ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

大遅刻・・・神対応に救われました。

2017-04-22 23:07:00 | 私(みぃみ)
最初に言っておきますと、これは私のことです

先日、精神関係の治験に参加したことを記事にしましたが、
翌日も、ある治験の事前検査に行ってきました。

申し込んだのは結構前ですが、事前の数日前、確認メールが届き、
そのメールで指定されていたクリニックに向かいました。

クリニックに着いたけど、開いていない

どこか別の入り口があるのかなと建物の周りを確認しても他に入り口はない。
診療開始時間は私の予約時間の30分後となっている・・・???

クリニックに電話を入れ(出た!)予約している者だが、
何処から入ったらいいのかと尋ねると、

「予約ですか?どのような予約でしょうか??」と。

予約に覚えがないというお返事。

もう1回メールを確認すると、
そこは、本検査を実施しているクリニックだった。
つまりは事前で選ばれたら向かう場所ということ。

その日に向かうべき場所は『日本橋』だった。

私が今、立っているのは『代官山』

30分離れています


事前検査はそれぞれの時間で人数枠があるはずなので、
今日はもうダメかもしれない。

治験の会社に電話するも、繋がらず
仕方がないので、日本橋の向かうべき場所に電話を入れて、事情を説明すると

「わかりました。時間は気にされなくて大丈夫です。
今すぐ、こちらに向かえますか?今、代官山ですね?こちらで時間は読めますので。
慌てずゆっくりお気を付けていらしてください」

その語り口がとても柔らかくて優しくて心地よい。
とても安定感のある男性の声です。

とても救われた気持ちになりました。



そして、現地に到着すると、

電話の方らしき男性が入り口に立ってらして

「大変でしたね。どうぞこちらへ。お待ちしておりました」

と労いの言葉まで

大変なのはそちらの方なのに


最初の電話といい、その後の出迎えといい

これぞ神対応です!!



その方はそこの代表の方でした。

その他の担当の方々も、「大変でしたね」と声をかけてくださったり、
皆、とても優しかったのです。

トップの物腰の柔らかさ。優しさがそこの職場全体にも広がるのですね。

恐縮しまくりの私でしたが、私の気まずさを全て払いのけてくれて、
居心地の良さまで感じさせてくれました。

大遅刻したのに、なんだか幸せな気分になってしまったのです。

事前検査が終わり、その場を離れても、
その心地よさがずっと残っていました。

その日は気持ちよく1日を終えることができました。

これって、凄いことだな~って、思いました。


「その方を目指そう!」と思いましたね

いろんなことって伝染すると思うんです。
その人の空気が他の人にも影響を与える。

これは家族でもそうだなと。

誰かが暗い顔をしていたら家族は明るくなれない。

人を幸せにできる人。
家族を幸せにできる人

・・・になりたいなと思いました。



遅刻ですが、

私、こんなに遅刻したことがないのです。

だいたい時間は余裕をもって家を出る方なので。
この日も20分前には現地(代官山)についていました

ましてや場所を間違えるなんて、考えられないことでした。


前の日、精神疾患の治験も30分前に着くように家を出たのですが、
乗り換えの駅を乗り越し、3駅先まで行ってしまい、
慌てて降りて反対側の電車に乗ったら、快速から普通に乗り換えただけで、
さらに先に行ってしまったということをやらかしています

目的の駅についても方向を誤り、
人に聞いてどうにか2分前に滑り込みセーフでした


歳を重ねるごとにサザエ振りが加速

遅刻スレスレのケン太のこと言っていられないね。
ケン太はまだ遅刻していないのだから全然いい。

まずは私からだね




ランキングに参加しています!
ポチしていだだけたら嬉しいです
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創作料理(^^)v | トップ | 残業、残業・・・遅刻(^^;) »
最近の画像もっと見る

私(みぃみ)」カテゴリの最新記事