mmasaki@HelloNavi

Linuxにおける設定の覚書

Android App(23) Ver8

2017-01-03 02:02:26 | Weblog

 明けましておめでとうございます。
 今年は天祖神社でカウントダウンでした。住んでいるところの土地神様なのに、今まで穴八幡に行ってました、ごめんなさいw


 蕎麦や豚汁を振舞っていただきました。
 氏子さん?町内会の皆さん?ありがとうございました。

 ところで、LockSystemWidgetを修正しました。


 一時、秒単位を取り止めてましたが復活させました。
 ついでに細かいところを修正しました。
 ただ、秒単位に戻したので、もしかするとバッテリーの減りが速いのではないかと思われるかも...必要があれば元に戻しますので、その際は遠慮なく。

 なお、どうしても世界樹の迷宮Ⅴがただの作業ゲーにしか思えず、23階層でシリーズ初の攻略断念です。
 その同じアトラスのP5を年末年始の休み前に買ってやってますが、こちらは期待を裏切らないデキでハマってます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EIZO FlexScan S2133-H

2016-12-21 21:07:38 | Weblog

ナナオたん 7年ぶりにキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! 


 そもそもFlexScan L997の後継機が欲しくてもいまや日立製S-IPSパネルが存在しないので、どうしたものかと2chで質問したところ、FlexScan S2133の松下製パネルがそれだよって教えて貰いました。あー確か日立から松下がパネルを買ってましたね。でも、その松下も何処かに売却してしまいましたが…(泣)
 とゆーことで、L997が1万時間を超えたので、まだまだ大丈夫かと思うけどS2133が生産終了になると困るので購入。
 早速開けて接続。7年前と同じく比較対象としてダンボーを置いてみましたw


 設定はブライトネスを55%、色設定を6500Kにしました(L997の液晶オリジナルがこのくらいだっため)。
 今のL997でも充分綺麗なのですが、1万時間を超えたためか、ちょっと白色が黄色っぽく見えるのは気のせいだったのかな?
 でも先程試しにAndroid Studioを立ち上げたとき、白色が明らかに際立っているためcodeが見易かった。

 ちなみに箱がL997のときよりも小さくなってたのは、全体的にパネル以外小さくなったから?(前はS2133、後がL997)


 また、7年前と同じフリーソフトを使ってドット書け等がありませんでした、うふ♪(* ̄ー ̄)v

 NANAOさん、S2133はL997同様、文句なく最高のモニターです。大事に使わせていただきます。

 Made in Japanってところもすっごく嬉しかった。


 使用時間0時間が良いですね~


 そうそう左横に新にUSBポートが2つあります!

 L997のときは13万円も出して買ったのにS2133は7万円を切ってました。安くなりましたねw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやくマトモなAppWidgetが作れた Ver12

2016-12-18 00:06:44 | Weblog

 結局、EIZO FlexScan S2133-Hをamazonで68,413円で購入。月曜日までには届くようなので楽しみ。
 ところで、ConkyみたいなWidget+を約1年振りに修正。ちょっと追加したり、修正した程度。ただcodeは後々も修正しやすいようにだいぶ変更しました。いまだに人気があるようで、一番最初にPlayストアにupしたappとして大変愛着がありますが、普段の私はAndroidSystemInfoLiveWallpaperをメインに使ってます(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android App(32) Ver3

2016-12-04 00:53:21 | Weblog

 ボーナスで、Nikon P900を買うか、FUJIFILM X70を買うか、EIZO FlexScan S2133-Hを買うか迷ってます(笑) 
 ところでBTCRateWidgetをupdateしてみました。
 Widgetの背面を以前よりもちょっとだけ透過させ、レートが最大値よりも上下したとき、矢印で表示できるようにしてみましたー
 こんな感じ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実はSENNHEISER IE80を買ってました…

2016-10-30 00:18:43 | Weblog

 1万円にしては非常に気に入っていたSE215SPE-Aですが、流石にちょっと飽きてきたので、SE535LTDにしようか、それとも低音重視のSENNHEISER IE80にするか迷っていたのでぐぐっていたところ、雪夜猫さんのblogがありましたので質問させていただきました(自作のAppを利用してもらっていたので質問しやすかったですw)。しかし、折角回答していただいのたですが、いろいろ検討した結果、9/10にSENNHEISER IE80を買ってしまいました、ごめんなさい。

 ところで、IE80はどうも偽物が多いようで、さくやさんのブログ等を参考に検証させてもらいました。
 文字の位置とか

 円に沿った矢印部分とか

 スポンジ部分とか


 大丈夫のようですw 
 感想としましては、SE215SPE-Aは、高音から低音まで素直でクリアなところが非常に好きですが、個人的には低音重視なので、IE80を期待していたのですが、それ程変わらず、え?ってな感じでしたが、同梱のイヤホンチップが良くなかったので、急遽、COMPLY T500を買って聴きなおしたところ、もう期待以上の低音でした! また、SE215SPE-Aとは違った細かい音を拾うので、聴いていて楽しいです。
 ただし、1点だけ不満なのは、SHURE掛けすると、ケーブルが細いのですぐ耳から外れることです。SHURE掛けできるプラスティックの部品が同梱されているのですが、正直使いづらいです。しっかりSHURE掛けできるケーブルが2万円で売っているので、いずれこのケーブルを買ってしまうかもしれません…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android App(32) Vev2

2016-09-11 22:32:35 | Weblog

 昨日完成したAndroid App(32)の機能をさらに追加。チャートの最大値及び最小値を追加しました~(Playストアにupdateしておきました) 欲しい機能を簡単に自分で作れるのがAndroid携帯の醍醐味ですね!
 しかし、Bitcoinの買い時が難しいw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android App(32) Rev2

2016-09-10 22:13:01 | Weblog


 「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」の攻略後に「世界樹の迷宮Ⅴ」をやってますけど予想外につまんない。ルフラン~の出来が良すぎたのかな・・・ちょっとショック。それでも最後まで何とか攻略してから「P5」にいきたい。

 ところで、何を思ったか突然BitCoinに手を染めた。購入先はbitFlyer。試しに2週間前くらいに1BTCあたり58,933円で2枚買い、今日12時現在の売値では64,055円なので、もう10,244円儲けてるw その後、ちょっとずつ買い増してます。マウントゴックスの件もあるので財布はTREZORで管理してます。TREZORは高いですが、セキュリティが非常にしっかりしているので大変満足してます。

 実は今週初め、TREZORのFWをupdateしたところ、突然、my TREZOR webに繋がらなくなりました。非常に焦ってw、Udonの仮想通貨・暗号通貨ひろばのうどん様に質問させていただきました(回答ありがとうございました)。質問させていただく前に、ひととおり英語のマニュアルを読んだり、海外の同じような事例をぐぐりまくって、USBケーブルやブラウザを変えたり、TREZORのdriverを再インストールしたりとできることは全部やってみましたがダメでした。そこで、他のPCはどうか試してみたところ、こちらはすんなりmy TREZOR webに繋がりました... このため、今使っているPCで接続できないと不便なので、うどん様もご指摘のとおりサポートにメールしてみました、当然英語でw
 
 正直サポートには全く期待は持っていなかったし、文章も中学生程度の英語なので自信もなかったのですが、なんと送信して10分後には返事が来ました! それも非常に親切丁寧で、今回のupdateで不具合が発生する事例が報告されていると回答がありました。3、4回くらいやりとりをした後、TREZORを繋げたとき、WindowsのDevice Manager上で未接続のエラーが出るはずだから、そこで右クリックしてdriverをupdateしてねって指示で解決。Bobさん、本当にありがとうございました、めちゃくちゃ感動したw ほんとTREZORはお勧めです!

 で、いつでもBitCoinのレートを確認したいな~ってことで、レートを表示するWidgetを作っちゃいましたw レートはここを参考にさせてもらいました。


 bitFlyerのレートとはちょっと異なりますが、目安にはなるので大変重宝してます。画面の立ち上げ時及びScreenOnの状態では30秒単位でレートを更新し、ScreenOff時は止まるようにしてます。

 ちなみに、Playストアにupしました。これから少しずつ機能を追加してみたいな~とか思ってます。

 ※bitFlyerのAPIがあったんですね…これで対応できるように今後修正してみよ。

 ⇒bitFlyerのAPIを使ったレート、bitFlyer専用に修正しました。でも、フロントページに表示される額とは多少(100~10円単位)違いが出るのはしょうがないのかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xperia Z5 Premium(E6883)をAndroid 6.0.1にupdate

2016-06-25 05:49:28 | Weblog

 DARK SOULⅢや逆転裁判6の攻略に時間を費やしていましたw
 でもナルホドくんメインじゃないので、第5話のハルミちゃんを確認した上で、攻略中断しました。もっとマヨイちゃんとの活躍を期待していたのに…

 ところで、ようやくZ5 Premiumが6.0.1にupdate。
 Android OSの表示がちゃんと6.0.1になってますよね(CPU部分は文字化け状態をまだ直してない…早く直さないと)。
 あと、今まで画面下のアイコンがちゃんと7個並んでいたのに、今回updateしたところ、何故か6個だけになってしまった…残念。

 アイコンもところどころ変わってますね。


 ついでに設定の画面も。


 STAMINAモード復活!


 以前のようにアプリ毎の最適化の設定が可能。でも何故かExchangeサービスとかGmailの到着がリアルタイムに通知されない…


 なお、Z Ultraスキーの私としてはASUS ZenFone3 Ultraが気になって仕方がなく、実はZ5 Premiumはどうでも良くなってきている。
 たぶん、ASUS ZenFone3 Ultraを買うと思うし、買ったら、即、Z5 Premiumは売るなw

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ThinkPad T460s + Debian 8(jessie)Ver2.3

2016-03-19 18:21:06 | Weblog

 ようやくここまで出来たって感じ。

○Xの環境
apt-get install xserver-xorg
apt-get install xinit
apt-get install xterm
apt-get install xdm
apt-get install fluxbox

 最初は、xdmの代わりにSlimを入れたのですが、reboot後、いきなり画面が真っ黒w やべーやっちまったと思い、急遽、Ctrl+Alt+F1でrun level1のコマンドモードに移行。どんなエラーなのかXorg.logを確認したところ、どうもIntelとnVidiaのdriverが競合している模様。なので、ぐぐりまくって、bumblebeeを入れるのが良い風味。でも実際installした感想等のHPがなくて、ちょー不安だったんですが、えいやで、$apt-get install bumblebee-nvidia primusをinstall。ドキドキでreboot後、やっぱり画面が真っ黒(泣) それでもrun level1に戻ってstartxのコマンドを打つと問題なくfluxboxが起動する。もしかして古いX display managerが必要かも?と思い直し、Slimからxdmに変更したらキタ━━゜+.ヽ(≧▽≦)ノとゆーことで、X環境も無事終了。
 →すいません、違ってました。bumblebeeではなく、xserver-xorg-video-allでintel driverが動いている模様(T T)

○TrackPointのマウス設定
 fluxboxを立ち上げたのは良いけど、今度はTrackPointでxtermが掴めない…これを解決するのに3日近く時間がかかった…昔はTrackPointと独立した2つのボタンの仕様でマウス機能を使っていたのですが、一時期のThinkPadは、独立した2つのボタンの代わりにTouchPadを使う仕様になったため、昔の仕様に戻ったT460sのマウス機能の設定が、公式に記載されいるDebianやArch Linuxの設定方法では全く機能しない。ぐぐりまくって、ようやくUbuntuをThinkPad X250に入れたときの設定方法を発見し、このとおりやってみる。
 1 /etc/modprobe.d/psmouse.confを作成後、options psmouse proto=impsを記述
 2 /usr/share/X11/xorg.conf.d/90-evdev.confに

Section "InputClass"
    Identifier "Touchpad/TrackPoint"
    MatchProduct "PS/2 Synaptics TouchPad"
    MatchDriver "evdev"
    Option "EmulateWheel" "1"
    Option "EmulateWheelButton" "2"
    Option "Emulate3Buttons" "0"
    Option "XAxisMapping" "6 7"
    Option "YAxisMapping" "4 5"
EndSection

を記述
 3 最後に、sudo update-initramfs -u 
でrebootで解決!!!
 なお、TouchPadの無効は、/usr/lib/X11/xorg.conf.d/10-synaptics.confの一番下に

Section "InputClass"
   Identifier     "no need for accelerometers in X"
   MatchProduct   "SynPS/2 Synaptics TouchPad"
   Option         "Ignore" "on"
EndSection

を記述すればOK。
○Fluxboxの設定
 ・まずはFontのinstall
  1. ダウンロードしたファイルを解凍する
   $ unzip font.zip
    2. フォントをコピー
      $ sudo cp -r font/ /usr/share/fonts/truetype/
    3. フォントが認識されていることを確認する
      $ fc-list | grep font
    4.スタイルを定義しているファイルは /usr/share/fluxbox/styles/ にあり、直接修正
    5./usr/share/fluxbox/styles/使用するスタイル名の中で、*font:を下記のとおり変更
   (私の場合)「M+ 1c regular:style=regular:size=12」 ※M+ 1c regular フォントを使用

   ・barの時計の表示
  vi ~/.fluxbox/initで、
  session.screen0.strftimeFormat: %Y-%m-%d (%a)  %02k:%M:%S

 ・壁紙の設定
 ~/.fluxbox/img/を作成し、好きな壁紙を突っ込み、vi ~/.fluxbox/menuから、

   [submenu] (壁紙を選択)
  [wallpapermenu] (~/.fluxbox/img/) {fbsetbg -a}
  [end]
 
で、右クリックで壁紙選べば反映。

 ただし、rebootすると設定が無効になるので、vi ~/.fluxbox/initで、
 session.screen0.rootCommand:    fbsetbg -l
 と編集すれば(記載がなければ記述)、再起動後も反映。いや~壁紙を変更したら一気に愛着湧いたw  

○rxvtの設定
 xterm よりも軽い rxvtに変更し、ホームに.Xdefaltsを作成し、下記のとおり記述

 //Terminalの大きさ 
 URxvt.geometry: 110x30
 //Font
 URxvt*font: xft:Ricty:size=13:antialias=true
 URxvt*boldFont: xft:Ricty:size=13:antialias=true
 //Bar設定(左→右)
 URxvt*scrollBar_right: True
 //Fontの色設定
 URxvt*foreground: snow
 //半透明の設定
 URxvt*inheritPixmap: true
 URxvt*transparent: true
 URxvt*shading: 55
 //隠れたときの設定
  URxvt*fading: 70

○Conkyの設定
 ちょ~久しぶりに、いろいろ弄ってみました。今回はacpiを使ってBattery値を追加

○ブラウザ
 マーク・アンドリーセンすきーなため、当然Firefox。

○日本語環境
 初めてfcitxを使用。なかなか良い。
 $ sudo apt-get install fcitx fcitx-mozc
 Ctl+spaceで日本語入力。

○画像ビューア
 これも初めて使いますがgpicviewをinstall。非常に軽く、シンプルで良い。

○その他
 ・nVidiaのdriverが結局認識してもらってない。ちなみにDebianでは推奨していないnVidiaのdriverからの直接installは試してません。何方か認識できたらご教示願います。
 ・ディスクトップをシンプルにしたいので、結局gDeskletsの導入は見送り。
 ・音関係も整備しなくてはと思うけど、あまり必然性を感じないので、おいおいかな。

とゆーことで、なんだかんだで3週間近くかかった環境整備はひとまず終わり。あとは、PerlとかAndroid Studioでプログラミングしますかね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xperia Z5 Premium(E6883)をAndroid 6.0にupdate

2016-03-12 13:35:40 | Weblog

 ThinkPad T460sのLinux化ですっかり忘れてましたよw
 取り敢えず、ドコモ版に遅れてupdateしました。こんな感じ。

 実は試作の壁紙を動画再生に変更したAndroidSystemInfoLiveWallpaperは、update後、何故かエラーになってしまいました(泣) なので、PlayストアにupしているAppで我慢。OSの表記が「6.0」になってますね。ただし、CPU Usageの表示が一部おかしいので修正しておかないと。なお、他の自作Appは問題ありません。Playストアにupしているのも問題ないかと思います。

 ところで、Xperia Z Premiumの解像度を変更したままのupdateだったので、もしかすると元の解像度に戻るのでは?と心配してましたが杞憂でした。updateした後は、以前の5.0のときよりも全体的に動作がスムースになり、ちょっと引っかかっていた動作も皆無となりました。良かった良かった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加