ひざの痛みはガチョウの足

~いま、整形外科医の診察力がヤバイ! ~

はじめに

2017-03-29 17:54:10 | 日記
皆さんの膝関節の内側でスネの上方に鵞足(がそく)と呼ばれる部位があります。



鵞足の『鵞』という字は、ガチョウの『ガ』と読みます。
つまりガチョウを漢字で書くと鵞鳥で、鵞足は鵞鳥の足のような形をしているのです。
この鵞足の詳細はあとに譲るとして、私はこのブログで整形外科医による膝関節の診療の重大な問題点を指摘しつつ、膝関節を中心としたさまざまな関節の痛みの取り方について説明しようと考えています。


上記の鵞足は膝関節に近いのですが、膝関節ではありません。
しかし、この鵞足が痛むことは多く、この痛みを一般の方は「ひざが痛い」と言います。


整形外科に行って「ひざが痛い」というと、十分な問診もなくレントゲンを撮り、十分な触診もなくお決まりのように膝関節にヒアルロン酸の注射を打たれることでしょう。


まてよ、ヒアルロン酸は膝関節の中に注射しているんだけど、鵞足は膝関節の中じゃないよね?


整形外科医は、そんな診療をしていていいの?

皆さんはそんな診療をされていいの?


私は大きな問題だと感じています。


とにかく、今、整形外科医の診察力がヤバイほどレベルが低いのです。
ひざの痛みの原因を問診や触診でしっかりと追及できる先生が少なすぎるのです。


その結果、一見まともな治療のようで、実は的外れな治療が堂々と行われているのです。


この傾向は膝関節に限らず、足関節、股関節、肩関節、手関節、腰や首の関節でも同じです。

近いうちに誤診が問題となる事件も起こるのではないかと心配しています。


このブログでは、整形外科医の問題点を指摘しつつ、皆さんがどのように自分のひざの痛みと付き合っていけばよいのかということを説明していきます。

このブログの目的の一つは、整形外科医の診察力を向上させることであり、ただ批判するのではありません。
もう一つの目的は、皆さんが自分の身体のことを理解して自分の膝関節を自分で守れるようになることで、さらにできれば皆さんの担当の整形外科医を皆さんが教育できるようになることです。


更新のスピードは遅いかもしれませんが、楽しみに読んでみて下さい。






関節の痛みは、本当に関節の痛みですか?



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 関節の中と外 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む