涙と笑いのHIV奮闘記

自分とは無関係と思っていた病気と思いがけなく向かい合い、闘病を続けるオヤジの日記。
仕事に趣味に彼氏との生活に奮闘中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名古屋市立美術館:北斎展

2008年02月12日 | お薦め

次は名古屋市立博物館へ行く予定だったのですが、
名古屋市立美術館で「北斎展」をやっているとのことで、急遽変更。

ボストン美術館にも数枚の作品が展示されていましたが、
こちらには北斎の作品がごっそり展示されていました。

北斎は西洋の画法に習熟し、独自の絵画を作り上げました。
大胆な構図、大胆な色使い、ダイナミックな表現。
きっと誰もが目にしたことがあると思います。

あの、ゴッホも北斎に魅了されたといわれています。
有名な冨嶽三十六景もたくさん展示されていました。


    

    

   

有名な北斎漫画。

しかし北斎はこんな絵画も描いていたのです。    

  

あまり北斎らしくないですね。

これなど、西洋絵画?と思うような絵です。

ここの図録も欲しかったのですが、
ボストン美術館と二冊となると重くって無理!
なくなく、ちらしだけもらって帰りました。

浮世絵どっぷりの一日目でした。

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋ボストン美術館:浮世... | トップ | 夕方:コメダ珈琲とテレビ塔... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先日は (タロウ)
2008-02-12 19:00:41
先日はお疲れ様でした。
ちょっとした?ハプニングもありましたが、楽しい休日を過ごせました。
北斎展、ぶ~ちゃんも凄く行きたがってるんですよね。
トプカプよりは自分も見れると思うので、今度行ってみようと思います。
かなりのハプニングです (やじ)
2008-02-12 19:58:34
>タロウさん
北斎の有名な浮世絵のほか、
意外な作品がたくさんあって、楽しめました。
ボストンのほうと同じものがありましたが、
ボストンのほうが美しいです。
両方お勧めですよ。
ちなみに、半額になりましたよ。

コメントを投稿

お薦め」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。