福井県議会議員 さとう正雄 福井県政に喝!

福井県議会議員・さとう正雄の活動日誌。ご意見・情報は mmasao.sato@gmail.com までお願いします。

原発「もんじゅ」、関係者の苦言

2010年02月27日 | Weblog
元日本原子力研究所労働組合委員長の花島進氏が原発「もんじゅ」について書いている。

● 激しい化学反応が生じる水とナトリウムの間の熱交換システムの欠陥。常識的な感覚でまずいものが内部で批判されない。
● 基盤とすべき技術水準が低い。すべてが業者まかせになってしまい、技術の要をおさえることができない。
  旧サイクル機構では、隣の人の仕事がおかしいと思っても、間違いを指摘したり議論したりする雰囲気がない。
 いろいろな段階の公式安全審査も大切だが、それ以前に問題発見のさまざま機会を大切にする必要がある。

花島氏はさらに、「ねじを締めたり、施設の腐食を管理したりを確実にできることなどの常識的センスを持つことなしに『世界の先端』といっても砂上の楼閣」と手厳しい。
いま、内部では「KYT」(危険予知トレーニング)などペーパーでの職場管理がすすめられているという。
「広い意味での技術の向上がない限り、品質保証活動など無駄なことだ」・・・花島氏の指摘を原子力機構はかみしめるべきだろう。また、機構の「仕事ぶり」を判断する福井県も、もんじゅ運転再開を、「地域振興・新幹線」と取り引きする視点では、目が曇るのではないか。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長谷川等伯 高齢者集会 | トップ | 津波てんでんこ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。