アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

岩波文庫創刊90年!

2017年07月14日 | 



今年で岩波文庫が創刊90年! 

なななんとぉおお!!
岩波文庫…
最近はと~んとご無沙汰しているぞい。
我が家の本棚を見てみると… 

元禄忠臣蔵
真山青果:著 

アチャァァ…。
これだけしかないじゃないの…。 

そういえば…
色んな出版社の本が、
本屋にズラリと
並んでいるもんで、
岩波コーナーには
全然足を向けていない…ぅ。 

岩波文庫って
字が小さかったよね…。
老眼のお年頃だからさぁ、
そういうのはダメなんだよね…。
最近のは、
デカク印字されてるのかなぁ。
今度本屋で確かめてみよう。 

おっとぉお!
ワイド版というのが出ているとなっ。
中高年用に文字が大きい!
その分、値段も高い! 

私の中の、
岩波文庫のイメーシはザ・教養!

なんてったって、
読んだ記憶がある本ってのが、 

笑い
アンリ・ベルクソン :著

哲学者が書いたんだもんね。
劇団の養成所生だった頃、
読めと言われて、買った…
いや、同期に借りたんだっ。
そんな事は覚えてるのに、
内容はちっとも覚えてましぇん。
そういえば、
その同期に会った時、
何十年ぶりかで読み直してみた。
って言ってたなぁ。 

岩波文庫が登場した時代。
本は手軽な物ではなかったんだね。

”文庫”
って、画期的なことだったんだね!
そうだよね、
持ち運びし易いし、
何より単行本より安い!! 

実売部数は計約1万4千冊にとどまるが、
「重要なのは古典か、将来古典になる本であること。
創刊以来、売れるかどうかは二の次」 

こういう志が、
本を生かしてるんだなぁああ!!
本好きの末席を汚す私なんかが
言うのもなんですが…。
有り難いなよぉおお。 


東大生はこんな本を読んでいる!
しっかり、
岩波文庫も入ってまっせぇえ。 

他の出版社が、
装丁で目を引こうと
バラエティーに富んだ
装画にしてる中で、
昔から変わらない佇まい。
そんな岩波文庫には、
風格が漂ってるわぁあ。 

出版社が読者を導く時代から、
読者のニーズをキャッチする時代へ。 

みんなが知的欲望を持ち、
日本は「知的中流社会」になった。

ところが、今や衰退…。
スマホが幅を利かせるまでは、
文庫本は車内での時間つぶしだったのに…。 

電車の中で、読書中の人をみつけると、
アッ!仲間だぁ♪って
親近感が湧くんだよね♪

世の中にはまだまだ
未知の世界が広がっている。
その偶然の出会いを拒否することは、
「知的中流社会」を手放すことになる。

うぅむぅ…。
本を読む幸せを
手放しちゃぁいけないよなぁ。

文庫本を、
自由に選んで買える幸せを、
噛み締めなくっちゃぁ。 

嗚呼、本屋に行きたくなってきたぁあ。
ムズムズぅぅ。
ダメだからね。
そんなことしてたら、
積読(つんどく)専門に
なっちゃうんだからね…ぇえ。 

岩波文庫創刊90年にあたって―岩波文庫は,これからも進化し続けます
岩波文庫

(掌の教養)岩波文庫90年 
<上>「古典的価値」岩波のこだわり 先発の新潮、同時代文学を重視
<中>古くさい? 若者にどう届ける 「知的権威」戦後に曲がり角
<下>山崎正和さん、柴崎友香さんに聞く 

 ”掌の教養”
この言葉いいなぁ♪
グっとくるわぁあ♪

読む?観る? 元禄忠臣蔵 (2006.10.4記)
史上初!『元禄忠臣蔵』全十編通し上演スタート! (2006.10.20記)

一九八四年 トランプ政権誕生で再びベストセラー! (2017.4.10記)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇団民藝 熊楠の家 | トップ | 大英博物館の話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。