麺」。 

開封してみると、麺の他に日本のインスタントラーメンよりいろいろな小袋。
左のレトルトパックには具とスープ、真ん中の上は純米料理米酒、下は油、右が粉末スープ。 

作り方、なんとなくわかる。
チキンラーメンと一緒で二通りの作り方。

(一)のほうは、丼に麺と粉末スープと調味油とを入れて、500㏄の熱湯をかけて 
蓋をして3分後、レトルトの具と料理酒を加えてよくかき混ぜて完成。

(二)のほうは鍋に500ccの水を沸騰させ、沸騰後に麺を入れ、
三分後に粉末スープ、調味油、料理酒、レトルトの具を加えて良くかき混ぜて完成。 

臺灣にはこれと同じ製品のカップ麺があって、それは同じものがカップに入っているだけだとか。
ということは(一)の作り方であるということです。

味は麺が細目で、ちょっと漢方薬チックな香り。六角がはいっているのかなぁ。?

夕食は彼の希望で握りずしを買ってきました。 

野菜が少ないので、豆苗のお浸しを作ってみました。

日本食大好きな彼は大喜び。
出汁のとりかたを教えてあげると、早速昆布と鰹節を買いに行きたいということで、
予備の昆布と鰹節をお土産に持たせると喜んで帰りました。 

『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昼はカルビ丼、夜は鮭ご飯 | トップ | 三度目の「快慶」展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。