股関節痛は怖くない!~変形性股関節症の新しい考え方

変形性股関節症の常識には間違いが多く、怖さを抱えている人が多い。
常識の間違いを理解して人生を楽しみましょう!

股関節手術の目的 2

2017-05-05 23:24:23 | 股関節の基礎
1週間のご無沙汰です。
フライデー松本です。

ゴールデンウィーク天気が良くて良かったですね。
皆さん、どこかに行きましたか?
私は埼玉でゆっくりしてました。




前回の記事でも書いたように、股関節手術の主な目的は『股関節痛の改善・除去』です。


従って、手術前に病院の先生は『この手術をすることで、本当に痛みが取れるのだろうか?』と考えるのが普通です。

私はこのブログや膝のブログでも繰り返し書いているのですが、『股関節痛の原因は関節の中なのか関節の外なのか?』ということをまずは、まず第一には、そのことを考えなければなりません。


例えば、股関節に変形がある人でも、股関節痛の原因が関節の外にある筋肉にある場合もあるのです。


簡単に書くと、筋肉のこりが股関節周辺の痛みの原因であるのに、骨を人工に取り換えても、または、骨の形を自骨で整えても股関節痛は改善しないことがあるのです。


『手術後の経過が思わしくない方へ』という話をする以前の基本的な診察が必要だと思うのです。
しかし、その基本的な診察法は多くの病院で行われていません。

もしかしたら、筋肉への施術だけで手術を避けられたかもしれません。
本来なら、『筋肉の施術だけでは無理!』と診察でしっかり否定してから、手術に臨まないといけないのです。

つまり、『この方の股関節痛は、股関節の外にある筋肉が原因ではない。股関節の関節包の中に股関節痛の原因があるのだから、手術をすれば必ず痛みは取れる。』という根拠が無ければ手術はできないと思うのです。
ところが、この鑑別を行わないまま手術は行われているのです。


確かに、多くの場合は骨を人工に変えて関節包を取り除く人工股関節手術や、骨の形態をほぼ正常な形にする自骨手術によって、多くの方の股関節痛は改善・除去されています。


『そうなんだからいいじゃないの!』


そう思う方は多いと思うのですが、その陰で『私は、同じ時期に手術を受けた多くの人たちと比べて明らかに回復が遅い。』とか『私は、手術を受けたけど、痛みは変わらない。』という方が必ずいるのです。
実は、中には『手術後、さらに痛みが強くなった。』という方もいるのが現状です。

『その数は非常に少ないんだからいいじゃないの!』
そう言っていいのでしょうか?

その人達にとっては『運が悪かったね。』『おかしいな、手術はうまくいっているんだけど。』で済まされる話ではありません。


逆に考えると、手術後に非常に経過が悪い人の中には『手術前に手術の適応性を確認しなかった。』と訴える方も出てくるかもしれないのです。
病院側のリスク管理としても、手術前にこの方の股関節痛の原因について『股関節痛の原因は関節の中なのか関節の外なのか?』をしっかり鑑別する診察を行うべきだと思うのです。




「松本先生、私人工股関節手術をしようと思う。」と言われ、病院を紹介してほしいと言われたときに、まずは玉川病院の松原先生かさいたま赤十字病院の石井先生を紹介しています。
この病院だけではないのですが、東京医科歯科大学病院出身の先生方のいる病院では、手術前にこの鑑別診断をしっかり行ってから手術をしている先生が多いのです。

しかし、すべての患者さんに行っているのでは無いようなのですが、そのような考えを持っている病院ですので紹介させて頂いています。


私が知っている限りでは、この鑑別診断を行っている病院はこの2つの病院だけです。


勿論、手術後に『あれをしちゃだめ、これをしちゃだめ。』という手術後の生活にほとんど制限の無い手術を行っている病院であることも紹介理由のひとつです。
このような術後の生活に制限の無い手術法は他の病院でも行われてきているので、遠方の方には、そのような手術を行う病院のみを紹介させて頂いています。
特に切り傷の小さいMISという方法を勧めているわけではありません。

まずは、『鑑別診断を行っている病院』、次には『手術後の生活に制限の無い手術、つまり、脱臼しにくい手術を行っている病院』を紹介させて頂いています。


この『股関節痛の原因は関節の中なのか関節の外なのかという鑑別診断』について、次回の記事で書いてみたいと思います。



変形性股関節症を怖がらないでね






■宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!

     ■渋谷区周辺の方は芦沢先生にご相談ください!






6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 松本深圧院福岡 院長中村雄也 
         2016年4月4日オープンしました。
         現在、かなり良い雰囲気になっています。
         九州周辺の皆様、宜しくお願いいたします!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
        2013年4月大阪店を開院しました。
        山中院長の人気急上昇です。
        


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ


■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
        小林先生が2016年7月1日にデビューしました!

                
■仙台 
        理学療法士の先生を育成中です。
        そろそろですね!


■札幌 随分患者さんが増えています。
        理学療法士、作業療法士、柔道整復師募集中です!
        仙台の見通しがつけば、本格的にスタッフを探し始めます。
        


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 股関節手術の目的 | トップ | 股関節手術の目的 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む