股関節痛は怖くない!~変形性股関節症の新しい考え方

変形性股関節症の常識には間違いが多く、怖さを抱えている人が多い。
常識の間違いを理解して人生を楽しみましょう!

骨にトゲかい! 2

2017-06-16 01:30:46 | 股関節の基礎
皆さんお元気ですね!、ね!
先週の日曜日、術後の患者さんの顔を見にさいたま赤十字病院に行ってきました。

今年移転したばかりで綺麗な病院でした。
さいたまスーパーアリーナのあるさいたま新都心駅に初めて降りました。
埼玉に住んで長いのに初めてでした。
前日は松田聖子のコンサートがあったようです。
せいこちゃ~ん!
皆さんもコンサートとか行ってます?








いや~久しぶりのシリーズ2です。

最初の記事は2006年11月18日『骨にトゲかい!』でしたね。
懐かしい。

約11年前にこんな内容の記事を書いていたのですね。

⬇︎⬇︎⬇︎


『股関節の骨に骨棘(骨のトゲと書いてコツキョクと読みます)ができることがあります。
骨のトゲというと痛そうですね、何かに刺さりそうで。
よくできる場所は決まっています。
寛骨臼蓋にできやすいです。
どういう風にできるかと言うと、いわゆる“屋根”が浅い人の屋根を深くするようにできるんですね。
正面から撮ったレントゲンで見ると、屋根が外側に伸びて確かに棘のように見えるんですね。
『この棘が筋肉に刺さって痛いんですよ。』な~んてバカな説明をする先生もいるようなんです。
私は骨棘について貴重な経験をしたことがあります。
2年前の雪の降る山梨でのことでした。
私は鹿児島の患者さんとある先生の診察を受けに行きました。(私は付き添いの弟という役で)
その先生は、レントゲンにて臼蓋にできた骨棘を下から撮ったのです。
このようなレントゲンの撮り方は初めての経験でしたが、非常に重要なレントゲンの撮り方だと感じました。
皆さん想像してください。
野球帽のツバの部分があります。
横から見ると棘状に見えますが、下から見ると面積も広く棘には見えないでしょう?
その患者さんの骨棘は、野球帽のツバのような面積の広い見事な屋根として再生された骨棘でした。
つまり、屋根が浅いから骨が自分で考えて屋根を作るんですね。
残念ながらこの修正は、一般的には“変形”と言われ悪者扱いされるんですね。
“骨棘”と言うネーミングも悪いですね、誰が名前を付けたんでしょうねぇ。
もしも“骨修正”とでも名づけていたら、考え方も変わったでしょうね。
屋根ができるまでは痛みが出る場合があるのですが、屋根ができてしまうと股関節は安定するために痛みは少なくなります。
事実、この患者さんの場合、左脚を痛がっていましたが、屋根がしっかりできてからは右脚を痛がり、左脚は痛がらなくなりました。
右脚はまだ骨棘の屋根ができていませんでした。
だから現在右脚が痛いことがあるんですね。
右脚にも骨棘ができると考えています。
そうするとこの患者さんは両脚ともに手術をする必要がなくなるかも知れませんね。
皆さん、骨の修復力ってすごいんですよ!
この先生は患者さんに言いました。
『左には立派な屋根ができたね、もう手術は必要ないですよ。』
変形性股関節症を怖がらないでね』


この記事は富士温泉病院の矢野先生の話でした。


11年前の記事ですが、今でも『この骨のトゲが刺さると痛みが出る。』って時代遅れの説明をする先生もいるようですが、棘を好意的に考えてくれる先生が増えているように感じています。

結局この患者さんは11年後の現在でも両脚共に手術することなく、この時に問題になっていた左股関節は調子がいいです。
この後右の股関節に炎症が出て変形が始まり、その炎症が落ち着くまでに結構時間がかかりました。
右側も屋根がしっかりできてきたのだと思います。



今回の記事には骨のトゲのレントゲンを載せることにしましょう。
黄色の矢印で示したのが新しく増殖されたトゲ(骨棘)です。


そして、その説明のために、ついに、ついに、念願だった愛用の帽子で写真を撮り載せることに成功しました!
これならわかりやすいと思うのです。が?

帽子の本体が股関節の凹み(骨盤側の寛骨臼蓋)で、そこからトゲのように見えるのが帽子の“ツバ”と呼ばれる部分です。


帽子のツバは横から見るとトゲのような形をしています。
このトゲが刺さったら痛そうです!


ところがどっこいのすっとこどっこいですよ。
そのトゲ(ツバ)を下から見てみると、しっかりと広い面積の屋根になっているのです。



下から見たトゲは、とても刺さるようには見えないでしょ?

ですから「このトゲが筋肉に刺さると痛いんですよ。」と平然と患者さんに話し、恐怖心を与えている先生の説明がバカな説明だと言っている意味がご理解いただけると思います。

怒り心頭ですよ!



ちなみに、どうでもいいことなんですが、この帽子はゴルフにおける私の“勝負帽子”なんですよ。
チャンチャン!




変形性股関節症を怖がらないでね






■宝塚市周辺の方は綾部先生にご相談ください!

     ■渋谷区周辺の方は芦沢先生にご相談ください!






6都市構想 松本深圧院グループ


■福岡 松本深圧院福岡 院長中村雄也 
         2016年4月4日オープンしました。
         現在、かなり良い雰囲気になっています。
         九州周辺の皆様、宜しくお願いいたします!


■大阪 松本深圧院大阪 院長山中崇泰 TEL/FAX06-6319-9686
松本深圧院大阪のホームページです!
        2013年4月大阪店を開院しました。
        山中院長の人気急上昇です。
        


■名古屋 松本深圧院名古屋 院長早川大介 TEL/FAX052-908-2690 
名古屋・早川先生のホームページ


■東京  松本深圧院ルサロン銀座 院長田山陽平 TEL/FAX03-3562-2777
ル・サロン銀座のホームページです!
        小林先生が2016年7月1日にデビューしました!

                
■仙台 
        理学療法士の先生を育成中です。
        そろそろですね!


■札幌 随分患者さんが増えています。
        理学療法士、作業療法士、柔道整復師募集中です!
        仙台の見通しがつけば、本格的にスタッフを探し始めます。
        


※深圧に興味のあるプロの方(医師も含みます)は、まずは遊びに来てください。
また、どんどん見学に来てください。
スタッフ一同、お待ちしています。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 筋肉病 | トップ | 変形じゃないよ、修復だよ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

股関節の基礎」カテゴリの最新記事