ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

「俺の趣味って何?」

2017-02-13 23:31:30 | アルバイト
このところ行かない気がしないケン太です。

私の想定以上の頑張りを見せてくれています。

「頑張り」という表現は正しくないかもしれません。
頑張りすぎないからいいのだと思います。

何かを取り戻そうとか、ここで認めてもらいたいとか
肩に力が入り過ぎると、どこかで行き詰ってしまうかも。

だから私は「頑張ってネ」などと言うことはありません。

ただ笑顔でケン太の話を聞いているだけです。



仕事から帰ってきたケン太は弾んでいます。
そして、お口が滑らかです。

仕事のことも話ししてくれます。

だいたい1週間くらいで、どうにか商品の棚の位置を把握できたようです。

チラシ持ってきて「これどこにあるの?」と聞かれたら、
その場所に案内できるようになったとのこと。

でも、商品知識は難しくてなかなか覚えられないらしいです。
お客さんがいない時に商品の特色とか、教えてくれるそうですが、
言葉が難しくて大変とのこと。

「これには何がいいでしょうかね?」等のお客さんの相談には、ほぼ対応できず。

そういう場合は、別の店員さんを呼びに行く。
ほとんど今は取次ぎ役ですね。

クレーマーもやはり来るようです。
その場合は、他の店員さんに即、バトンタッチ
これは、新人が頑張っても逆効果の場合があるので、即、上司に繋ぐのが一番だね。

外人さんにもたまに話しかけられるようですが、もちろん、チンプンカンプン

取次ぎたくても、英語対応できる店員さんは誰もいないらしい
聞かれる内容もわからない。わかっても説明もできず、
諦めて帰っていかれる外人さんも・・・

まあ、なんとかやっているようです。
今は「研修生」という名札に助けられていますね


未だに嫌なことは何もないそうです。
足も慣れて、とんがった靴でも、疲れなくなったそうです。

「接客は嫌だ」と言っていた時もありますが、
経験がないことへの不安だったのでしょうね。

今では、厨房よりも100倍いいと言っています。
厨房やっている時、今度からはホールがいいと言っていましたからね。

今、店頭に立てているのは、厨房の経験があったからだと思います。




昨日、「俺の趣味ってなんだろ」と。。。

ケン太はたくさん趣味があるはず・・・じゃ?

店員さんの中で、パソコンが趣味の人がいて、
パーツの新製品がでたら、まず買うらしい。
給料を全部、それにつぎ込む勢いだそうで。
パソコンの話をしている時、本当に幸せそうなんだとか。

あとはゲーム好きの人がいて、そのレベルが半端ない。
この人も相当、ゲームにつぎ込んでいる。
レベルが高すぎて話が一部理解できないらしい。

自分は足元にも及ばない。
結構やっていたと思っていたけど、自分はほんのたしなむ程度だったんだなと実感したそうな。

そこで、俺って趣味と言えるものがあるんだろうか・・・と思ってしまったそうで。


しかし、上には上がいるものですね。

今まで知らなかった世界も広がってきているようです。



ランキングに参加しています!
ポチしていだだけたら嬉しいです
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊洲ランチ | トップ | 楽しみのために働く »
最近の画像もっと見る

アルバイト」カテゴリの最新記事