ver.m

主に鬱とパニック障害の闘病記でした。
今は趣味の話とか。

『惑星カロン』

2017-05-14 21:57:07 | 
なんとも言えない読後感。

初野晴の『惑星カロン』。

「ハルチカ」シリーズ第5弾。

4編構成で,

最後の「惑星カロン」で収束。

悲しいがそれだけじゃない最後。

全編通して,

言葉の持つ偉大な力に震えた。

不思議な本で,

どんどん他の話を読みたくなる。

時に笑えて,

時にしんみりと。

よくできてます。

面白い。

次は,

三上延の『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』を読む。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月13日(土)のつぶやき | トップ | 5月14日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL