涙と笑いのHIV奮闘記II

自分とは無関係と思っていた病気の闘病を続けるオヤジの日記。
歳のせいか治療の副作用のせいか忘れ物がひどいんです。

朝から道頓堀

2017-07-16 10:30:00 | お出かけ

朝からいい天気となっています。
梅雨明けはまだかなぁ~。(梅雨らしい日はすくなかったですけどね。)

ベランダのオシロイバナに蕾。
何色の花が咲くのかと思っていたら、黄色のようです。

近鉄電車に乗って大阪難波駅まで。

改札を出たところには巨大な夏休み文楽特別公演のポスター。

今年の夏休み文楽特別公演のちらし。

二部名作劇場「源平布引滝」の斎藤実盛。本公演では二代目吉田玉男が遣います。

第三部サマーレイトショーの「夏祭浪花鑑」の徳兵衛女房お辰。本公演では吉田蓑助が遣います。

駅は地下、地上へ上がると以前あった新歌舞伎座が壊され、その面影はありません。

以前難波を経由して南海電車で通勤していたのですが、帰りにこの裏の飲み屋で飲んだくれたものです。

御堂筋の銀杏の樹の下で、自転車を解体して袋に入れている人がいます。
いつかはこんな風に自転車を持って、尾道からしまなみ海道を輪行してみたいなぁ。

ちょっと法善寺水掛不動尊にお参りしてゆきます。

入り口に「浪花名刹 三大不動 西向不動明王」とあります。

西向三大不動とはここと、梅田の太融寺、神津の清水寺にあります。

 

ちなみにこのお不動さんの両隣には「矜羯羅童子」と「制多迦童子」像がやはり苔むした像として立っています。

道頓堀。何やらイベントが行われているようです。

北側にわたって堀沿いに歩いてみます。

太左衛門橋の少し西側に、とんぼりリバークルーズの船着き場。

3枚目の写真の向こうに見えている木の橋が太左衛門橋です。

戎橋からここへ歩いてくる途中、川沿いに鉢巻、腹帯、腰に大漁旗を巻いた裸の男性。

帰るときには3人に増えていました。
その隣ではほかの人も着替えているのが見えますが、女子高生がそれを見て大笑いしていました。

やはり道頓堀といえばこれですよね。

さて今回の目的の場所へ。

『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良国立博物館で「地獄極楽... | トップ | 大阪松竹座新築会場二十周年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。