mmasaki@HelloNavi

Linuxにおける設定の覚書

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Onkyo DP-CMX1を購入 Ver2

2017-02-25 14:36:24 | Weblog

 とゆーことで、昨日に引き続き、簡単なレビューを。
 まずは昨日も書いたとおり、タスク画面?がXperiaに慣れてしまったため上下でスクロールさせるのに違和感。あと音響独自のアイコンも気になる。


 音の設定はDP-X1とほぼ同じなので迷うことがないかと。


 ちゃんとボリュームロックもあります。


 そうそう昨日気づかなかったのですが、物理的なボリュームロックもありました(電源の右横です)。


 出力切替も健在。


 音質設定もDP-X1と同じですが、覗き見防止なんてのが追加されてます。


 続き。


 最後にカメラ。1x、3x、8xのぞれぞれの画像です。パッと見た感じ、1xでもちょっとノイズがあるかな?と思いますが、個人的には充分かと。

 参考に他の写真も。


 最後にDP-X1の音質と変わりなく安心して聴けますが、稀にノイズが発生します。
 しかし、今まで携帯とPDAの持ち歩きから解放されて本当に快適です。液晶画面が小さかったり、OSの操作性に不満はありますが買って良かったです。あと個人的なお願いとして、OSのヴァージョンを7.0まで上げて下さい、音響さん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Onkyo DP-CMX1を購入

2017-02-25 01:37:29 | Weblog

 今日はプレミアムフライデーと云うこともあり、上司が率先して取得してましたので、私はDP-CMX1購入のために1日休んだw
 10時に秋葉原でトレイダーの鬼特価にてエロゲーを大量に購入し、そのまま11時頃にDP-CMX1をビックロへ受け取りに行きました。ビックロからSMSのメッセージが無かったので、あまり期待していなかったのですが、しっかり受け取ることができました。

 で、早速箱から。 


 受け取ったときから思っていましたが、箱が小さいです。DP-X1と比べても小さ過ぎ。


 箱を開けた瞬間。

 中身を全部広げるとこんな感じ。説明書、電源ケーブルが入ってます。


 ビニールから取り出した本体。ちょーカッコいいです。


 本体正面の左下のハイレゾの文言がちょっとカッコいい。


 右側面。物理ボタンやSIMカード、SDを収納する部分があります。

 DP-X1に慣れたためか、物理ボタンは個人的にDP-X1よりも使いやすく感じます。


 SIMカード、SDを収納する部分。実は細いピンが同梱されていて、小さい穴に差し込んで取り出すのですが、これがなかなか取り出せなくて困った。説明書を読んでも良く分からなかったので苦労しました。

 後姿。カメラを保護するためにも早くケースか保護シートが欲しい…

 音響ロゴが良い。

 ボリューム部分。DX90jやDP-X1に慣れてしまったためか、設定が61ステップでも充分かと思っていましたが、ちょっとだけ物足りなく感じました。
 あと、ボリューム部分の下が親指に沿った滑らかな形になっているため、非常に持ちやすくなっており、非常に好感が持てます。


 ヘッドフォン出力部分。今後はバランスも楽しみたいです。DP-X1のときのように穴がゆるゆるwになってしまうのかな? あと、中央下にメール等が着信したときのお知らせLEDがありますが、場所が良くないですね。

 参考に底面。左にはスピーカーが。


 DP-X1との比較。スマホになったので細長くなりましたね。

 幅も細くて良い感じ。ちなみにDP-CMX1はDP-X1より軽いです。

 でも、Xperia Z5 Premiumには負けますw


 せめて画面が5.5インチだったらと思わずにはいられません。

 ちなみにこの後、保護シートを貼りました。いつものミヤビックスです。


 とゆーことで、次にOSですが、ヴァージョンが6.0.1になってました。公式には6.0になってたので、今まで使っていたXperia Z5 Premiumよりも低いのかと、自作Appメインで使用する自分としてはちょっと気になっていました。できれば7.0までupdateしてもらえないでしょうかね?

 また、私はOCN mobile ONEのSIMフリーを持っていますが、何の設定もせず、データ通信までちゃんと認識してくれたのは驚きました。
 あと、動作は特段問題ありません。私はスマホでゲームなんてしませんので、このくらいスムースに動けば問題ありません。

 ところで、残念なところがいくつか。まずXperiaに慣れてしまったためか、操作部分の作り込みがやや古い感じがします(それともGoogle defultってこんなものなの?)。他に音響独自のアイコンがあるため、他のアイコンと並べると統一が取れないw やるなら中途半端にしないで、全部音響独自のアイコンにすれば良かったのでは…

 最後に肝心の音源ですが、私個人の感想で言えばDP-X1と全く変わりません。携帯でもこんなに綺麗な音が出るんだと驚きました。個人的には今までXperia Z5 PremiumとDP-X1の持ち歩きから解放されただけでも今回買って良かったと思ってます。それに音楽を聴きながらリアルタイムでメール等の受信が確認できるのも良い(Xperia Z2のときに似たような操作系の自作Appを作ろうとして挫折したしw)。
 
 おまけに早速DP-CMX1専用のLivewallpaperを自作しました。一番外側のCircleから時計の時、その次が分、その次の黄色がbattery容量、その次の御納戸色?が内部メモリー容量となってます。一応、Playストアに若干変更してupしましたので、興味があればここからどうぞ。端末名をDP-X1やDP-X1Aにもできます。

 そうだ、まだ端末で写真を撮ってなかった。興味ないから忘れてましたw 今日にでも外の写真を撮って、端末のソフトウェア周りも併せて今日また報告しますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついカッとなってTopre Keyboardを…

2017-02-05 00:29:42 | Weblog

 会社のPCが更改となり、最近流行のペタペタのキーボードになってしまいました(泣)
 文章を打っていると、打ち辛く、また隣のキーを間違って押してしまうなど、流石にイライラが頂点に達したので、仕方なく今まで自宅で使っていたThinkPad USB Keyboard with Trackpoin(US)を使うことに
 で、自宅用にもThinkPad USB Keyboard with Trackpoin(US)を購入しようとしたら、今、10万円もするんですねw
 購入時から7年も経つとあり得ない価格になっていたので、どうしようか迷っていたところ、以前、東プレを買った職場の人にどんな感じ?って聞いたところ、マジ最高だから騙されたと思って買えとか言われたw
 キーボードに17,000円とかあり得ないのでHHBKの安いので充分と思っていたら、その人から必死に買え買えとうるさいので、思わずREALFORCE91 UBK NG01B0をポチってしまったじゃないか!w

 2週間後の到着予定が、今日届く(大きさはダンボーで比較)。


 箱を開けたらこんな感じ。

 REALFORCEのロゴ部分。


 キーボードを側面から。見て分かると思いますが、キーがちゃんと反ってますね。


 裏側はこんな感じ。


  キーボードを立てる部分。


 とゆーことで、外見はこんなところで次に使用感ですが、IBM/Lenovoのキーボードに慣れていたためか、PC8801用NECキーボードみたいな高いキーのキーボードは久しぶりということもあり、IBM/Lenovoキーボードの感覚ですぐ隣のキーを打とうとすると指がぶつかってしまうところに個人的にはマイナスです。また、キー入力の際、押し込んだときの硬さが好きなのですが、当該キーボードの場合、蒟蒻の上で打っている感じで何となく物足りない感じがします。しかし、慣れれば意外に快適な感じがしないでもないです。もうちょっと使ってみないと何ともいえないのが現状です。他にもキー自体、高級感のある肌触りで好感が持てますし、キーを打ったときに本体が動かないようにキーボード自体が重く設計されているところはよく考えられているなと感心しました。
 で、14,000円を払う価値があったかと言うと正直微妙w ふにゅふにゅとキーを打ち込むのはだんだん癖になりますが、やっぱり買う前に一度試してみると良いかと(でもクレバリーの2号店みたいな店って今何処かにあるんですかね?)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GRANBEAT DP-CMX1をみてきました

2017-01-29 16:46:05 | Weblog

 先程買い物のついでにGRANBEAT DP-CMX1をみにCAFE SALVADOR BUSINESS SALONに行ってきました。東京に住んでいると良いですねー。こーゆーイベントにすぐ行けますから便利です。
 お店には入り口付近と窓側の机の上にDP-CMX1がありましたが、窓側席はすべて人が座っていたので、仕方なく入り口でいろいろいじってみました。
 しかし、席に座っている人が誰一人DP-CMX1をいじっていない様子だったので、思わず席を替わってくれ!って言いたかったw

入り口付近にはこんな感じで。


で、持ってみました。

 感想としては思っていたけど重く感じませんでした。
 DP-X1よりも重いはずなんですけど、それほど気になりませんでした。
また、液晶もIPSなので良好ですし、Xperia Z5 Premiumに慣れてしまった所為か5インチでも違和感なくなりましたねw
 どーせ、自作Appの動作確認とメールがメインですから画面の大きさは関係ないのかもしれませんが、Xperia Z Ultraから直接の移行だったら、大きなマイナス要因だったかと思います。

 あと幅?もそれ程気になりませんでした。ボタンもDP-X1に慣れていれば特段問題ないかと。

 そして肝心の音質ですが、いつも聴き慣れている曲で確認している訳ではないでDP-X1と比較できませんが、とてもスマホの音質とは思えませんでした。個人的にはDP-X1の代わりにしても良いと思ってます。
 また、ボリュームノブも61段階の調整で個人的には充分でした。
 現在Xperia Z5 Premium + DP-X1を持ち歩いてますが、これを1つにするのは非常に魅力的です。
 もしDP-CMX1があまり良くない印象を持てば、HTC U Ultraを購入する予定でしたが、悩みますね...でも買ったら自作AppをDP-CMX1用にしても良いですね!
 なお、通信部分が富士通製ってところが結構不安だったりしますがw
 最後にDP-CMX1興味ある人はCAFE SALVADOR BUSINESS SALONの窓側席で是非いじってみて下さい。私は入り口だったので5分程度で退散しましたがw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android App(23) Ver8

2017-01-03 02:02:26 | Weblog

 明けましておめでとうございます。
 今年は天祖神社でカウントダウンでした。住んでいるところの土地神様なのに、今まで穴八幡に行ってました、ごめんなさいw


 蕎麦や豚汁を振舞っていただきました。
 氏子さん?町内会の皆さん?ありがとうございました。

 ところで、LockSystemWidgetを修正しました。


 一時、秒単位を取り止めてましたが復活させました。
 ついでに細かいところを修正しました。
 ただ、秒単位に戻したので、もしかするとバッテリーの減りが速いのではないかと思われるかも...必要があれば元に戻しますので、その際は遠慮なく。

 なお、どうしても世界樹の迷宮Ⅴがただの作業ゲーにしか思えず、23階層でシリーズ初の攻略断念です。
 その同じアトラスのP5を年末年始の休み前に買ってやってますが、こちらは期待を裏切らないデキでハマってます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EIZO FlexScan S2133-H

2016-12-21 21:07:38 | Weblog

ナナオたん 7年ぶりにキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! 


 そもそもFlexScan L997の後継機が欲しくてもいまや日立製S-IPSパネルが存在しないので、どうしたものかと2chで質問したところ、FlexScan S2133の松下製パネルがそれだよって教えて貰いました。あー確か日立から松下がパネルを買ってましたね。でも、その松下も何処かに売却してしまいましたが…(泣)
 とゆーことで、L997が1万時間を超えたので、まだまだ大丈夫かと思うけどS2133が生産終了になると困るので購入。
 早速開けて接続。7年前と同じく比較対象としてダンボーを置いてみましたw


 設定はブライトネスを55%、色設定を6500Kにしました(L997の液晶オリジナルがこのくらいだっため)。
 今のL997でも充分綺麗なのですが、1万時間を超えたためか、ちょっと白色が黄色っぽく見えるのは気のせいだったのかな?
 でも先程試しにAndroid Studioを立ち上げたとき、白色が明らかに際立っているためcodeが見易かった。

 ちなみに箱がL997のときよりも小さくなってたのは、全体的にパネル以外小さくなったから?(前はS2133、後がL997)


 また、7年前と同じフリーソフトを使ってドット書け等がありませんでした、うふ♪(* ̄ー ̄)v

 NANAOさん、S2133はL997同様、文句なく最高のモニターです。大事に使わせていただきます。

 Made in Japanってところもすっごく嬉しかった。


 使用時間0時間が良いですね~


 そうそう左横に新にUSBポートが2つあります!

 L997のときは13万円も出して買ったのにS2133は7万円を切ってました。安くなりましたねw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやくマトモなAppWidgetが作れた Ver12

2016-12-18 00:06:44 | Weblog

 結局、EIZO FlexScan S2133-Hをamazonで68,413円で購入。月曜日までには届くようなので楽しみ。
 ところで、ConkyみたいなWidget+を約1年振りに修正。ちょっと追加したり、修正した程度。ただcodeは後々も修正しやすいようにだいぶ変更しました。いまだに人気があるようで、一番最初にPlayストアにupしたappとして大変愛着がありますが、普段の私はAndroidSystemInfoLiveWallpaperをメインに使ってます(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android App(32) Ver3

2016-12-04 00:53:21 | Weblog

 ボーナスで、Nikon P900を買うか、FUJIFILM X70を買うか、EIZO FlexScan S2133-Hを買うか迷ってます(笑) 
 ところでBTCRateWidgetをupdateしてみました。
 Widgetの背面を以前よりもちょっとだけ透過させ、レートが最大値よりも上下したとき、矢印で表示できるようにしてみましたー
 こんな感じ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実はSENNHEISER IE80を買ってました…

2016-10-30 00:18:43 | Weblog

 1万円にしては非常に気に入っていたSE215SPE-Aですが、流石にちょっと飽きてきたので、SE535LTDにしようか、それとも低音重視のSENNHEISER IE80にするか迷っていたのでぐぐっていたところ、雪夜猫さんのblogがありましたので質問させていただきました(自作のAppを利用してもらっていたので質問しやすかったですw)。しかし、折角回答していただいのたですが、いろいろ検討した結果、9/10にSENNHEISER IE80を買ってしまいました、ごめんなさい。

 ところで、IE80はどうも偽物が多いようで、さくやさんのブログ等を参考に検証させてもらいました。
 文字の位置とか

 円に沿った矢印部分とか

 スポンジ部分とか


 大丈夫のようですw 
 感想としましては、SE215SPE-Aは、高音から低音まで素直でクリアなところが非常に好きですが、個人的には低音重視なので、IE80を期待していたのですが、それ程変わらず、え?ってな感じでしたが、同梱のイヤホンチップが良くなかったので、急遽、COMPLY T500を買って聴きなおしたところ、もう期待以上の低音でした! また、SE215SPE-Aとは違った細かい音を拾うので、聴いていて楽しいです。
 ただし、1点だけ不満なのは、SHURE掛けすると、ケーブルが細いのですぐ耳から外れることです。SHURE掛けできるプラスティックの部品が同梱されているのですが、正直使いづらいです。しっかりSHURE掛けできるケーブルが2万円で売っているので、いずれこのケーブルを買ってしまうかもしれません…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Android App(32) Vev2

2016-09-11 22:32:35 | Weblog

 昨日完成したAndroid App(32)の機能をさらに追加。チャートの最大値及び最小値を追加しました~(Playストアにupdateしておきました) 欲しい機能を簡単に自分で作れるのがAndroid携帯の醍醐味ですね!
 しかし、Bitcoinの買い時が難しいw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加