旅芸い者放浪記

前沢政次 ブログ

日野原重明先生とプライマリケア

2017-08-03 21:06:11 | 学会活動
ぼくは 3年間東京での研修を終え、栃木県にある自治医科大学病院の血液科シニアレジデントになりました。それから血液病学を勉強している間は、日野原先生との接点がなくなりました。

卒業して10年くらいしたときに、突然高久史麿教授(当時)からのお勧め(命令ではなく?)で大分県立病院三重療養所に赴任しました。9か月で自治医大にもどったときに、中尾義久学長が話があるので、学長室に行ってこいと言われ、恐る恐る訪ねました。兼務でいいので、新設の地域医療学教室のチーフをしてほしい、とのことでした。

手探りで始めました。自治医大第一期生の吉新通康君(現、地域医療振興協会理事長)が相棒でした。

このとき客員教授が5名着任されました。そのひとりが日野原重明先生でした。

吉新君が申請してくれた「わが国におけるプライマリケアの研究」がNIRA(シンクタンク)の補助金を受けることができ、米国、英国、北欧へ調査に行きました。ぼくは米国を担当し、聖路加国際病院におられたに野原先生にご助言をお願いしました。

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日野原重明先生との思い出 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。