ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

「欠勤連絡不要」「好きな作業だけしていい」会社だって。

2016-10-13 23:20:55 | 感名を受けた話
昨日、ワイドショーで取り上げられていました。
朝日新聞にも載っていたそうです。

「欠勤連絡不要」
「好きな作業だけしていい」

という冷凍エビを扱う、水産加工会社です。


かつては欠勤はもちろん、遅刻、早退も厳しくチェックしていたそうです。

でも、

子育て中のパートさんが多いため、

欠勤の連絡は不要。
自分が働きたい時だけ出勤すればいい。

という「フリースケジュール」制度に変更。

当日行ってみないと誰が出勤しているのかわからない。
出勤してきた従業員だけで作業するという職場。

なおかつ、

「好きな作業だけすればいい」

毎月、好きな作業、嫌いな作業のアンケートをとるそうです。
好き嫌い、得意不得意は個人差があるので、作業が偏ることがないそうです。


子どもの病気など、急に休まなければならなかったり
嫌な作業をしなければならなかったり

そのストレスから解放される。

精神的に楽になることにより、働きやすい職場になり、辞める人も少なくなった。
結果、作業効率も生産性も上がった。

業績は「フリースケジュール」制をとる前よりもアップしているそうです。


人間は管理されるのは嫌。
やらされるのは嫌。

自主性を尊重されるとパフォーマンスが上がる。

「好きな作業だけすればいい」と言っても、
嫌いな仕事は一切やらないというわけではないようです。

その日によって偏りがあれば、自然と協力体制が生まれ、
自主的に嫌いな仕事もするようになる。

やらさせるのではないから苦痛に感じないのかもしれませんね。


人間の心理をうまくついた、やる気を引き出す新しい雇用形態に、
注目が集まっているようです。




こんな会社だったらいいな。

と、ケン太のことを思いながら見ていました。


「・・・でなければならない」という社会通念を打ち破った会社。

「・・・でなければならない」に苦しめられてきたケン太なので。


社会というものは・・・というのを突きつけられると
その常識の中で生きられない人間は認められないようで苦しくなります。


常識にとらわれない働き方があっていいはず。
ケン太にはケン太にあった働き方がきっとある。

そんな社会であってほしいと思います。



13日締め切りのバイト。

今日、ギリギリで申し込んだようです。


とりあえずは、ほっとしました




ポチよろしくお願いします
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒いはず・・・(>_<) | トップ | 親の影響 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

感名を受けた話」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています