ケン太とのprecious days

3度の不登校を経験し、どうにか高校を卒業しました。はたしてこの先は?自立を願う母のブログです。

心もバキバキ(^-^;

2017-06-20 23:36:45 | 家庭生活
昨日、ケン太が帰ってきて、

「これ見てみ・・・」と力なく差し出したもの。




「また、落したの?!」
「そう・・・・」
「ばっかじゃん!懲りないね~何やってんだか

「俺さぁ、やっとどうにか平常心取り戻せて家にたどり着いたわけよ。
いきなり傷口に塩塗るのやめてくんない?もう~~
スマホ、バキバキになって、心もバキバキなんだからさぁ~ぁ~

「・・・だってさぁ、いったい何度目?
あまりにも不注意じゃないの?お母さんなんて一回しか落としてないよ」

「一回、落したんだろ?1回だろうが何回だろうが、落したことにはかわんねぇだろ?」

「まあ、そうだけどね


ここまで話していて・・・

気づいたこと。


この後のこと・・・

これまでと違うんだな~


それは、この後、ケン太がどうにかするということ。
親は関わらなくてもいいということ。

だから、考えてみれば、落したことを非難しなくてもよかったわけね。

ついついね

これまでだったら、

修理?交換?
いったいいくらかかるの?
何回も落とすのは、親が出すと思っているから?
だから、気を付けないの?
小遣いから出させた方がいいのか・・・・
でも、小遣いないよ。この子・・・
スマホなし?
絶対ありえないな。
なんとしてでも交渉してくるな。。。

そのようなことが一気に頭を駆け巡っていました。

そしてどんな交渉をしてくるのかドキドキし、身構える。


そんな緊張感?からも、もう解放されたんだな~わたし


今まではガラスフィルムを貼っていたので、
フィルム交換のみで、修理や本体交換はなかったけどね。

4月に機種変して今のスマホになった時、フィルムは買わなかったらしい。
裸族に拘っていたわけではなく、単にケチっていただけということね。

自分でスマホ代を払うようになると、そういうことにもなります。

それで今回、画面をバキッとやり、痛い思いをすることになったわけですが。

アップルケアに入っていても、無償ではないからね。
やはり、フィルムは必要?

「もう裸族は卒業するわ」と言っていました。

最初はすぐ修理に出す予定みたいだったけど、
とりあえず7月までこのまま我慢することにしたみたい。

「スマホは2台持ちするべきだな・・・」とか言ってるし。

7月ならサービスもよろしいようで・・・

今後の計画を語っておりました。


私は「へぇ~」「そう~」と聞いていましたね。

さっき、非難することもなかったな・・・と頭の片隅で反省しながら、
それを挽回するかのように、ちょっぴり笑顔で

私の懐が痛むわけでもなんでもないからね。

ケン太も自分で払わなければならなくなったとはいえ、
いちいち親にお伺い立てたり、交渉したりする必要もなくなったから、
楽になったんじゃないかな?

自分が払える範囲で自由に計画できるからね。

2台持ちなんて親のお金なら許さないし(笑)

払えなかったら困るのはケン太
それはケン太もわかっています。

ちゃんと自分に責任を持てるようになってきます(よね?


子どもが自分の問題を自分で考えるようになると、

親も子もお互いに気持ちが楽になるものだな・・と実感します。


心配はなくはないですよ。
これまでいろいろあったからね

でも、悪い想像しても、そうなるとは限らないし、
心配は、手放さなければね。

それが子どもを信じることでもあると思うし。
信じれば、きっともっとよくなる!

物事は好転していく!はず!

心配を手放して、楽になりましょうね



ランキングに参加しています!
ポチしていだだけたら嬉しいです
     ↓
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親の修学旅行? | トップ | 子どもの気持ちを引き出したい? »
最近の画像もっと見る

家庭生活」カテゴリの最新記事