福井県議会議員 さとう正雄 福井県政に喝!

福井県議会議員・さとう正雄の活動日誌。ご意見・情報は mmasao.sato@gmail.com までお願いします。

少年ジャンプの思い出、富山の政務活動費不正に思う

2016年09月18日 | Weblog
 少年ジャンプの「こち亀」が終了するというので大きなニュースにもなっている。私も議員になる前は喫茶店・食堂などで食事の際によく読んでいた。(議員になってからは体裁を気にして新聞に・・・・)
 中学高校時代は、ジャンプ、サンデー、マガジンなどよく読んだ。
 新人漫画の募集も載っていたが、こちらはまったくダメ。ジャンプに作文募集が載ったことがあり、こちらに応募した。
 学校から帰ると、母が「シャンプーがきた」と大声をあげたが意味がわからない。応募した作文が入賞して、賞品の自転車が少年ジャンプから届いていた。
 その前だったか、集落で火事があった。
母から「正雄、その自転車は火事で家を失くした○○ちゃんにあげなさい」と言われた。
意味がわからず、僕はすぐ返事をせずにいると
母は「○○ちゃんは家も自転車も失くしたんだから。正雄は2台もいらないでしょう」とたたみかけてきた。
 あとから考えればへんな「理屈」ではあるが、その時は「たしかに2台あってもな。困っているならあげてもいいか」と単純に考え了解した。
 清貧で正直、困っている人がいたら助け合う。という雰囲気の家であったし、集落であったように思う。
 いま、これを書いたのは、富山市議会、富山県議会の政務活動費が連日、全国マスコミでも報道され、連日のように議員辞職者がでている。不正の雪崩がおこったかのようだ。
 議員個人の誤りではなく、自民会派や民進会派が組織的に政務活動費を詐取していた点が、例の兵庫県の県議のケースよりも悪質だし、議会としての責任がつよく問われることになる。
 税金である政務活動費を詐取することは「犯罪」とわかっていながら、やめられない、「みんなで渡れば怖くない」、とまらない状態だったのだろう。
 誘惑というものがある。
富山でも、政務活動費不正で「私腹を肥やす」ことに誘惑された議員がつぎつぎ飲み込まれていった。
 私も、ある業者に支払いにいったら、「領収書の金額はいくらにしておきますか」と聞かれ、一瞬意味がわからなかったが、すぐ、「支払いの金額で」と答えたことがある。
 富山では領収書金額の水増しや偽造などで不正に得た多額の政務活動費を飲食費や選挙費用に使ったという。
 彼らに投票した多くは清貧で正直な市民たちだろう。そういう人たちの1票を裏切った。多くの清貧で正直な市民を欺き、「私腹を肥やした」罪は重い。ぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広域原子力防災訓練を検証。... | トップ | 街頭宣伝で、本日の戦争法発... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。