福井県議会議員 さとう正雄 福井県政に喝!

福井県議会議員・さとう正雄の活動日誌。ご意見・情報は mmasao.sato@gmail.com までお願いします。

国民救援会福井支部大会。本日午後2時から福井駅東口アオッサ前で、憲法9条をかえないで!スタンデイング

2017年11月19日 | Weblog

 昨日は、国民救援会福井支部大会でご挨拶。総選挙後の改憲めぐる情勢とたたかい、共謀罪につづいて福井県でも冤罪をつくりかねない迷惑防止条例がつくられたことなどを交えてお話ししました。

 これまでも、福井の女子中学生殺人事件・前川事件のえん罪など全国各地でえん罪事件が相次いでいます。

戦争する国づくりとともに共謀罪などがいつ市民に牙をむくか、わかりません。野党と市民の共同を広げ、改憲やめさせ、戦争法や共謀罪を廃止する政治をつくりましょう!

 

 本日午後2時から3時まで、福井駅東口アオッサ前で、憲法9条をかえないで!スタンデイング、宣伝署名行動です。ぜひ、ご参加ください。ご協力ください。

 

 

 

 それにしても、廃炉費用を流用し、廃炉困難、と報道された日本原電。ひどい話です!

原子力を担う資格に欠けているといえます。

 

■≪日本原電が原発の廃炉費用を流用、積み立て金1800億円が更地に消えるミステリー≫


https://www.excite.co.jp/News/it_g/20171117/Buzzap_46048.html
BUZZAP!  2017年11月17日 17時33分  (2017年11月17日 20時45分 更新)


★原発の廃炉費用を流用したのみならず、その費用で建設していたはずの原発は更地のままでした

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼原発専業会社の日本原子力発電(原電)が、廃炉のために準備しておくべきお金を流用し、残高が大幅に不足するという呆れた事態が発生していることが明らかになりました。

原電が保有する原発4基のうち、東海第二原発は2018年11月に運転開始40年を迎え、敦賀原発2号機は建屋下に活断層が走っている可能性が指摘されています。
仮にこれらの原発が廃炉の判断を迫られた場合、原電が作業に必要な費用を賄えない可能性が出てきました。

経済産業省の省令では、原発事業者は保有する原発の廃炉費用を見積もって毎年解体引当金の名目で積み立てるよう義務付けられていますが、
積み立てたお金を一時的に別の用途に使うことは禁じていません。



原電の場合では廃炉作業中の東海原発と敦賀原発1号機を含む4基の廃炉にあてるため、総額1800億円前後の解体引当金が積み立てられている計算のはずが、
関係者によると「大半を流用してしまった」とのこと。

福島第一原発事故の前に原電は金融機関からの借金を増やさない目的で解体引当金を敦賀原発3、4号機の建設費に流用することを決めたとのこと。
しかし福一事故後に原電の全原発が停止して資金繰りが厳しくなり、穴埋めする余裕がなくなって流用が続きました。
原電はこうした事態に至りながらも解体引当金をどの程度使ったかを明らかにしていません。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼ ではその敦賀原発3、4号機がどうなっているかというと、2017年4月の時点ではまだ更地のままで放置されています。

原電の公式サイトによると、2004年7月から敷地造成などの建設準備工事に着手しており、建設予定地敷地造成が完了したのは2010年3月のこと。

東日本大震災直前の2011年2月に原電が見直した工程では、着工が2012年3月、運転開始は3号機が2017年7月、4号機は2018年7月の予定でしたが、福一事故によって国の安全審査が棚上げされ、約5年間工事は進んでいません。地図の左手にある広大な更地が敦賀原発3、4号機の建設予定地です。。



福一事故前に解体引当金の流用を決めたということであれば、その時点では建設予定地敷地造成は終了していたはずです。
つまり、5年間放置された更地に1800億円が吸い込まれて消えてしまったということになります。

なお、原電は既に総事業費約7700億円のうち敷地造成工事などに約1400億円を投じています。
また震災前の計画は新規制基準に対応していないため、総事業費はこの数字よりも増える可能性が高くなっています。
自身の所有する原発の廃炉費用すらままならない状態で、この敦賀原発3、4号機を稼働させるまでの費用をどこからどのように捻出するつもりなのでしょうか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前進座 たいこどんどん福井公演。中嶋さんを故郷に迎えて

2017年11月14日 | Weblog

    昨日は、福井市九条の会のスタンディング、かねもとさんらとの宣伝、午前午後と会議、そして夜は前進座 たいこどんどんの福井市文化会館での観劇でした。

   たいこどんどんの観劇は2度目です。あわら市出身の主役の中嶋さんを迎えて、観客の皆さんも楽しみました!終演後のロビーも盛り上がってましたね。

   小中の同級生とも再会しました。

    実行委員会の皆さんは、後片付けのお手伝いまで!後片付けの時間も俳優、スタッフの皆さんと過ごしました。お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元で ウォークラリー。いよいよ本日、前進座「たいこどんどん」福井市文化会館公演!

2017年11月13日 | Weblog

 昨日は地元地区のウォークラリー。
少し肌寒い天気でしたが、みなさん地域に設定されたポイントを回りながら、ナゾナゾを解くゲームを楽しみました。
ゴールした後は、鍋や焼きそばで舌鼓

  しかし、ナゾナゾは子どもの頭の方が柔軟ですね。私は地区の役員とのペアでしたが、なかなかでした。

  準備された役員などのみなさん、お疲れ様でした。

 

 

 


  いよいよ本日13日となりました、前進座「たいこどんどん」福井市文化会館公演自由席なら当日観劇できるようです。
福井出身の主役・中嶋さんの公演を盛り上げていきたいものですね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東大地震研・平田氏の講演。防災住宅、横網公園、豊洲市場など視察

2017年11月12日 | Weblog

    昨日は引き続き、災害対策全国交流集会で東大地震研究所の平田直先生の講演をお聞きしました。地震学の到達と防災対策、地域、住民の課題。従来の対策を見直し、社会全体での備えの重要性を力説されました。

    午後は視察ツアー。広大な防火壁となり延焼を防ぐ公営住宅。放水銃まで備えられています。美濃部革新都政時代につくられた、その先進性に驚きました。

    東京大空襲、朝鮮人虐殺事件を記憶する横網公園。資料館は改修中で見学できず、残念でした。

  豊洲市場の無謀さ、防災研修施設の充実ぶり、などびっしりの視察でした。

東京災対連のみなさんには大変お世話になりました。ありがとうございます。

 

  平田直先生の講演

 

防火壁の役割もつ公営住宅。放水銃まで!

 

 

 横網公園

 

 

無謀な豊洲市場

 

充実の防災研修施設

 

今日の赤旗より

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

災害対策全国交流集会。原発事故・再稼働分科会で発言

2017年11月11日 | Weblog

   昨日は、東京で開催されている災害対策全国交流集会に参加しました。

日本共産党国会議員団から、田村衆議院議員が来賓あいさつ、武田参議院議員、いわぶち参議院議員も紹介されました。

    福島原発事故と再稼働問題の分科会では、鈴木浩 福島大学名誉教授が講演、各地のたたかいや現状も交流しました。私も発言しました。北信越地域では新潟、石川の方々の発言もありました。

    改めて、福島原発事故の実態と住民の皆さんのご苦労、政府・東電の横暴な対応をお聞きし、再稼働反対の思いを強めました。

 

来賓あいさつされる田村衆議院議員

 

武田参議院議員

 

いわぶち参議院議員

 

鈴木浩 福島大学名誉教授

 

増田善信先生と

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憲法9条改憲、戦争する国づくり反対総がかりアクション会議

2017年11月10日 | Weblog

    昨日は、新幹線福井延伸と在来線を考える会の会議で、福井県への申し入れや今後の運動方針を討議しました。

    また、戦争する国づくり反対総がかりアクションの会議では、自民党が憲法9条改憲案を国会に提出する方針を明確にしたことを受け、全国3000万署名運動の成功へ向けた意見交換と取り組み方針を相談しました。

    アメリカいいなりで次々と武器を購入し、自衛隊をアメリカ軍とともに戦争する軍隊とする野望を許してはなりません。

 

 

昨日の福井新聞より

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福井市9条の会憲法カフェ。ジャーナリスト佐野さん、南さんを迎えて開催

2017年11月05日 | Weblog

 昨日は福井市9条の会の憲法カフェ。

素敵なお店「カフェさくら通り」でジャーナリストの佐野周一さんのお話し、若手記者の南さんと海道弁護士のトーク。

 佐野さんは入社当時の大争議の話や福井新聞危機時代の話にもふれ、「外勤記者30年、労組役員15年、憲法に守られて労働運動もできた」と述懐されました。「現在は、地域で9条の会に取り組み、宣伝活動もがんばっています」と話されました。

 トークのなかで南さんは「衆院選のマスコミをみても、政局報道に偏っていたのではないか。安倍政権の森友・加計問題や各党の政策などが伝わらなかったのでは」と話しました。

また、若者の「保守化・自民支持」について、「学生時代にデモに行くと『デモちゃん』といわれた。批判だけしている異質な存在にみえる面があるのでは。Twitterなどでも動画を短くするなど若者向けの発信が大事」などと語りました。

 最後に、福井音楽9条の会のみなさんとうたごえを楽しみました。(私は別の会議で中座しました。すみません)

 若者はもちろん、ひとりひとりに響く訴えをつよめて、戦争する国づくりノー、9条改憲ノー、を広げなければ、と思いましたね。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9条改憲ノー!本日、福井市9条の会憲法カフェにご参加を。街頭宣伝、再稼働反対金曜行動

2017年11月04日 | Weblog

 安倍政権の憲法改憲許さない! いよいよ本日4日に開催します!福井市9条の会憲法カフェ。
元福井新聞の佐野周一さんのジャーナリストトークが炸裂若手ジャーナリストとの対談や、うたごえにも期待です。

ぜひ、ご参加ください。


 昨日は、「9条改憲ノー」の声が4万人のうねりとなって国会周辺に響き渡りました。福井県からも参加しました。

私は、金元書記長とともに、福井市内を9条改憲許さない!と宣伝しました。総選挙直後でもあり、大きな反響、金元さんの演説に演説箇所ごとに家々からでてきての激励などいただきます。選挙戦最中を超えるような反応です。みなさん、安倍政権の勝利で不安がひろがっており、日本共産党に期待されているのでしょう。がんばりましょう。

 夜は、再稼働反対金曜行動。共産党からは金元書記長と私が参加。20日の裁判支援ツアーの訴えや関西住民との連携強化目指す報告などがありました。私は、安倍政権継続が選挙で決まるや、関電社長が「国が支援するなら、美浜で原発建設」などと発言したことを批判しました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月13日、前進座「たいこどんどん」公演迫る。主役・中嶋さんは福井県あわら市出身です。

2017年11月02日 | Weblog

 総選挙で実行委員会の取り組みも中断気味でしたが、前進座「たいこどんどん」公演が11月13日夜にせまってきました。実行委員の皆さまは最後の追い込みで、福井県あわら市出身の主役・中嶋さんの公演を成功させようと奮闘されています。

 井上ひさし原作の、楽しめる演目です。なかなか福井で前進座の生の舞台を観る機会はそう多くはありませんのでこの機会にお見逃しなく。

 私は個人的には学生時代に「怒る富士」を名古屋で観たのが前進座との出会いで、すごい迫力でファンになりましたね。

 今回は、「たいこもち」の主役を中嶋さんがつとめられます。

 余談ですが、福井市には現役の「たいこもち」がおられます。最初に中嶋さんが県議会控室にあいさつにみえられた時にご紹介したら、びっくりされ、さっそく会いにいかれたそうです。

  ということで、中嶋さんのふるさと公演成功に頑張りましょう。チケットご希望の方はご連絡ください。
 日本共産党北越地区委員会でも扱っています。0776-27-1380(担当 佐藤八千代)

 

三越劇場にて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月4日は憲法カフェに。元福井新聞・佐野周一氏がお話し。街頭宣伝、てくてく訪問活動・・・

2017年10月31日 | Weblog
安倍政権継続でいよいよ改憲か!?
 ぜひ、福井市9条の会憲法カフェにご参加ください。

★第6回 憲法うたごえカフェ★
「私と憲法~マスコミの立場から」

日時 11月4日(土)14時~16時
会場 カフェさくら通り 福井市春山1丁目1-14福井新聞さくら通りビル1F

講師 佐野周一氏(元新聞記者)

 講演の後、マスコミ・若者と憲法というテーマで、若手新聞記者と弁護士との対談もあります。

参加費 500円   コーヒー、ケーキ代込み


http://www.fukui03.sakura.ne.jp/image/6caffe.pdf

 

 

 昨日は、かねもと書記長らと街頭宣伝。選挙後、有権者に「国政報告」しないのではなく、野党の質問時間削減策動など安倍政権の悪だくみをひきつづき告発し、政治を国民の手に取り戻すために日本共産党はがんばります。

 私は、関電社長が美浜原発建設に言及したことについて、国の財政頼みで原発推進するのではなく、関西住民・自治体から求められてもいない再稼働など原発推進政治を変えよう、と訴えました。

 てくてく地域訪問でも、すごく歓迎されますね。総選挙での日本共産党のがんばりは確かに福井市民のみなさんにも伝わったと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍改憲許さず、戦争にすすむ国づくりSTOP!の運動を

2017年10月26日 | Weblog

 

 昨日は午前、午後と総選挙をうけた会議などがつづきました。

福井県の総がかりアクションでは会議を先日開催し、この間の戦争法廃止、改憲反対の運動をさらに強化していくことを確認しました。

 そして11月、12月のそれぞれ19日にスタンデイングと集会をおこなうことが決まりました。詳細は後日発表されます。

 全国的には11月3日に国会周辺での大規模行動が展開されます。福井県内の各団体からも参加します。

 

■赤旗・・・・強力な対抗勢力の再構築を   総選挙結果 市民連合が見解

安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)は23日、総選挙の結果を受けて見解を発表しました。「今回の市民と野党の共闘の成果を踏まえ、立憲野党が、無所属、その他の心ある政治家とともに、強力な対抗勢力を再構築することを心より期待し、市民連合もできるかぎりの応援をしたい」と表明しています。

 見解は、「与党の巨大な議席は、勝者にボーナスを与える小選挙区制度がもたらした、民意からの乖離(かいり)といわなければなりません」と指摘。「前原誠司代表が希望の党への合流を強引に推し進め、民進党を分裂させ、野党協力の態勢を壊したことは、強く批判されるべきだと考えます」とのべています。

 立憲民主党が野党第1党になったことにふれ、「立憲主義を守る一応の拠点ができたことは一定の成果と言えるでしょう」とし、「この結果については、自党の利益を超えて大局的視野から野党協力を進めた日本共産党の努力を高く評価したいと考えます。社会民主党も野党協力の要としての役割を果たしました」とのべています。野党共闘の構築に取り組んだ市民に対して心からのエールを送っています。

 安倍政権が狙う改憲発議に対して「反対」を表明し、立憲野党とともに大きな運動をつくっていく決意を明らかにしています。


市民連合の「見解」 全文

 総選挙の結果を受けて「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」(市民連合)が23日に発表した「第48回衆議院議員選挙に関する見解」は次のとおりです。

 10月22日に投票が行われた第48回衆議院議員選挙において、自民党・公明党の与党が3分の2の議席を確保する結果となりました。市民連合は、安倍政権がこの多数基盤の上に、憲法の基本精神を破壊する方向でその改定を具体化することを強く危惧(きぐ)します。

 選挙戦の中で行われたいくつかの世論調査では、内閣支持率が低下し、不支持率を下回るものもありました。その意味で、国民は安倍政権を決して信頼したり、評価したりしているわけではないことは明白です。投票率も戦後最低レベルに留(とど)まってしまいました。与党の巨大な議席は、勝者にボーナスを与える小選挙区制度がもたらした、民意からの乖離(かいり)といわなければなりません。

 野党側では、民進党が分裂したことが与党の大勝を招いたことも事実です。総選挙における立憲勢力の前進のために市民と野党の協力体制の準備を進めていたことを無視し、前原誠司代表が希望の党への合流を強引に推し進め、民進党を分裂させ、野党協力の態勢を壊したことは、強く批判されるべきだと考えます。

 しかし、立憲民主党が選挙直前に発足し、野党協力の態勢を再構築し、安倍政治を憂える市民にとっての選択肢となったことで野党第一党となり、立憲主義を守る一応の拠点ができたことは一定の成果と言えるでしょう。この結果については、自党の利益を超えて大局的視野から野党協力を進めた日本共産党の努力を高く評価したいと考えます。社会民主党も野党協力の要としての役割を果たしました。

 そして何よりも、立憲野党の前進を実現するために奮闘してきた全国の市民の皆さんのエネルギーなくして、このような結果はあり得ませんでした。昨夏の参議院選挙につづいて、困難な状況のなかで立憲民主主義を守るための野党共闘の構築に粘り強く取り組んだ市民の皆さんに心からエールを送ります。

 与党大勝という結果は残念ではありますが、安倍政治に対抗すべき市民と野党の共闘のあるべき姿がこの選挙戦を通じて明確になったことには意味があると思われます。違憲の安保法制を前提とした憲法9条改悪への反対と立憲主義の回復などを共通の土台とした今回の市民と野党の共闘の成果を踏まえ、立憲野党が、無所属、その他の心ある政治家とともに、強力な対抗勢力を再構築することを心より期待し、市民連合もできるかぎりの応援をしたいと考えます。

 衆議院で与党が3分の2を確保したことにより、安倍政権・自民党は近い将来、憲法改正の発議を企てることが予想されます。もちろん、現在の国民投票法は、運動に関する規制があいまいで、資金の豊富な陣営がテレビコマーシャルなどを通して民意を動かすことができるなど大きな欠陥があり、市民連合は現行制度のままでの改憲発議に反対します。しかし、万一、与党が数を頼んで改憲発議を行った場合、市民連合は国民投票において、安倍政権の進める憲法改正に反対するための大きな運動をつくるために、立憲野党とともにさらに努力を進めていきたいと考えます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総選挙、藤野議員再選、かねもと候補大健闘! 地元の湊公民館・小学校でフェスティバル

2017年10月23日 | Weblog

    総選挙は、比例代表で藤野やすふみ議員の再選を勝ち取ることができました。

また、かねもとさん、猿橋さんも大健闘の結果でした。

      全力で改憲許さず、平和と暮らしを守るためにガンバリマス!

引き続きのご支援、よろしくお願いします!

 

   福井新聞より

 

 

 

 福井県内も昨日から暴風雨です。大丈夫でしたでしょうか。

市役所、町役場は投票開票業務と、災害対応が重なり職員配置も大変な状況でしょう。どちらも最重要です。お疲れ様です。

 昨日は、地元の湊公民館、小学校でフェスティバルでした。多くのみなさんからお声かけいただきました。ありがとうございます。地域功労などで表彰をうけたみなさん、おめでとうございます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍政権と補完勢力を市民と野党の共闘で追いつめよう!街頭演説会、街頭訴えに大きな激励

2017年10月16日 | Weblog

  昨日は午前中は小浜市での原発問題全国交流集会、午後には福井市にもどり、かねもと1区候補とともに西武前での街頭演説会、その後は候補者カーに同乗。街頭演説会でも、市内遊説でもたくさんの激励をいただきました。比例代表は日本共産党、福井1区は かねもと幸枝に!

 街頭演説会では、社民党の龍田代表は「安倍政権・希望の党など自民の補完勢力 VS  市民と野党共闘のたたかいだ」と。また、9条の会ふくいの屋敷事務局長、子育て中ママのヤングさんからも激励の応援演説をいただきました。ありがとうございます!

 

 夜は、元福井市議会議員・谷口高さんの奥さんが亡くなられた、とお聞きし弔問に。

通夜は16日午後6時半から、葬儀は17日10時から、問屋翠光苑でとりおこなわれます。ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かねもと候補個人演説会、小浜市で原住連交流会

2017年10月15日 | Weblog

    昨日は、湊公民館で かねもと候補の個人演説会、小浜市で原発問題住民運動全国連絡センターの交流会でした。

     福島県の早川さんのご挨拶は、改めて原発事故の不可逆性を痛感しました。

     地元企画は、福井市のアマ落語家  はやおき亭貞九郎さんのネタおろし新作落語で楽しみました。原発事故をテーマに面白い展開!小浜市在住の世戸さんの作品です。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤野やすふみ比例代表候補が福井市内で遊説。改憲、原発再稼働許さない!

2017年10月13日 | Weblog

 昨日は藤野やすふみ比例代表候補・前衆議院議員が福井市内を遊説。安倍政権の疑惑隠し、憲法改憲で戦争する国づくりを止めるのは日本共産党の大きな勝利で、市民と野党共闘のチカラを国会内で大きくすること以外にありません。

 日本の歴史の大きな岐路。大政翼賛会的に安倍政権と同一歩調で改憲を主張する政党では歯止めになりません。

 

 ひきつづき演説会や原発再稼働反対の集会の日程をご案内します。お誘いあわせてご参加ください。

 ★14日午後1時半    かねもと幸枝演説会    福井市湊公民館

 ★15日午前10時   原発再稼働をただす全国交流集会  小浜市商工会館

 ★15日午後2時     かねもと幸枝演説会    福井市西武前

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加