旅芸い者放浪記

前沢政次 ブログ

成人の日に、雄勝の海を想う

2018-01-08 23:16:51 | できごと
今年成人式を迎えることになった牧野陽沙(ひさ)さんのことがNHKニュースで流れました。なぜか2度見ました。

陽沙さんは今、柔道整復師をめざして勉強中とのことです。それは東日本大震災で亡くなったお母さんの影響。

お母さんは病院に勤めていた。職員たちは自分たちだけ山の上に逃げないで、病院にとどまって患者さんたちを守ろうした。

えっと思い、本を探しました。

辰濃哲郎『海の見える病院 語れなかった「雄勝」の真実』(医療経済者社、2013年)

牧野家の物語が70~84ページに記されています。

お母さんは石巻市立雄勝病院事務主査牧野まり子さん。

子煩悩でさみしがりやさんでした。津波が来た時、病院から海へ投げ出されました。流されていく民家の屋根に乗り、やがて看護師の高橋恵さんと一緒に船に乗り移ります。

ふたりは雪降る中、あたため合って一夜を過ごします。まり子さんのぬくもりで恵さんは奇跡的に生き延びます。朝に二人の命はひとつになっていました。(「寒いよう」と恵さんがつぶやいたとき、まり子さんは意識がほとんどなくなっていたのに、恵さんの頭を引き寄せ、自分の子どもにするように額をくっつけ、母親のように抱きしめた。なえそうな恵さんの心が火がともったようにあたたかくなったのだそうです)

まり子さんは友のために命を捧げたのでしょう。三人の子どもたちのため、どんなにか自分も生き延びたかったに違いありません。

あの日、陽沙さんは中学校卒業式に出ていたと書かれています。その後、高校を出て医療の道を選んだ湯沙さん。お母さんはあなたの成人式を一番よろこんでくださっているのでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恭賀新年

2018-01-01 23:36:52 | 交友
おめでとうございます。

2017年はかなり波乱の年でしたが、ことしはどうなるでしょう。

毎日10~12時間働いて、ことしは小さいものではありますが、全国学会を二つ主催するのですから、大変な年になりそうです。日本健康福祉政策学会 9月22~23日。日本心療内科学会 11月23~24日。

皆さまのお力添えをお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先輩 お疲れさま

2017-12-31 23:33:13 | ケアマネジメント
1年の最後の一日も看取りです。

不思議なご縁で、この方とぼくとは誕生日が同じ。20年ジャスト先輩。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白魚のような指

2017-12-26 23:27:17 | 診療
当地はきのう、きょう、明日と雪嵐です。強烈に横殴りに降る雪、猛烈な風。

そんな中、ゆうべは老人ホームでの看取りをしました。

前回は深夜で、一人の介護員が薄明かりの中、20人のお年寄りを見守り、ひとりの人を看取る、やああ、簡単に「福祉施設での看取り」を提唱してきたけれど、大変なことなのだ、軽く考えていて申し訳なく反省したのでした。

今回は午後10時過ぎ、まだ宵の口でした。猛吹雪の中を自分で運転し、ホームの玄関についたらS君。「待機なのです」と出迎えてくれました。中に入ったらYさんも来てました。介護系のチーフです。夜勤の介護担当者も心強かったろうなと思います。

亡くなられたのは100歳に近い女性。物静かな素敵なご婦人でした。原因不明の熱も出たりはしましたが、比較的穏やかに過ごされ、最後は少量の点滴をしました。

死亡確認をして、失礼しようとしたら、「先生、ルートをはずしていただけますか」と声をかけられました。右手の甲に留置針がありました。しっかりとめたテープをぼくの左手指で一枚ずつはがしながら、右手で握手をするようにして彼女の指を見ました。

白く透き通っていて、その美しさに圧倒されました。白魚のような指。

100年近くを生きて、その美しい指は、やさしさを家族や友人、おそらくさまざまな人に伝えたに違いありません。

帰りの車に突き刺さるような雪。2度ほど強烈なホワイトアウト。

ほのかなせつなさと哀しみを運んだゆび。フロントガラスに幾度となく浮かんでは消えてゆきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月から

2017-12-01 23:07:15 | 診療
きょうからクリニックの診療をひとりでします。
来週、再来週は応援がありますが、1日目はどうだったのでしょう?

インフルエンザの予防接種は隣町から来てくださるので大繁盛(なぜか、わがクリニックは料金が安いという評判らしいです。

で、咳のひどい方もおられたり、新患さんも数名、うーん、なかなか忙しい一日でありました。

まあ、こんなときこそ笑顔でがんばらないといけませんね。

そうだ、とても小さいお子さんが、痛い注射に耐え、泣かずにバイバイと手を振る時の笑顔には救われますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加