ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

好きで興味があっても習い事は向かない

2017-07-17 23:03:36 | 思うこと
昨日、勉強のことを書いたのですが、

ケン太は「勉強は好き」と言っていました。
国語の読解とか、算数の文章問題とか、考えて答えを出すような問題が好きでした。

計算問題とか、漢字の書き取りとか、
地道に繰り返し力をつけて行くような勉強は、あまり好きではありませんでした。


そういったことが「習い事」にも出ていました。

小2で「習いたい」と言って始めたピアノ。
練習も嫌がらずやっていました。
先生も「この子はピアノが好きですよ」と。
コンクールで賞をいただいたこともあります。

小6の時、発表会の曲を真面目に練習せず、
先生に叱られて、そのまま逃げるように辞めてしまいました。

遊びに忙しかったこともありますが、
発表会の曲があまり好きではなかったように思います。

教本の曲を順番に練習するのも、ケン太の好きじゃない曲もあるので、
練習そのものがつまらなくなってきたのでしょう。

辞める時は、ほとんど練習していないケン太でしたが、
辞めた途端、毎日ピアノに向かうようになりました。

わかりやすい・・・

自分の好きな曲を好きなように弾きたかったのですね。

そうは言っても、まったくの自己流だし、指の位置も適当だし、譜読みも怪しい。
あまり進歩はしていませんけどね。

「音楽は楽しむものだから。楽しく弾けるのが一番。それでいいんじゃない?」
先生がそう仰ってくれています。



スイミングですが・・・

幼稚園の頃、一番仲のよかった友達の誘いで、夏休みの体験コースに申し込みました。
その後も、誘われるままに、長期休みの体験に何回か参加しました。

小学校に入り、これも誘われるままに、週1のコースに通うようになり、
週2もそんなにお金が変わらないというので、週2で通うことになりました。

ケン太は水が大好きで、庭によくビニールプールを出してあげました。
海でもプールでも、いつも大はしゃぎ。

だから、スイミングはいいんじゃないかと思ったら、そうではなかったようで。

何度も往復して同じことをやるのがつまらなかったようです。

仲の良い友達が乗り気で通いたがっていたので、それに引っ張られただけで、
本当は乗り気じゃなかったんだと思います。

確かに週2にしようかと話が出た時、渋っていたのですよね。
でも、友達が乗り気だったので、私も押し切ってしまって・・・

担任の「こまっていることは?」という質問の紙に「ならいごとをやめたい」と書かれました。

そのタイミングの時に、私は遅刻のケン太をクラスまで送って行ったのですが、
担任に別室に連れていかれ、クラスは急きょ、自習に事情を聞かれました

他にピアノと理科の実験教室にも通っていたので、週2に増やすのは負担が大きい。辞めた方がいいとハッキリと言われましたね。


ケン太は、好きで興味があることでも、
こうやりなさいとルールに乗っけられてしまうとダメみたいです。

ルールに縛られたくない。


ずっと苦しめられていた「提出物」も同じかも。

期限内に出さなければ・・という状況下に置かれるのが苦手。
強制されるのがダメなんですよね。

勉強そのものも、やらせられる勉強は嫌いだし・・・

学生である以上、そんなことは言っていられないんですけどね。
それが本分ですから。

でも、出さなきゃいけないとわかっているのに出せないわけでして・・・
それで自分の首を絞めているのもわかっているのに、出さないわけでして・・・

もう解放されたからいいんですけどね


学生時代に苦手を克服できるのなら、一番いいとは思う。
その訓練を積めるのが学生時代だと思うし。

でも、学校で求められることと
社会に出て求められること

同じじゃないので。

そう割り切ることもできます。

学生時代に苦労したことが、社会に出て続くとは限らないものね。


どう生きるか。
どういう選択をしていくのか。

求められるのはそこなので・・・


自分で考え行動できる人間になること。

目標はそれだけでもいいかもしれないね。






ランキングに参加しています!
ポチしていだだけたら嬉しいです
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何処に向かっていたんだろう... | トップ | インスタ映え? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む