股関節痛は怖くない!~変形性股関節症の新しい考え方

変形性股関節症の常識には間違いが多く、怖さを抱えている人が多い。
常識の間違いを理解して人生を楽しみましょう!

変形の進行は止められる! 2

2008-08-15 02:05:00 | 経過報告(レントゲン)
8月6日銀座1丁目のみずほ銀行の前を関口知宏さんが歩いていた。
すれ違いながら目と目が合ったが、そのまま過ぎ去った。
身長が高く、テレビで見るまんまの自然な感じで歩いていた。
少しして振り向くと、もう彼はいなかった。



●2003年のレントゲン


●2008年のレントゲン



高位脱臼を起こし(おそらく子供のころから)、大腿骨頭が骨盤に当たっていかにも痛そうでしょ?



5年前の二宮さんは、徐々に歩行が困難になり杖と旅行バッグを使わないと歩けなくなりつつありました。
股関節が曲がって伸びず、上を向いては眠りにくい状態で、歩行時は体が前傾してしまうので、両手での支えが必要でした。

2年前に初めてお会いした時は、片方に杖、もう片方に旅行カバンを持ちやっと歩いている感じでした。
その為、右腕の疲労(筋の痛み)が限界に近いようでした。
脚に関しては、①左脚がだるい ②右のお尻が痛い、という訴えでした。


まずは、股関節が伸びるように、腸腰筋を緩めなければなりませんでした。
腸腰筋が緩めば、就寝時に上を向いて寝れるようになるからです。
また、脚に体重を掛けやすくなり、歩行が非常に楽になるからです。

最初の1~2回目の施術では、脚に関してはあまり症状の変化を感じられず、効果が出ないのではないかと感じました。
右手の痛みは2~3回の施術でかなり改善しました。


最初のほうは、月に4回ほどの施術を行いました。


とにかく左足で立つことが全くできませんでしたので、筋肉をほぐしつつ、自宅では左足に体重をかけるトレーニングを繰り返し行っていただきました。


左足では全く立てないのに、私は「絶対に立てるようになります!」と言いきっていました。
熊本のK子さんの経験が、“絶対立てるようになる!”という確信を与えてくれました。


徐々に股関節が伸び始めた頃、痛みもかなり改善してきました。

最後に右小殿筋だけの痛みとなり、私の最大のひじ力でお尻の横奥深くに眠る小殿筋を押したら、その痛みも出にくくなりました。


現在は、その右小殿筋だけを管理しておけば痛みが全くない状態になりました。

左片足立ちも、徐々にできるようになりました。
しかし、今から1年前の左片足立ちでは、左肩が下がっていました。


現在は、肩を水平にして右片足立ちだけでなく、左片足立ちもしっかりできるようになりました。
もちろん身体をまっすぐ伸ばしたまま立てます。

屋内では杖なしで歩けます。
屋外はT字杖だけで歩けます。
歩行速度は結構速くなりました。
2006年10月には銀座三越から当サロンまでやっと歩けるくらいの歩行能力でしたが、今では数往復は可能です。

旅行が趣味でしたので、東北の温泉、台湾、ハワイ・・・結構行けるようになりました。
あの、全く体重をかけることのできなかった左足が、今では安定して立てるようになったことが大きな改善の主要因です。

そのために指導したトレーニングは患側荷重法だけでした。


二宮さんは、骨も改善していますが、運動能力が改善したのは、筋肉が改善したことの方が大きいですね。

皆さん、たとえ“骨の変形が進行します”と言われても、筋肉は改善します。
筋肉が改善すれば、骨の変形を遅らせたり、骨を改善できこともあります。

人工関節の方も同様です。
人工の関節(骨盤側と大腿骨側)は、自分の骨によって固定されています。
自分の骨を弱くすると、人工物の固さに負けてしまいます。

手術していようが手術をしていまいが、良くなるんだという希望、良くするんだという意欲、長持ちさせるんだという考え方を無くさないで頂きたい!


お~ぼん・ぼん・ぼん ぼん・ぼぼんぼぼぼ・ぼん・ぼん・ぼん。






変形性股関節症を怖がらないでね




●DVD『股関節長持ち術』のご注文はこちらからどうぞ。
●銀座、8月の施術予約はこちらからどうぞ。














『癒し』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変形の進行は止められる! | トップ | 理学療法士のための「深圧実... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
進行と修復 (上村 明美)
2008-08-16 10:28:36
始めまして。上村と申します(女66歳)

最近先生のブログに出会い、何度も繰り返し読ませていただいています。
まるで目からウロコの落ちるような思いです。

私は変形性股関節症の末期です。
15年前に障害者手帳を申請した折に、あと5年で歩けなくなるでしょう。と言われました。
人工股関節の手術を勧められるので、整形外科には行きたくなかったのですが
最近腰に痛みを感じて、見ていただこうと別の整形外科に行きました。
腰椎が第4腰椎の辺りが右にプクリと出っ張るように変形していました。

整形外科医は腰のことには触れず、ただ股関節を手術するようにと言われます。
「あなたの股関節は軟骨は全くなく、グシャグシャですよ。」
「車椅子でも構わないなら、手術しなくてもいいが」
「サプリや体操など無意味です」等等
私のこれまでの努力を全面で否定され、屈辱を受けた思いです。
こんなに普通に生活しているのに、私がしたくないといっているのに、どうしてそこまで手術を勧めるのかと・・


このブログで先生の仰る「進行ではなく修復だ」「いずれ末期になるのではなく安定期がくる」
を読ませていただき、まさにその通りだと今、実感しています。
現在股関節の痛みはありません。
足の爪切りも可能ですし、二、三階くらい登るのは手すりも無くて大丈夫です。
両膝を抱えると胸までは曲がりませんが、それに近いところまでいきます。
ただ足を横に開くことは、無理です。和式のトイレは使えないでしょう。
足も確かに短くなったような(笑)身長が20代の頃より2、5センチ低くなっています。
でも普段の生活に不自由は感じていません。
ブログのお陰で、ストレスが取り除かれて、心も至って快調です。

此処までになるには私も努力をいたしました。
自力で骨盤調整に毎日励みました。
一時はじっとしていても痛み、寝返りも儘成らぬ状況が十年(?)近く続いたでしょうか。
が、今は全く平気です。
細かった足も回復し、もともとの太さにほぼ戻りました。
歩く時もびっこはありません。
昔に比べて雲泥の差があるので、生徒さん(私は小唄、三味線を教えています)が
驚いている状況です。

前置きが長くなりましたが、一つお聞きしたいことがございます。
ブログの全部を克明に読ませていただいたわけではないので、まだ理解が足りないせいかもしれませんが
「変形性股関節症は、進行性でなく修復性」というものであるならば、
施術で進行を止めると言うことは、修復を止めることに成りませんでしょうか。
あぁ、修復していることを止めても、施術で痛みもなく安定させることができると言うことなのですね。
自分で質問しながら、いま自分で納得してしまいました(笑)。
もし、間違って思い込んだところがございましたら、どうぞご指摘をお願いいたします。


このブログに心から感動いたしましたもので、
突然に不躾なメールをお送りいたしましたことを、お許しくださいませ。
私が東京に住んでいるのなら(福岡在住)、是が非でもお訪ねして施術をお願いしたいところでございます。
長々と失礼致しました。
読んで下さって本当に有難うございました。
先生ありがとうございます (二宮真理子)
2008-08-16 19:45:07
あら、またレントゲン写真再登場ですか。何度も申し訳ありません。
この写真を見たら大抵の人は引きますよね~!
そして思うでしょ、「歩けるのかしら?」「手術はしないのかしら?」
手術はともかく「歩けてますよ~!しかも痛みなく」ね。まだ外では杖は使っていますが歩いています。家では杖フリーです。
不思議ですよね、これで歩けているんですから。
ほんとに「レントゲンは怖くない!」です。
あれれれ・・。

まぁ、レントゲンはどうあれ自分ではずいぶん歩けるようになったなぁと感じています。
はじめの頃は銀サロの施術に通うのに地下鉄の駅から遠く感じる日がありましたが最近は歩いていても後ろから来た人にそう追い越されることがなくなりました。
ウインドウショッピングに時間を取り過ぎてあわてて銀サロに向かっている時は前を歩いている人も追い越したりもします。
施術の行き帰りは「銀座ショッピングエクササイズ?」とひやかされながらもしっかり寄り道を楽しんでいます。何事も楽しくがモットーです。ハイ。

先日は久しぶりにバスツァーに行きましたら靴を脱いで見学する場所がありました。
これまではそんな時は杖を持ってあがることが申し訳なくて躊躇することが多かったのですが今回は入り口に杖をおいて見学できました。とてもうれしい出来事でした。杖なしで歩けるってなんと便利なんでしょ。

そうでした、両手が使えることでもっと便利になったことがあります。台所から食卓まで両手にお皿を持って運べるようになったことです。準備が早くできるようになりました。毎日のことなのでとても助かっています。

先生、「絶対立てるようになります!」と励まし続けていただきありがとうございました。とうとうほんとうに立てるようになったのです。そして歩けるようになったのです。はじめの頃のことを思うとほんとうに奇跡のように思います。
ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとうにありがとうございます。
これからも新たな目標に向かってお導きくださいます様に。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。


上村さんへ (MARK)
2008-08-20 04:53:04
人間には自然治癒力があります。
上村さんはすでに“修復”を終えたようですね。
よく頑張りましたね。
すごいの一言です。
アイスクリームでもおごりたいくらいです。

コメントの中にあった「変形性股関節症は、進行性でなく修復性というものであるならば、施術で進行を止めると言うことは、修復を止めることに成りませんでしょうか。」ということですが、進行を止めることは修復を止めることです。
できれば修復が必要ではない方がいいのです。
骨は、修復が必要な環境(骨や軟骨に負担がかかる状態)にあると判断すると修復を始めます。
修復が起こると、脚長差、関節の動きの悪さという犠牲になる部分も発生します。

初期のころから修復(変形)が進行しないように予防することが理想ですが、進行を止めようとする人が少ないんです。

コメントありがとうございました。
これからもお互いに頑張りましょう。
応援よろしくお願い致します。
二宮さんへ (MARK)
2008-08-20 05:03:12
二宮さんもよく頑張りました。
アイスクリームでもおごりたいです。

人間は骨だけでできているわけではなく、心も含めて全身の総合力を診ないといけません。
骨は正常と異なっても総合力の高い人はいっぱいいます。
ただ、その逆もあり得るのも事実ですが・・・難しいですね。

デパートめぐりが趣味ですよね。
デパートは楽しいですね。
男には珍しく、私も大好きです。

とにかく良かったです。

筋肉の状態はまだまだ良くなります。
生活上は“安全”が最優先ですので、杖をはずすことが最良ではありませんが、目標としていきたいですね。

コメントありがとうございました。
有難うございました (上村明美)
2008-08-20 10:42:06
お返事いただき有難うございました。
大変良く分かりました。納得です。

もっと早く知っていれば・・と残念ですが
でも、知らない方が多い中で、私はラッキーでした。
有難うございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経過報告(レントゲン)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事