アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

宙組 王妃の館 その1

2017年04月20日 | 宝塚歌劇



実咲凜音サヨナラ公演!!

なななんとっ。
夢の1列目で体験じゃっっ!!

2017年4月4日(火)
東京宝塚劇場 18:30開演 SS席 1列 !!

宙組
ミュージカル・コメディ
王妃の館
 ~原作 浅田次郎「王妃の館」(集英社文庫刊)~
 脚本・演出/田渕大輔

主な配役
北白川右京:朝夏まなと
【セレブ気取の恋愛小説家。
スランプを打開すべく、パリへ取材旅行に】    
桜井玲子:実咲凜音  
【弱小旅行代理店の女社長兼、
ツアーコンダクター】 
ルイ14世:真風涼帆  
【17世紀のフランス国王。
“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”のかつての城主】 
岩波:一樹千尋
[正枝の夫]
下田浩治:寿つかさ  
[ふさ子の夫]
下田ふさ子:美風舞良  
[浩治の妻]
早見リツ子: 純矢ちとせ 
 [北白川右京の秘書]
岩波正枝:花音舞
[岩波の妻]
近藤誠:澄輝さやと
[刑事]
丹野二八:凛城きら
[真夜の夫]
金沢貫一:愛月ひかる 
[成金実業家]
クレヨン:蒼羽りく 
[本名黒岩源太郎。
 新宿のオカマバー勤務]
戸川光男:桜木みなと
[ツアーコンダクター]
ディアナ:伶美うらら
[ルイ14世の愛妾]
丹野真夜:彩花まり
[二八の妻]
ピエール:和希そら 
[現地ガイド]

ここはパリ!
空港で携帯電話に向かって
何やら必死に叫んでる男の子。
…いや、旗を持ってるから
添乗員だね。大人だね。 
戸川光男(桜木みなと)だね。

どうも、お客さんを長い時間
空港に足止めしてるらしいんだな。
「後、30分そこにいて!」
電話の相手は玲子さん(実咲凜音
格安ツアー会社の社長!
でも、旗を持ってる…。
彼女も添乗員やってるのよぉお。

どーもこのツアーは怪しい…。
なんと!ダブルブッキング!
こうでもしないと、
資金繰りが苦しくて、
やってられないんだってぇえ。
最近、どこぞの会社が倒産したよね。
タイムリーな物語なのね。 

2つのツアー
その名も”光ツアー”
大金を出して、
豪華絢爛なホテルに泊まる
お金持ち達。
もう1つは”影ツアー”
こんなお値段で
一流ホテルに泊まれるなんて!
ってくらい安いっ。
なもんで当然、庶民達。

同じホテルを
昼間は影ツアーに。
夜は光ツアーに。
24時間使用する!
それはホテル側にとっても、
願ったり叶ったり。
何故ならここも、
赤字経営だからぁああ。
ってことで、
ホテル包みなわけよぉお。

そんなこんなでこの物語は、
最高級ホテル
“シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ”
別名”王妃の館”で
繰り広げられる喜劇。

没落っぷりを嘆いているのは、
このホテル…じゃなかった。
この城の主
ルイ14世(真風涼帆)じゃぁあああ。
キンキンキラキラな衣装が
眩しいぃいいい!!
私ったらかぶりつき席なもんで♪
キャァァ♪

そうそう主人公は…
北白川右京(朝夏まなと
パープル系の!
ド派手なスーツ姿だぁあああ。
でもね、
衣装展で見て驚くけど、
普通の生地なんだよね。
だから、
かぶりつき席で見ると
じぇんじぇんキラキラしてないの。
しかぁし、照明のマジック!!
遠くから見ると、
ア~ラ不思議ぃい。
輝いてるんだよねぇえ。

まぁ様の、
2枚目半なキャラ作り!
イヒイヒ
緩急の付け方もウマイ!
イヒイヒ 

洋服も髪型もビジュアルも
立ち居振る舞いも
何もかも派手!!
んでもって
スラリとしてて足が長いっ!!
一風変わった髪形も
変じゃないわぁ。
ステキだわぁあ。

人気小説家なんでしょ。
只今、スランプ中らしいんだよね。
天から小説の神が降りてきたぁあ。
って執筆を始めるんだけど…。
直ぐに行き詰ったぁあ。

そんな時に、
部屋の奥から現われ井出たる…
太陽王ぉおおお!!
ルイ14世!!
亡霊ぃいいいい!! 

北白川先生ったら、
インスピレーショォォン!
キラリ!閃いたぁあ。
ルイ14世の知られざる愛の物語。
それイイ!
書けるぞぉおお!!
イヤがるルイ14世を
ベルサイユ宮殿へ…。

ルイ14世が探している
ディアナ(伶美うらら)の霊は
ここにいるっ。

なんて言っちゃった右京。
ところが…
全然出てこなぁい。
ルイ14世はカンカンだよぉおお。

光ツアーの皆が、
ベルサイユ宮殿のことを、
熱く語るルイ14世を、
仮装した現地のツアコンだと
思ってるんだよね。
アハアハァア。

ここでは彼の過去が…。
何故、ディアナを宮殿から
追い出す事になってしまったのか…。
再現されるヨ。
さすがは、宝塚。
美しいシーンだわぁああ。
♪踊れ~踊れ~♪
この歌がね、またね、
運命に翻弄されるルイ14世の
寂しさを物語るわぁああ。
太陽王だけに、
もっとワガママ放題し放題かと
思っていたのに。

鏡の間で、
ベガスにもこれと同じもんを作ったる!
金沢貫一(愛月ひかる)やで。
頑張って大阪弁を喋ってるで。
千葉県市川市出身の愛ちゃん!

北白川右京の作品名を挙げ連ねて、
「パクリやんけ」
これ、アクセントに苦労したんだって。

反論する北白川
お前こそ。
みたいなことを言って
金沢の頭をっっ。
ウワァァア!
なんと!ヅラ!!
頭を抑えて後ろを向いて
元に戻そうと必死な愛ちゃん!
アハアハ

鬘といえば、
トリック』の矢部刑事(生瀬勝久)を
思い出すんですけどぉ。
ククク

いやぁあしかし、
宝塚でこんなキャラが登場するなんて!!

関西らしく派手な服装で、
場を乱す、アクの強いおっちゃん。
たぶん、本当は
そういうキャラじゃないかなぁ。
でも、そこは宝塚。
サラリとしてまっせぇぇえ。

しかしまぁ、愛ちゃんは、
あの色白なビジュアルからは
想像出来ない
奇抜キャラをこなせる人だなぁ。
ホラ、『TOP HAT』の時だってさぁ。
ククク 

つづく

宙組
ミュージカル・コメディ
王妃の館
 ~原作 浅田次郎「王妃の館」(集英社文庫刊)~
 脚本・演出/田渕大輔
スーパー・レビュー
VIVA! FESTA!
 作・演出/中村暁
◆宝塚大劇場:2017年2月3日(金)~3月6日(月)
◆東京宝塚劇場:2017年3月31日(金)~4月30日(日)

宙組 TOPHAT  (2015.4.25記)
2017年の宙組こんなん出ましたぁ 王妃の館 (2016.7.7記)
宙組 トップ娘役 実咲凜音退団発表…ぅ (2016.8.26記)
なんて楽しそうなんだ♪ 宙組 王妃の館 (2016.11.1記)
宙組 王妃の館 その1 (2017.4.20記)
宙組 王妃の館 その2 (2017.4.21記)
宙組 VIVA! FESTA! (2017.4.22記)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月組 All for One たまきち... | トップ | 宙組 王妃の館 その2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。