涙と笑いのHIV奮闘記II

自分とは無関係と思っていた病気の闘病を続けるオヤジの日記。
歳のせいか治療の副作用のせいか忘れ物がひどいんです。

三度目の「快慶」展

2017-05-14 14:00:00 | 美術館・博物館

ここ5日間、快慶展の記事が連載されており、
もうこれが最後ということで奈良国立博物館にまたまたでかけてきました。
今日は後期展示です。

金剛峯寺の孔雀明王坐像がもう展示されおらず、その写真がパネル展示になっていたのは残念でした。

出展品一覧をみると5/16~は藤田美術館の地蔵菩薩立像、阿弥陀如来立像が展示されるらしいです。
なので、また観に来るかも。 

 


駅からてくてく歩いて行きました。
天気が良くて汗ばむくらい。

いつも通りまず氷室神社に寄ってみました。

もう枝垂桜はすっかり葉桜ですが、池に睡蓮が咲き始めています。 

その南側には奈良国立博物館。

そして西の「なら仏像館」(旧本館)。

今日も庭園が開放中でした。

ニワゼキショウ。

 睡蓮鉢と鯉。

今日買った絵葉書。
あまりに綺麗な色が残っていたので、江戸時代の作品かと思っていたら、実は1201年快慶作の僧形八幡神坐像。

 

そして京都正壽院不動明王坐像。
うちは真言宗なので、仏壇には中央に 大日如来 向かって右側に弘法大師、 左側に不動明王をまつってあります。

 

春日大社の塔(神社なのに東塔・西塔があったのです)の跡の木陰に多くの鹿が休息中。

興福寺五重塔の北側から南円堂と北円堂。

東金堂と五重塔。

南円堂北にある藤棚の藤はすっかり散ってしまっています。

ところが東にある不動堂の藤棚にはまだ八重の藤が残っています。

南円堂前の橘に、花と実。

猿沢池の方に降りる階段から三重塔の方。

相変わらずの人だかりの中谷堂の餅つきを横目に、東向商店街へ。

昨日唐招提寺でうちわ撒きだったのですが、有名人による団扇がきっと南都銀行に展示されているとおもったら、
今年も展示されていました。 

もう1時。
腹が空いたので、「釜粋」さんで遅めの昼食。
鶏ちく天ぶっかけ冷や。
ここはJAF優待があって無料で大盛りにできます。 

さて、この後、近鉄電車に乗って学園前駅まで。

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朋臺灣より来たる | トップ | 大和文華館で国宝「松浦屛風... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。