mmasaki@HelloNavi

Linuxにおける設定の覚書

Android App(29) Ver3

2016-02-01 00:03:49 | Weblog

 PartsSystemWidgetですが、Playストアにup後、何となくですが、だんだん気に入らなくなったので改修しちゃいました、こんな感じ。


 5秒毎にiconとAndroid System値が交互に表示されます。当初は端末を傾けるとiconからAndroid Systemの各種の値を表示していましたが、Screen offで一度Sensorを切ると、Lock解除後のSensorの再起動に時間が結構かかってしまうことから、handlerによる時間毎の自動切換に変更しました。


 また、色(パステルカラーだけですけど)を変更できるようにしました。


 なお、Android System表示は、Battery、内部Memory、OS、Kernel、Uptime及びCPU Core数のみです。5秒毎に表示が変わるのが気に入ってますw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついカッとなってONKYO DP-X1を… Ver3

2016-01-23 00:16:16 | Weblog

 DP-X1がメインに昇格したので、iBasso Audio DX90jを2万円で買い取って頂きました。ソフマップさん、ありがとうございました。

 ところで、1ヶ月近く使ってますが、次の2点が不満。

 まず1つ目ですが、曲を連続でスキップすると、あるタイミングで突然SDが予期せぬ取り外しとなり、数秒間再生できなくなる現象が結構あります。他のSDでも同様の現象があっため、試しにDP-X1でSDをformatしてから曲を再度流し込んでも同様の現象が発生します。固有の問題なのかとぐぐったら、結構ある模様。

 次に2つ目。SDに曲をD&Dする場合とX-DAP Link経由で曲をコピーする場合を併用するとそれぞれが別フォルダーで管理されてしまう。これって当たり前なんでしょうか? それであれば最初からDX90jのようにD&Dだけにしてもらいたい(個人的にはX-DAP Linkが使いづらいのでいらない)。

 1つ目の問題が多発するため、結局、OnkyoオリジナルのWidgetで操作する方法しかなく、以前自作したDP-X1用Widgetをいちいちスワイプする手間が面倒になったことからLivewallpaperに作り直しました。
 OnkyoオリジナルWidgetを意識した作りにしました。黄色の細いCircleがBattery容量、その内側の灰色のCircleはSlot1のSD容量。


 Slot2は白色。始点は一番下からで、Battery、Slot1が左から、Slot2は右からCircleを描きます。


 ちなみに、OnkyoオリジナルWidgetなしだとこんな感じ(※Uptimeを追加)。


 突然SDが予期せぬ取り外しは何とかならないでしょうかね? Onkyoさん。操作性に関してはDX90jが中華製とは思えないくらい非常に快適だったので、iBasso Audio DX80が日本で発売され、好みの音質だったら速攻DP-X1を売りますw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついカッとなってONKYO DP-X1を… Ver2

2016-01-01 02:46:56 | Weblog

 明けましておめでとうございます。毎年、近くにある穴八幡に行って年越しをして先程帰って来ました。太鼓でのカウントダウンは、なかなか感動します。

 DP-X1のレビューの前に、年末の出来事ですが、とあるHPでなんと「ほうれん荘」が実在していることを知り、早速、Google Mapで、杉並区井荻付近を確認したところ、それらしい場所を確認できましたが、画像の一部消されています。しかし、旧早稲田通り沿いにあるのは間違いないので、たぶん、画像が一部消されているこの場所だろうと、そのHPを見つけた次の日の12月27日に聖地巡礼w

 キターーーー(・∀・)ーーー!! マジ、興奮。ひざかたさん、きんどーさん、そうじ君の部屋が見える! 手前の平屋は、かおりちゃんの家だ!! 当時、小学校低学年で、とっくに連載が終わっていた「マカロニほうれん荘」を初めて読んだときに、もし本当に実在していたら行ってみたいと思っていましたが、昭和52年の漫画の設定場所が、まさかいまだに実在していたとは。あまりの感激に、アップルハウスを確認するのを忘れてしまいましたw(こちらもまだ実在しているようです)

 では、DP-X1のレビュー。4.7インチの癖にXperia Z5 Premiumの箱よりも大きい。

 中身の取り出し。

 厳重に包装されています。

 本体はビニールで包装されている上に、ビニールの上から、しっかりシールで止めてあります。

 液晶面にはちゃんとスポンジがクッションになっています。丁寧な包装に好感が持てます。

 クッションの下に、説明書等が入っていました。

 早速、本体上部。

 本体、右側面。

 もうちょっと見やすく。

 SDCardが2枚挿せるようになってますね。ちなみに私の場合は、DX90jで使用していた32GBでいまだに容量が足りてますw

 今度は左側面。

 ボリューム部分を拡大。

 DX90jとの比較。DX90jよりも全体的に大きいですね。

 でもDX90jよりは薄いです。

 Xperia Z5 Premiumとの比較。さすがに小さい。

 でも、Xperia Z5 Premiumよりは厚い。最近は側面に文字を入れるのが流行ってるのかな?

 ただし、上部は多少薄くなります。

 Xperia Z5 Premiumの色がクロームなので、お約束(ケースに傷が付いているので、あまり美しくない)

 「twin dac」って書いてる。

 裏の下部はこんな感じ。

 では、さっそく起動。ちなみに衝動買いしているので、保護シートは今日Amazonから届く予定w

 言語選択。

 Wi-Fi設定。部屋の周りにはいろんなWi-Fiが飛び交ってるなw

 日付と時刻の設定。

 Googleサービスの設定。

 ソフトウェア使用許諾契約書に同意して、

 ようやくAndroidのHome画面。

 とゆーことで、早速、SENNHEISER HD598で聴いてみる。

 いいわ〜ナニコレ! めちゃくちゃ良い。同じ音楽がこんなにも違って聞こえるのかと。DX90jとの比較になりますが、個人的には、音が綺麗に細かく分解されていて、細かく分解された音がそれぞれしっかり聴こえるのが驚きました。その上、DSDがネイティブ再生ではないのに、DX90jとは桁違いの音の良さに、衝動買いした後悔が吹っ飛びましたw 

 また、DX90jについては、全体的に小さく、前面にある物理ボタンを非常に重宝してました。DP-X1については大きいし、物理ボタンは側面と結構不便なところはありますが、それ以上に音が良いので、個人的には何とか我慢できる範囲です。

 あと設定もいろいろあるようで、これから少しずつ試してみたいと思います。

 あと、Android端末なので、さくっと自作Appを搭載。

 そのままでは、Battery量が分からないので、取り敢えずCircleWidgetを改良。これからもたぶん修正するでしょうが、今のところはこのヴァージョンで。

 最後に、実は年末にSE215SPE-AのケーブルをZEPHONE EL-7に交換してみました。

 低音に強くなるとか本当なのか?と結構疑いながらも、秋葉原のeイヤホンに初めて入店して買ってきました。結果、低音が良くなったとは思いませんが、全体的によりすっきり聴こえるようになりましたので効果はあったと思います。でも1万円払う必要があったのかは微妙でしたねw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついカッとなってONKYO DP-X1を…

2015-12-31 13:06:31 | Weblog

 FiiO X7を買おうか、それともiBasso DX80を待つかで悩んでいたのですが、結局、年末に大量に入荷した評判の良いDP-X1をiBasso Audio DX90jのときと同じように衝動買い。実は結構後悔してますw

 詳細は後ほど。Android端末なので、自作のWidgetも作る予定。今年は、東芝のSSD、Xperia Z5 Premium、そして、このDP-X1で打ち止め。ここ数年はめっきりハードに金を使ってませんね…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android App(18) Ver8

2015-12-21 21:35:08 | Weblog

 Xperia Z5 Premiumを購入してから音楽はずっとXperiaで聴いてましたが、何気にDX90jに戻して聴いてみたら、やっぱりDX90jの音は良いw これでますますFiio X7が欲しくなってきた、どうしよ。それともDX80が日本で発売されるまで待ってようかな…

 ところで、CircleWidgetについて、CPUのCircle表示部分がFontを上書きしてしまうので何とかしてと要望を受けたので、要望部分の他も気になるところを修正して、先程Playストアにupしました(水色の部分がCPUのCircle表示部分です)。

 色設定において、透過機能もあるのでFontの上書きは基本的に問題ないだろうと思っていたのですが、そうじゃない人もいるってことですかね。

 ちなみに、当該自作Appは最近1年毎に修正してますねw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xperia Z5 Premium移行に伴い自作アプリを修正

2015-12-19 11:15:03 | Weblog

 1ヶ月近く使ってますが、個人的にXperia Z5 Premiumは気に入ってます。それでも、もし本当にXperia Z6 Ultraが発売されたら、Xperia Z5 Premiumを売っちゃうだろうなw 大画面で電話する姿は非常に恥ずかしいですが、Xperia Z Ultraで調教された身としては、5.5インチでもやっぱり物足りなくなります…

 ところで、端末を変更した際の恒例の自作Appの修正です。まずはgAddress+。前回の修正から検索画面を修正。

  丸いボタンに修正してみました。なかなか気に入ってます。当該Appは使う頻度が非常に多いので、気になる度に修正してますねw

 で、次はNoticeList

 gAddress+でジェスチャー機能に慣れてしまったので、当該Appもジェスチャー機能に変更。更に、gAddress+同様、こちらのHPを参考に入力画面等をDialog方式に改めました。

 ただ、Dialog画面にどうやってSpinnerやcheckを搭載させるのか、ちょっと悩んだのですが、

 Spinner spinner_item = (Spinner) dialog.findViewById(R.id.spinner_id);

としたところ、あっさりDialog内で認識してくれました。結構悩みましたよw あとはこんな感じで入力して

 こんな表示に。最近またLinuxをいじりたくなってきたのでThinkpadが欲しくなったw でも中華製なんだよね(泣)

 続けて、

 こんな感じ。Spinnerに対応したicon表示にしてます。

 Listを押下するとこんな感じ。ちょっと気に入らないのでこれからも修正予定。

 Thinkpadの「T」が大文字じゃなかたので、修正する画面。

 で、予定日も入れたListを作成して、こんな感じ。

 日程が指定されたら、ちゃんとお知らせするようになってます! なお、指定日の検索(1日前、1週間前、1ヶ月前)もできます。この他、Spinnerで指定した分類でも検索できるようにする予定。

 例えば、7日前のListがあれば、7日前をお知らせするIconが表示されます。最後にWidget上の表示。大きさも自由に変更できます。

 次は新しいAppを作ろうかな〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ悩んだ末にXperia Z5 Premium(E6883)を購入 Ver2

2015-11-15 16:22:57 | Weblog

 フランスのテロについては、お悔やみ申し上げます。本日早朝、幹部がパリ経由で成田第1に戻り、2時間後に、今度は成田第2から外国に出発することになっていたため、昨日から、パリ=シャルル・ド・ゴール空港が封鎖されることも想定し、あらゆる乗り継ぎ方法を検討し、乗り継げなかった場合に備え、成田空港に先程まで待機してました(紙一重で乗り継げたので安堵してますが)。

 こんな過酷な状況でしたが、買ったばかりのXperia Z5 Premiumは、いろんな意味で大活躍でしたね。内容としては、以下のとおり。

‥渡叩Xperia Z Ultraで電話すると、電話している姿がちょ〜恥ずかしいですけど、Xperia Z5 Premiumでは全く恥ずかしくないw Xperia Z Ultraユーザーは意外に気にしているのでは?(私だけかな…)

▲丱奪謄蝓爾了ちが良いこと。昨日から電話、メール、メッセージを使って引っ切り無しに来る情報をすべてXperia Z5 Premiumで対応しましたが、思った以上にバッテリーの持ちが良いです。本日も90%まで充電してから成田空港に行きましたが、その間(片道中)、電話、メール、4K動画及び写真撮影をしていましたが、50%以上は残ってました。

DAP。過去のブログを見ていただくとお分かりかと思いますが、以前、NW-F886を所持してました。外で聴くのがメインなので、DAPに10万以上とかあり得ない。それに、個人的にはノイズキャンセリング機能が気に入っていました。そんな訳で、衝動買いでXperia Z2を購入したときは、NW-F886は全然使ってませんでした。
 しかし、これまた衝動買いしたiBasso Audio DX90jが予想外に音質が良かったので、Xperia Z2の音質では、長時間聴くと疲れる、特に静かな場所では我慢できませんでした。ただ、外ではXperia Z2の音質でも問題なかったのですが、次第にiBasso Audio DX90jがメインになりました。本日、試しにXperia Z5 Premium+SE215SPE-Aで京成スカイライナーで聴いてましたが、外で聴くにはそれ程、気にならなくなりました。SE215SPE-Aの所為かもしれませんが、今後、外で聴くときはXperia Z5 Premiumをメインにしようかなと思ってます。ノイズキャンセリング機能のヘッドフォンではどうなるか、買って試してみたいと思ってます。
 ただ、不満なのは、Xperia Z2のときもそうでしたが、操作について、いちいち電源を入れないといけない点とDSD再生(ネイティブでなくても)ができない点ですね。

ぜ命拭福4K)。成田空港で撮ってきました。綺麗ですね。あとカメラ機能の起動が速くて非常に使い勝手が良い。携帯の写真機能なんて別段気にもしてませんでしたが、これなら積極的に使っても良いかと思ってます。

それでも、ズームにしちゃうと画質は粗くなりますね、さすがに。

 参考に京成スカイライナーの中から撮ったスカイツリー。綺麗に撮れていて驚きました。

 実は4Kも撮ったのですが、Youtubeへの4K動画のupの仕方がイマイチ理解できませんw 4Kも非常に綺麗です。20秒の動画を立て続けに6回撮りましたが、本体は特段熱くもなく(限界まで挑戦してみようかな?)。

セ慳翡Ь據これは良い、思った以上に便利です。認識率が高いです。

 と、良い所をいろいろ書いてますが、個人的に気になるところはネットを見るとき。Xperia Z Ultraにはやっぱり敵わない…流石に解像度も変えていることもあり、文字が小さ過ぎw 5.5インチなんだからしょうがないよね。

  以上、約2日使った感想。Xperia Z Ultraのように、(今のところではありますが)早期に突然動かなくなる等の理由で買い直しする必要がなく、Xperia Z2のように、こんな小さい画面で堪えられるか!ってことがないので、今回は大変満足してます。でもね、来年初めに発売されると噂されているXperia Z5 Ultraが本当に発売されたら、どんなに電話をする姿が恥ずかしくても、Xperia Z5 Premiumを売って、Xperia Z5 Ultraを買う自信あるわw

 最後に、AndroidSystemInfoLiveWallpaperをまた修正。

 CPU周りを中心に修正しました。なお、当該AndroidSystemInfoLiveWallpaperはPlayストアにupしているAppとは別仕様です。自分用に壁紙がアニメーションする試作版です。Xperia Z5 Premiumの液晶が本当に綺麗だからアニメーションが冴えます。もうXperia Z Ultraには戻れませんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ悩んだ末にXperia Z5 Premium(E6883)を購入

2015-11-14 04:34:53 | Weblog

 serial experiments lain Blu-ray BOXが1万円で買えるなんて! もうそっこーで買いましたよ! いや〜素晴らしい。やっぱ、BDは良いですね〜しかし、Xperia Z5 Premiumを買おうか悩んでいるときの予定外の出費はどうかとw

 2年以上も使用しているXperia Z Ultraの代わりがそろそろ欲しいな〜と思っていまして、Xperia C5 Ultraを調べていました。画面の大きさは良かったのですが、折角新しく購入するのに、Xperia Z UltraよりもCPUが遅く?デザインも個人的にはあまり気に入らなかったので、他にもHTC One E9+にしようか検討していました。

 Xperia Z Ultraに調教された身体には、Xperia Z2を衝動買いしたときの反省から、せめて5.5インチ以上の画面でないと身体が受け付けないことが判明しており、更にどうしてもグリッド数が変更できない端末には我慢ができませんでした。そこで、ぐぐっていたところ、Xperia Z5でもグリッド数が変更できるHPを発見したことから、Premiumでもできるだろうと今回思い切って買ってみました。

 まずは箱から。ちなみに今回も安心のEXPANSYSさんから購入。

 蓋を開けると、こんな感じ。

 更に開けると、こんな感じ。

 イヤホンの箱の中身は、こんな感じ。

 USBの箱の中は、こんな感じ。

 変換プラグの箱の中身は、こんな感じ。

 で、いよいよ本体(後ろ姿)。クロームで予約していましたが、後々実は黒にしておけば良かったかな…と密かに後悔してましたが、実物を見てクロームで良かったと一安心。でもなんか初代iPod nanoみたいだw

 一応、SONY信者でないと思っている私でもこのクローム上のSONYロゴは気に入った。日本版はdocomoでしたっけ?w

  Xperiaのロゴも良いですね〜

 液晶の保護シートはいつものMIYAVIXさんですが、今回は低反射タイプを買って失敗してしまった。

 ケースは透明であれば何でも良かったので適当なのを購入。

 SDは折角4K撮影できるし、ノイキャンで音楽再生できるので、4K専用のSDにしてみました。

 中身はこんな感じ。

 とゆーことで、SIMカード及びSDを挿入。上の穴がSIMカード、下の穴がSDスロット。

 最初間違って、2番のスロットにSIMカードを置いてしまいました。1番ですよ。

 Xperia Z Ultraとの比較。思った以上にXperia Z5 Premiumは小さく見えますね。

 重ねたところ。 

 ついでに後姿も。 

 厚さの比較。Xperia Z5 PremiumよりXperia Z Ultraが薄いです。

 電源ボタン側。個人的には電源ボタンに不満はありません。

 反対側の刻印。この場所のロゴには感動しなかったw

 電源オン。第一印象として、画面綺麗だな〜と思いました。

 で、ホーム画面。

 なんで、画面が綺麗と感じたか分かりました。だってXperia Z Ultraの画面は黄ばんでるんだもんw

 と、ここまでメール等の設定をし、SDもちゃんと読み込んでくれていることを確認しましたので、いよいよグリッド数の変更を開始。このHPを参考にやってみると(物欲ガジェット.COMさん、感謝)、こんな感じ。なお、グリッド数の変更は自己責任ですからね。大事なことなので、もう1回書きます。自己責任ですからね〜

 やった、やっぱりXperia Z5 Premiumでもrootなしで出来た! 一応、比較画面として、解像度変更前は、

 解像度後は、これ。

 かなり満足してます。ただ、解像度変更前もそうですが、この端末、たまにひっかかるとゆーか、カクカクしませんかねw 解像度を変えると更にその頻度が多いようにも思います(買った直後のUpdateをしていないためかもしれませんが)。あとは解像度を上げるとこんな弊害も。左下の文字変換の表記がちょっとおかしくなってますね。ちなみに運用上は全く問題ありません。

 あと恒例の自作Appを入れて動作確認。

 ちゃんと「Xperia Z5 Premium」と表記されてますけど、Kernel Versionの表記等、いくつか修正しないといけないのがありますが、基本的に問題なく動いていますね。

 今のところ、端末自体、熱くならず、たまにカクカクするけど、それ以外はサクサクなので、それ程気になりません。逆に、5.5インチでらくらくホンのような解像度でないところが、大変気に入ってます。今回はXperia Z2のときのような後悔は、今のところありませんw

 取り敢えず、最初にやっておきたいことは全部出来たので、その他の、例えば4Kや音楽等の機能についても後ほどupする予定です。なお、最後に、通知ランプの位置。全体的に、今回のXperia Z5 Premiumのデザインは、個人的には気に入ってます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Xperia Z UltraをAndroid 5.1.1にUpdate

2015-09-30 00:19:11 | Weblog

 MGS肯匹い任垢諭船魯泙辰討泙后ハマり過ぎてAndroid Studioで過去の自作Appを修正してないw
 ところで、本日Xperia Z Ultraにようやく5.1.1が降臨したので、早速update。

 Lock画面の時計の文字がどちらも太くなってしまいましたね。


 AndroidSystemInfoLiveWallpaperが問題なく動作してます。OSヴァージョンはしっかり5.1.1と表記されてます。


 設定画面のアイコンが若干変更。


 ホーム画面の追加時のアイコンも若干変更。


 ConkyみたいなWidget+も問題なく動作してます。


 CircleWidgetも問題なし。


 他の自作Appも含めて、今のところ問題なく動いてます。また、端末の機能としても今のところ不具合はありません(着信音が鳴らないとか、どこかのHPで書いてましたが、私の端末は大丈夫でした)。Xperia Z UltraでここまでupdateしてくれたSonyさんには感謝。Xperia Z Ultraでもうこれ以上のupdateはないでしょうから、自作App検証端末として、Xperia Z5 Premiumに移行ですかね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやくマトモなAppWidgetが作れた Ver11

2015-09-06 01:09:28 | Weblog

 Xperia Z5 premiumはHomeのグリッド数を変更できるでしょうか? 誰か教えて下さいw

 ところで、Android Studioに移行し、慣れるために過去のAppを修正しているところですが、そんな中、一番最初に作って、一番DL数が多いConkyみたいなWidget+を下記の観点で修正してみました。

・codeをメンテナンスしやすくするためにabstruct等を利用
・今の端末は普通にCPUが8コとかあるので、CPU CoreにOctaを追加
・その代わり、CPU0〜CPU3の表示は削除

 そのため、次期ヴァージョンでは、こんな表示になります。

 DL総数が10,000も超えていると、修正後に思わぬ要望を受けてしまうので、ちょっとは気にしながら修正してるんですけど、さすがにCPU0〜CPU7までの表示は必要か?と疑問に思ってましたので、今回は削除しました。その代わり、もし希望があれば、モデル番号と端末名を教えていただければ、Modelの表示をXperia Z Ultra、Xperia Z2以外の端末名も表示できるように修正します。9月6日(日)15時までに教えていただければ出来る限り反映します。

 ほんとAndroid Studioは慣れるとEclipseより使いやすいなー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加