goo

原点に回帰する

『チェブラーシカ 動物園へ行く』を監督した中村さんは、小さい頃、映画監督になるのが夢だったという。

でもものすごい人見知りで、映画監督はたくさんの人と話さなきゃいけないから無理だなと気がついて、それなら漫画家になろうと思ったんですが、絵を描くのは難しいなと、その後いろいろ考えて辿り着いたのが脚本家の仕事でした」(p.6)

その後、ラジオ番組の脚本や構成を担当していた中村さんは、現在、映画監督の仕事をしている。

はじめに抱いてた思いが強いと、たとえ別の世界を旅していても、巡り巡って再び原点に回帰するのだな、と感じた。

出所:ビッグイシュー日本版Vol.291
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい

思い煩いは、何もかも神にお任せしなさい
(ペトロの手紙5章7節)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

命を引き継ぐ

映画『チェブラーシカ 動物園へ行く』を制作した中村誠監督は、同時上映の作品『ちえりとチェリー』の中に、母の死の体験を込めているという。

父親を亡くしたショックから立ち直れずにいる主人公のちえりが、空想の冒険を通して、父の死を乗り越えるという物語らしい。

中村監督はいう。、

「亡くなった人の気持ちを知ることはできないから、残された人が考えるしかない。でも実は亡くなった人の気持ちはちゃんと引き継がれているんです。たとえば僕の考えや思いを誰かに伝えると、それは僕が死んだ後も誰かの中で生き続けると思います。肉体は滅びても、命は引き継がれていくのだと感じることで、僕は母に対する思いに決着をつけることができたような気がしたんです」(p.06)

語ること、伝えることで、他者の命が引き継がれる、という考えに感銘を受けた。そう考えると、ひとりの人の中には、さまざまな人が生きていることになる。

大事な人の語りを聞くこと。大事な人に語りかけることの大切さを感じた。

出所:ビッグイシュー日本版Vol.291

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『いつか陽のあたる場所で』(読書メモ)

乃南アサ『いつか陽のあたる場所で』新潮文庫

この小説はタイトルがいい。

いくら失敗したとしても、何とか取り戻せる希望のようなものが感じられる。

どこかで聞いたことがあるタイトルだと思ったら、以前NHKのドラマで放映されていたことを思い出した(ストーリーはかなり違うが…)。

前科のある二人の女性が社会復帰した後、不安の中で精いっぱい生きる姿が描かれているのだが、「普通に生きること」がいかに幸せであるかを実感することができる。

例えば、主人公の芭子(ハコ)についての記述。

「このところ、芭子はアルバイト先で必要に迫られたこともあって、パソコンの使い方を覚えた。今まで毛嫌いしてきたが、実際に使ってみると便利なことが分かったし、その上、インターネットにも少し慣れてきて、ついこの間、思い切って念願のノートブックパソコンを買ってしまった。今は、暇さえあればパソコンに向かっている。刑期を終えて一年半、ひたすら息をひそめて、目立たないように、地味に、質素に暮らしてきた芭子にとって、それは、初めて得た趣味であり、潤いであり、新しい世界だった」(p.190)

何気ない日々の生活の中にある「ありがたい恵み」を、再めて噛みしめる必要があると感じた。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

知恵ある者は、その知恵を誇るな

知恵ある者は、その知恵を誇るな
(エレミヤ書9章22節)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ふうむ」

『ノルウェイの森』は不思議な小説である。

あまり共感できないのに、印象に残る部分があるからだ。しかも、メインストーリーではなく、ごく些細な点

主人公ワタナベが、友人(?)の緑と会話するシーン。

「何か用事でもあったの?」
「別に用事なんかないわよ。ただ電話してみただけよ」
「ふうむ」と僕は言った
「『ふうむ』って何よいったい、それ?」
「べつに何でもないよ、ただのあいづちだよ」と僕は言った。
(下巻p.45)

なぜか、この「ふうむ」が気になってしょうがない。読み終わった後、ずっと記憶に残っているのが、この「ふうむ」なのだ。

ストーリーよりも話し方のスタイルが気になった小説という意味では、レイモンド・チャンドラーのマーロウ・シリーズと似ている。

そういえば、村上春樹はチャンドラー小説の翻訳をしていたのを思い出した。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『ノルウェイの森』(読書メモ)

村上春樹『ノルウェイの森』講談社文庫

以前、この本を読もうと思ったが20ページくらいで挫折してしまったことがある。今回もう一度トライし、何とか読み終えた。

ノーベル賞候補者だけあって才能は感じたものの、ストーリーや登場人物に今ひとつ共感できなかった、というのが正直な感想である。

しかし、ひとつ印象に残った箇所があった。それは、大学生である主人公ワタナベが恋人の直子に出す手紙の中の一部である。

「ときどき淋しい気持ちになることはあるにせよ、僕はおおむね元気に生きています。君が毎朝鳥の世話をしたり畑仕事をしたりするように、僕も毎朝僕自身にねじを巻いています。ベッドから出て歯を磨いて、髭を剃って、朝食を食べて、服を着がえて、寮の玄関を出て大学につくまでに僕はだいたい三十六回くらいコリコリとねじを巻きます。さあ今日も一日きちんと生きようと思うわけです」「朝ベッドの中で君のことを考えればこそ、さあねじを巻いてきちんと生きていかなくちゃと僕は思うのです」(p.104-105)

ねじを巻く」という表現がとてもいい。

人はいろいろなものを背負って、毎日勉強や仕事をしているのだが、このワタナベと一緒で、一生懸命ねじを巻きながら、その日その日を何とか乗り切っているのではないだろうか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あなたがたに平和があるように

あなたがたに平和があるように
(ヨハネによる福音書20章19節)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『にごりえ 現代語訳・樋口一葉』(読書メモ)

樋口一葉(伊藤比呂美他訳)『にごりえ 現代語訳・樋口一葉』河出文庫

『たけくらべ 現代語訳・樋口一葉』に続いて読んでみた。

一葉の小説は全体的に暗いのだが、その中でも異色であったのは「大つごもり」(ちなみに、大つごもりとは大晦日のこと)。ある裕福な家のお手伝いの娘が主人公なのだが、エンディングが明るい

しかし、はやり心に響くのは悲しい作品である。「にごりえ」も良かったが、ずんときたのは「ゆく雲」。人生にからめとられる女性のはかなさが伝わってくる。

途中までは何のことはないストーリー展開なのに、最後に「えっ」と思わせる。

一葉は最後の「落とし」が上手いな、と思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

わたしたちは粘土、あなたは陶工

わたしたちは粘土、あなたは陶工 わたしたちは皆、あなたの御手の業
(イザヤ書64章7節)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ