54歳からの欧州一人旅と日々をつれづれに

思いつくまま時、場所を選ばず綴ります。

21回目の欧州一人旅 成功11/19記

2016-11-19 14:16:04 | 欧州一人旅21インス・スイス
旅整理の前に思いつくまま記

ユーレイルパス利用する方へ 旅直前に届いたパス使用の注意書きをよく読むほど不安になった
上左:「ユーレイル パスガイド」冊子は前回までなかった ぺらっと1枚の紙で日付記入の必要とパスポート提示でバリデーションを駅で行ってから使用できるという注意だけだった 今度は1gでも重くしたくないのに20頁の説明書と記入用紙迄同封されていて持参せざるをえなかった その14頁に旅の詳細を必ずトラベルダイアリーに記入すること 記入ないチケットは無効になる 罰金(最大200€)の対象になる とある ぶらり旅では行く先変更はよくあること 使用日にあっちこっちへ行けるからパスを毎回買って旅を楽しんだのに! どうなるの? 全く分らなかった  パスは色々な国で使用するしこの世界情勢で変わったのかもしれない 私の読み違いか?上にその頁を出発前に写した(今回2か国8日35,200円) 
スイス・オーストリアではその不安は全くなく車掌さんとの会話や笑顔に触れ、トラベルダイアリーは私が開いて見せるまで見なかったり 鉛筆で目的地を並べても問題なく車掌さんはにっこり バリデーションはチューリッヒ空港で出来なかったがホテルに近いクローテン駅で早朝出来て記念のチョコレートも貰った
 
上写真:持参した48枚の写真から初めての旅インスブルック→スイス→ストック持参→お守り
万一の為に持参したものが多く夏ではないので洗濯は連泊の時最小限に 着替えの上着・ズボン・厚手の下着 靴下さえ全く開かず 疲れと明日のプランで休むのを優先 リュックの中は殆どそのままで帰国

電話機探し:スマホを誰もが持つ時代 テレホンカードさえ買う所がなくインスブルックでは何人にも聞いたが結局電話できるボックスは見つからず2時間も探し回った ポストオフィスやキオスクでテレホンカードありますか?と聞いても特に若い女性が追い払うような口調で感じ悪かった 今思うとインスブルックとインターラーケンだけ中国人グループが目立った ベルンで親切な日本の友人が出来てからは1SFを入れて電話できる赤い受話器をいつも探した 日本のKDDIスーパーワールドカードを持参したが時差や電話ボックス探しで日本へ500円分位しか使わなかった スイスでは殆どケータイかけ放題0円という
  
日本人グループは全く見かけずインターラーケンで親子に会っただけ 帰国時機中の周りはスイス人だけ隣りの女性は2週間初めての日本とのこと すぐ京都に向かい奈良・大阪・鎌倉と言っていた チューリヒ空港での待ち時間に話した女性は息子さんと一緒で京都・九州・松本・北海道と言っていた 
スイス旅行中も東京はみな避けて日本の寺院が魅力の様子 日本ファンの優しい目線が嬉しかった
息子が浅草に行った写真をスマホで探して見せてくれる人 失礼ですが何歳ですか? 母に見せたいから一緒に写真を 若い女性が私とスマホで自撮りしたり…“あなたと写真を撮りたい”と話かけてくれる人
うれしくて胸いっぱいの興奮し通しの毎日は薬を飲んでも全く眠れなかった まだ続く寝不足11/19 記
追記:投稿を終えメガロスお風呂へ行く途中、雨上がりの紅葉に見惚れた ドウダン,銀杏と桜の並木
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 21回目の欧州一人旅 成功11/... | トップ | 21回目の欧州一人旅 成功11/... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む