gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

struggle my squad

2017-07-23 14:40:17 | 日記
昨日のライブ各バンド本当にありがとう。

◾️cloud nine(9)

僕らの唯一の同期と言っても過言ではないくらい関西を共に歩んできたバンド。

音楽性も初期とはだいぶちがうし、彼らは変化することを選んでいる。

そのスタンスは本当に尊敬してるし、ドンドンかっこよくなってライブを観るたびに楽しみが増す。
向かう方向に原本はない。
それが彼らを一文で表すとちょうどいいのかもしれない。

お手本がない彼らはジャングルのような曲があって、徹する姿勢は本当にすごい。

◾️e;in

かなさんがいるアイン。
かなさんは僕がバンドを始めた頃から面倒を見てくれている1番尊敬している人。

その音楽性は、みんなが知りたくても知ることができなかった「音の美学」を具現化してるようなそんな音楽をやっている。

バンドスタイルは僕らと一緒でもやってることは真逆で、目をつむって無心で聴いてほしい。

音だけであなたは酔えるはず。
それくらい美しい音楽をしているバンドだから。

◾️elephant

このバンドは2015年の冬、突如として出会うことができた新進気鋭の存在。

僕は日本の音楽シーンの10年後をいち早く知ることができたような感覚だった。

彼らの音には未来を感じる。
特に僕はギターに感動していて歌っている瞬間もギターに妥協は一切ない。
そのスタンスが本当に大好き。

超越した3人は何人分の音を出すのか、そういうところを知り得ていくのが本当に楽しいバンド。

◾️AGATHA

マスロックをマスロックで終わらせない。
そんなことを感じさせるくらい曲に深さがあるバンド。

彼らのリフには意志がある。
どういう思いを持って作ったのか背景を知りたくなるような音を出すバンド。
おもしろさではなくて、曲の良さを重きを置いてるような気がして僕は本当に好き。

あんま後輩とも思ってなくて、一緒に歩んでいきたい仲間というのかな。
自信がそこに感じれるからそう思うのかもしれない。

◾️とある京都のインストバンド

そして自分のバンド。

自分のバンドを一言で表現するなら
「保守派と先進派の融合」これに尽きると思う。

日本のインストはというかインストに限らずこの界隈周辺の音楽は「職人要素」が強い。
インスト特有の展開の斬新さは発見があっておもしろいことだらけ。
この文化は伝えていきたい要素だね。

一方で詞がない分、個人的に背景が伝わらないことが残念な部分でもある。

僕が目指しているのは、保守派にも先進派にも偏らない方向性。

インストでも必ずストーリーを感じれる「芸術に生きる衝撃」があってほしいなと思っている。

ギターリフには全て背景があって、みんな自由に聴いて幸せになってくれれば嬉しいです。

本当にこの企画は楽しかった!ありがとう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋編 | トップ | 人生を共に、君と一緒に歩い... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。