goo

『さようなら、オレンジ』(読書メモ)

岩城けい『さようなら、オレンジ』ちくま文庫

母国アフリカで戦争に巻き込まれたサリマは、子供たちを連れてオーストラリアの田舎町にやってくる。まずは精肉工場で牛をさばく仕事を見つけ、母語しか話せないサリマは職業訓練校で英語を学ぶ

本書を読んで感じたことは、「目の前の課題に対し、誠実にコツコツ取り組むとき、信頼できる人々とつながることができる」ということ。

母国の紛争、知らない土地での生活、離れていく夫といったハンディを抱えているにもかかわらず、前を向いて歩くサリマには、慕ってくれる友人や誠実なボーイフレンドが現れる。

地道に頑張る人に、光が注がれることがわかる小説である。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 平和な人には... 研究という悪... »