太平楽の巻物

芝居の感想、日々について気ままに太平楽をかまします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今朝の音楽は「徳川家康」から

2012-06-01 08:45:42 | 日常
というわけで、今日も大河な自分語り日記です。
徳川家康は、めちゃくちゃ嵌まってほぼ欠かさず見てました!
これもオープニングから好きでした。山の清水から始まった流れが海に達する、と書くと終わってしまうけど。
長男を切腹させたあとに庭に向かって一人慟哭して、たしかその回のタイトルが「落花有情」。
うろ覚えなので話半分にお願いします。

次にめちゃくちゃ嵌まったのが「炎立つ」。
その次が「新選組!」次が、現時点の「平清盛」。

歌舞伎役者や好きな俳優が出るから面白がって見るってわけでもないです。
毛利元就とか徳川三代とか、それほどでも好きでもなかった。
元老忠臣蔵はそこそこ見たけど。宮本武蔵?初回と一乗寺(だっけ?吉岡道場との決闘)だけ見ました。

昨今、ドラマのキャスティングばかり話題にしようとされるが、
当然ながら、気に入れば見るし、合わなきゃ見ないですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔の大河ドラマ

2012-05-31 08:39:16 | ドラマ・テレビ番組
なんとなくテーマ音楽集を聞きながら出勤中。
やっぱり昔の音楽のほうが概ねかっこいい……。
↑年寄り
まったりした中間部が入る曲、嫌いなんで。
ブラスの曲でも、ああいう構成のあのとって付けた感が嫌だった。

初期の大河ドラマ、たとえば花の生涯とか赤穂浪士はちょっと神話的な扱いになっていて、
テーマ音楽も、わりに聞くことがありました。
いろいろ考えると、うちに赤穂浪士のレコードがあったような気がします。
親世代の物真似定番はわざと不鮮明に言う「おのーの方、うちーりでござる」でした。

義経は、菊五郎さんファンになった今でも、見るとやっぱり弁慶に目が行きます。
残念ながら本放送は見てないと思う…。
テーマ音楽もかっけえなあ。

大河を意識したのは風と雲と虹と。
額に矢がピシーッと当たったのは、まだしっかり覚えています。
美しかった……

最初にオープニングが好きだと思ったのは黄金の日々。太陽が沈んでいくだけなのがすごく好きでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の色気

2012-05-28 08:51:56 | ドラマ・テレビ番組
昨日、帰ってきてから録画しておいた清盛を見ました。
多少、いかにもな流れはあるが(ヤマトや富野アニメで育っていると、「ああ、あるある!」的な)、私は話はすごく分かりやすいと思います。
知らない繋がりや忘れかけていたことを整理できるし。

で、鎧の話。
時代が下ってくると、もっと実用的・軽快かつ変に華美に走っておかしいので、
この時代の甲冑の幾分儀礼っぽい悲壮感のある美しさが大好きです。
主な武器が弓矢ってのがまたかっこいいよね。
だから30人力の剛の者なんて話も実際はどうかはおいといて、すごいアピール力があったと思う。
いよいよ身内の悲惨な戦いが始まったわけですが、
忠正が、もうかなりの年(当時としても)のはずなのに、鮮やかな緑の効いた、華やぎのある鎧を着用していたのが最初に目につきました。
役者に合わせて、と、壮年ではあるが枯れておらず青年っぽい青臭さも少しある男の色気を出したのかなあと思います。
「絆など最初からない」
「信じ切れなかった」と劇中で言いながら、見ているほうは、10人中9人まで、「いやそんなことはない。あえて捨て石になった不器用だが優しい人だ」と思ったと思う。
そういうかっこいい、主人公が倒して成長していく時に出てくる仇役の色気がありました。

清盛が精悍な黒づくめなので余計目だった気がします。

あ、時代考証はわかりません。現代風感覚で書いています。

清盛の黒は今風でかっこよくて、本当は、財力も地位もある武士の棟梁で、あのくらいの子がいる若さなら、
もっと赤の目立つ華やかなのを着そうに思いますが、艶はあるが粋すぎなくて、すごく似合っていました。
(黒鎧って、も少し身分が低くて悪ナントカなんてあだ名のつくような豪傑のイメージ。江戸時代なら、背中に野晒しの絵を描いた着物の槍の名手とか)
義朝は、やっぱり史実的にはよくわからん白鎧で、よく似合って強そうで、酷薄というか修羅な感じがしてかっこよかった。
黒も白も史実的にはよくわからないのですが、なんとなく縁起は悪そうで、洋風のセレクトな気がします。
背が高くてすらっとしているので、そういうほうが似合うかもだし、
見ていてロボットアニメとかヒーローものっぽい!と思いました。
後から、義朝はアレクサンドル・ネフスキーのチュートン騎士団っぽくもあるなあ、と思ったりして。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々日記はリーガル・ハイ

2012-05-09 19:00:04 | ドラマ・テレビ番組
鍵のかかった部屋は多少贔屓目が混じっている可能性もあるので、
気持ち誉めるのを自粛しちゃう感もあるけれど、
リーガル・ハイは文句なしに面白い!
主人公はエキセントリックなろくでなし、だけど非常に魅力的(堺雅人最高!)。
見方が多面的なのも面白い。
「正義」って何?
原告は必ず正しい?
ちょっと胡散臭く感じていたところを緩く鋭く古美門弁護士が突っ込んでくるのが爽快です。

加えて、登場人物がみな面白い。
経歴が謎な服部さんもいい味出しているし、美人秘書の小池栄子(本当に美人!)、やっぱり謎な工作員のKAT-TUNの田口(大口開けて、旨そうにご馳走を食べるのが気持ちいい。すごい大口なのに、不思議と品があるのも謎。あと、どうでもいいけど首が長い子だねえ)。

ガッキーは、あまりに仕事が出来なすぎるのが不満だが、気が強くてすごくかわいい。
理論はともかく、古美門に負けてないのがおかしい。
でも放送終了までに一人前になれそうにはないなあ…

不満といえば、オープニングの曲、なんであれなの?!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

不快なCM

2012-04-26 08:54:42 | ドラマ・テレビ番組
口移しや「私と赤ちゃんを……」は見た途端嫌悪感を催すレベルで、
いっそ、これは現代の女工哀史では?くらいは思った。
こんなことをうら若い、そうかわいいとは思わないけど一応アイドルにさせるとか、
揚げ句の果てに大不評とか、
ファンでもないけど心底気の毒だった。
こどもに見せたくないとか教育によくないなんて「ご意見」は後付けのこどもをダシにした言い訳も多少あって、
見た本人が、「無理!気持ち悪い!」だったんじゃないかと思う。
しかも、ちょっとくらい萌えたらまだしも。悲しいくらい萌えねえ。
あざとさとか、嫌な感じの嫌らしさだけが残る。
それが見なくなったら、今度は季節ものの制汗シート(?)
もともとこの手の商品って気持ち悪くて嫌なんだけど(ナプキンなどはよほど気を使っている)、
脇を見せびらかして、シート挟んで、汗の具合なんか見せられたくないわけですよ。
匂わない、とかも言われたくないわけですよ。
おそろしく無神経。
名前も知らないモデルさんでもイメージが崩れて嫌なものを、
そこそこ知られている韓国のアイドルにさせるのがまた嫌。
これまた全くファンでもなんでもないけど気の毒すぎる。


韓国アイドルといえば、儒教のお国柄でエロネタ下ネタ禁止ときき、
露出の多いエロチック衣装とダンスも日本向けと聞く。
自国だめでも他国で腹だし尻振りがOKな理由がどうしても分からない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一部スマホ・タブレット使いの人に苦言

2012-04-23 08:53:09 | 日常
駄目な人がいるから目立っちゃうということで。
スマホはやはりでかいですよね。
そして、タッチパネルなので、入力に若干大きめの動作が必要です。
混んでいる車内、それから座席に座っている場合にそのあたりが無神経な人が時々見受けられます。
そういう人は、肘も突っ張っているから、そもそも無神経で、一事が万事そんな感じなんだろうとは思う。

それをいえば、混んで人が密着している中で、他人に腕をぶつけたりもぞもぞさせながら、
他人を押しこくって場所を取り、ぬけぬけとそんなものを見ている(けっこうゲームだったりする)ような奴ってことではあります。
傘を斜めに持って振り回すとか、狭い歩道で3人並んで全く避けずに平気で歩いてくるとか、
よろしくない人々は増えているのでしょう。

そんなこともあって、どうも苦手で、使いたくない気がしてしまいます。

もう1点ついでに。
これは趣味かもしれないが……
タッチパネルを、人差し指以外の4本の指を蟹の脚みたいに拡げて入力している若め?(20~30代?)の女性がわりといます。
これ、非常に汚くて下品だから今すぐ止めたほうがいいと思う。
なお男性では見たことがない。

なんというか……ちょっといじりたくない系のものをいじらなければならないような時に、
両手の親指と人差し指の爪先で摘むようにして、掌を外に向けて残り6本の指を大きく開く人(やはり確実に女)がいるでしょう、あんな感じです。
食事時にこんな仕種をしたら、クチャラー同然です。親に恥をかかせます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビドラマ(なんのひねりもないタイトル)

2011-12-26 08:49:42 | ドラマ・テレビ番組
今更ですが、坂の上の雲が凄い。
これがNHKの本気、ですね。
ああ、ちなみに今年の大河は最大のクソだと思っています。
ちらっとでも見るたびに猛烈に腹が立って。
あれがスイーツ脳って奴か。寒すぎる。

毒はともかく、坂の上の雲は、これまでも実直な作りで抜群に良質だったのですが、
戦争シーンの凄みが、怖いけれど目が離せない。
敵味方とも一兵士の顔がよく見えます。
美化せず淡々と、時折スローにはなるけれど、ひたむきに戦って、殺されていくのが辛いです。
過剰に残酷な描写はないが、戦争の悲惨さがぐんぐん迫ってきます。
きびきび働いている兵士達も、報われることなく吹き飛ばされる。
有能な人材を無駄に殺し合い、無駄に金や資源を使うだけで本当に虚しい。

そんな中でも、砲撃中止の命令を聞いて、勝利に気付きうっすら微笑む(昨晩の放送)とか、なんともぐっとくるシーンが入っていたりして。

おじさん度の高い俳優たちも皆いい顔をしています。
軽いイケメントレンド俳優みたいなスタンスだった人も、泥臭い汗臭い芝居をしているのを見ると、
昔の役者はよかった、と言うおじいちゃんたちに、「どうですか、今の役者は」と胸を張りたくなる。


先週、それを見た後で南極のほうに移動したら、犬が死んだところで、
こちらは感動的にしよう、泣かせようとしているのがあからさますぎて、
一気にサーっと冷めてしまいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラチナチケット

2011-11-08 08:59:32 | 演劇
もうぜっったい取れまいと覚悟しつつも散々あがいて全敗した『あゝ、荒野』、
友人が神懸かり的にゲットしたのを譲っていただき、めでたく行ってまいりました。

まだまだ公演は始まったばかりなので、ネタばらしになりそうな感想は止めます。

好演だと思います!

一人は、寺山調モノローグはちょっと厳しいけれど、
案外それもありかも??と思うことが最後に分かります。
もう一人は、寺山調よりやりやすいのは差っ引いても、予想以上によかったです。

まだ始まったばかりで、全体的に少しこなれていない感はあります。
青山でご覧になる方はさらに期待できます。
あと、寺山芝居を期待しすぎると、「??」ってなります。
視覚的情報が多すぎるけれど、猥雑さのようなものは割りと薄いと思います。
まあ最後で(ry

そんなわけで、見たい人が複数回見られるといいんですよね、お芝居って。
複数回どころか自前では完膚なきまで叩きのめされたけどね……。
おかげで、このタイトルを見ると、抽選の自動音声を思い出すようになりました。

そんな貴重なチケットを譲ってくれた友人に大感謝です。
あと、これは、一人より二人で見たほうが楽しい!(終わった直後に感想言い合いたい!)
感謝さらに倍!
貴女のナイーブで刺激的な感想もすごくよかったです。と、ここでこっそり。

「スタオベの沸点が低いでしょう」って言われたけれど、まあたしかに。
でも若い人気者が出演する芝居って割りとそうですね。
ご祝儀気分かな?
あと、誰よりも先に立つ!のを目指しているような人も結構いますしね。

うがった物言いしちゃったけれど、
ちゃんとした考えがあって決めているわけじゃないんですー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妖怪人間が面白い!

2011-11-01 23:23:22 | ドラマ・テレビ番組
なんでしょうね……。
疾走する現代に取り残されている感とか、疎外感とかが、強いですね。

みんなが突っ走っているのかと思ったら、ところどころ立ちすくんでいる人もいる。

案外、高度成長時代と、景気は停滞しつつも常に発信される情報に追われて効率や不景気を理由に物事を切り捨てていく今と、
時代の空気は似ていたりするのかな。

人間に似た形の時には美しいのに(必要以上にベムが色っぽい気がするけどオッケー)、なんともいえない居心地の悪さ。
石をぶつけられて、人間に恐れや絶望を感じている部分もありそうなのに、
それでも人間になりたいんだなあ。
社会的問題に繋げすぎるのもアレかもだが、
人間に作られた、しかも失敗作だそうだから、
人間の被害者ではある。
どろろみたいなアイデンティティ探しのようなものかな。

ナイーブなドラマです。
次回も見ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋のドラマ

2011-10-27 21:54:29 | ドラマ・テレビ番組
びっくりするくらい好調ですね。
ほんとにびっくり←当たり前

興味があって見て、面白そうだと思ったのは妖怪人間と主婦探偵です。
南極大陸は面白そうだが若干既視感があります。
で、先週はN響を見ました。あの時間帯はN響の曲次第ではある。何もなければ見てみたい。

妖怪人間は、もちろん知っているがディープなファンとまではいかないので、気楽に見ていましたが、
予想以上によかったです。
疎外感がよく出ている。
マジンガーZとかデビルマンとか、ウルトラセブンとか、そんな時代の空気みたいなものがどこかにある気がします。

個人的には亀梨くんの芝居は嫌いでない(好きかどうかはよく分からないが)のに、
これまでどうも作品に恵まれず(ワインの話は、本人以外のところで見るのが無理だった)不遇な気がしていたので、
これが成功したらいいなあと思います。

主婦探偵は、風呂を洗わなきゃだったので途中までしか見てない(T_T)
深キョンかわいい。
次回必ず。

あと、毒舌執事を見ていますが、
まあこれは、お気楽に美男美女を見るポジションでいいのかな。
演出も話もアレで、はっきり言ってトンデモ残念だが、聞いた話では、原作からしてトンデモアレだというので、
単なるキャラ萌えお気軽ライトノベルなんでしょう。
ごめんね、勝手にミステリーだと思い込んで!

演出も、カバチよりはましです。
馬鹿テンションで衆愚の象徴みたいな大家夫妻(あれは役者が可哀相)もいないし。
ただ、上司のお坊ちゃま、これからどうするんだろう。
ただうざいだけじゃ、保ちません。

そういえば、相棒は絶対に見たい内容だったなあ(T_T)
予約していけばよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加