ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

『3月のライオ〇』後編・・・

2017-05-10 23:09:15 | 私(みぃみ)
今日はケン太はお休みだし、水曜日だし・・・

一緒に映画を観に行く約束をしていました。

先月、『3月のライオン』の前編を観ているので、今日は後編を。






どうせ昼頃まで寝ているケン太だから、
午後の回の映画を観た後、一緒に夕食をと考えていたのですが、

その前の日が、友達が深夜にやってきて寝不足で仕事に向かった日なので、
帰ってきたら倒れ込むように寝てしまった。

早く寝たので、10時くらいには元気よく起きてきました。

なのでランチの後、映画になりました。


ランチのお店で友達親子に会ってびっくり。

友達は、これから、娘ちゃんと『美女と野獣』を観るということでした。

やっぱ、女の子だったら、それだよね。

ケン太はまったく興味がないらしいので
私は別の日に観に行くことにします。


映画ですが、

とにかく愛しくて切なくて・・・

それぞれが一生懸命に生きている。
自分が何者なのか・・・生きている意味を求めている。

誰かに支えられること。
誰かの力になりたいと思えること。
それがこれほどまで生きる力を与えられるものなのか・・・

両親を失うという悲しい運命に、人間的な感情を捨て暗い少年時代を過ごしてきた、プロ棋士桐山零が
様々な人との出会いの中で人間らしさを取り戻し成長していく物語です。

とにかく神木くんが素晴らしい。
こんなはまり役はないですね。


引きこもりの青年も映画の中に登場したのですが・・・

子の不登校の経験を持つ私としては、やはり気になってしまいましたね。
親子関係が原因の引きこもりだったように思うので。

また、子どもを残して家を出た親がまた戻ってきたり・・・

親に翻弄される子ども達。

親というものの罪深さも感じた映画でした。


ケン太は「よかった~」と言っていましたよ


ただ、映画の途中で2回もトイレに消えたけどね

いつもトイレに行きたくなるから、映画の前に水分取らないようにしているらしいけど、
ランチの後、すぐ映画だったからね


ランチは牛タンでした。





ランキングに参加しています!
ポチしていだだけたら嬉しいです
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリリングな日々だけど、快... | トップ | バイトの先輩が貸してくれた本 »
最近の画像もっと見る

私(みぃみ)」カテゴリの最新記事