アッパレじゃ!

大好物は舞台観劇♪ようござんすか?ようござんすね。”私見”バリバリ入りますっ!ネタばれアリアリ~。

2月歌舞伎座 人情噺小判一両

2006年02月28日 | 歌舞伎

二月 夜の部 
『人情噺小判一両(にんじょうばなしこばんいちりょう)』
作・演出:宇野信夫
初演:昭和11年
配役:六世尾上菊五郎 初世中村吉右衛門 ほか
今回は7度目の上演で、12年ぶりっっ!
”平成の菊吉”ではお初~!HAPPY~♪

茶屋で一服している子供連れの女房。
うわっ!吉之丞だ~。嬉しやな~。
むずがる子供を連れて「ゆっくりできやしない」と帰って行った。

「もうすぐ笊(ザル)屋さんが来るよ」茶屋の従業員達が噂していると、
やって来ました~!
庶民の格好した…はっきり言うと汚い、貧乏臭い身形のザル屋っ!
この人、さっきの『京鹿子娘二人道成寺』で踊ってた
ビューティー菊ちゃんのお父上でございます~。って思ったらハハハ。

何を隠そう”伝統文化放送”収録日なのであった!
なのに菊五郎。すべる~。アララ。

融通のきかない凧屋と大喧嘩して、
子供のピンチを助けたザル屋。
若い頃は随分無茶もしたらしい。情けに熱いね~。

菊五郎、”人情噺”させると笑わせて&泣かせてくれるよねー!
高校生の鑑賞教室で『文七元結』の左官を演った時も!
歌舞伎座で『らくだ』の屑屋を演った時も!
あ!『松竹梅湯島掛額』5月は吉右衛門だゾ~) 

「おとっちゃま」
見ると、男がトボトボと歩いてくる。
子供の父親は浪人。
ザル屋、またまた情け心が…。
ドーンと持ってけ~!親父の形見の1両~!

それを見ていたお侍。
ザル屋を料亭に誘って「あっぱれ~!」と称えちゃう。
でも、酔っ払ったザル屋に難癖つけらる。オヨヨ…。

笑ってみたり、困ってみたり、窓際から外を眺めてみたり、
VIVA!!吉右衛門~!!
緑の輝きと土の匂い。自然体の温かい土地。
”奈良の都”のような人!!大好きだぁぁぁぁ。
(「お水取り」の季節だね。『達陀(だったん)』観たいな~)

「情けを掛けない侍同士って変だ!」
「う~ん…そうかも」
2人は浪人宅を訪ねてみた。
…ら…浪人さん自殺ー。

侍は残された子供の将来を約束。
ザル屋はオンオン泣きながら「俺がお前の仇だよ」

”情”と”プライド”
じんわりきたのは、ザル屋の人間性あったればこそ。
VIVA!音羽屋~。

暗く終わる話だから…楽日、まさかね~。
どっこい、弾けてくれちゃったそーですね!(いいのか?…いいんだろう)
一発ギャグが”イナバウア~”ってのがスゴイ!
 ※”イナバウアー”
  1950年代のドイツの選手”イナ・バウアー”の名に因む。
 
  開いた両足を前後にずらし、つま先を外側にむけて滑る(スケートやってる友人曰く「難しい!」)
  荒川静香の上体を後ろに反らせた型は「レイバック・イナバウアー」と呼ばれるもの。

『團菊祭』もきっとね~!夏雄ちゃんを笑わせてね~!(退院おめでとぉ!!!)

吉右衛門の本領発揮は『幡随長兵衛』
昼の部へレッツゴ~!!

ルポレポはこちら
 2/2~26 歌舞伎座
昼の部 「春調娘七草」 「一谷嫩軍記-陣門・組討-」 「浮塒鴎」 「極付幡随長兵衛
夜の部 「梶原平三誉石切」 「京鹿子二人道成寺」 「人情噺小判一両」

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月文楽 御所桜堀川夜討 ... | トップ | 新作能 紅天女 ガラスの仮面... »

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すべっちゃいましたか! (ツチ子大夫)
2006-02-28 16:58:12
菊五郎丈、収録日にすべっちゃいましたか!

やっぱりみなさん緊張するんでしょうねぇ~



私が観た日は、一階席のおっちゃん(と思われる)が変なチャリ掛けをするので、聞いてるこっちがハラハラ!

野次に近い声掛けをするくせに、タイミングはいいもんだから曲者でした…

松竹の場内見回り?おねーさんも、困っていたんじゃなかろうかと思われます(笑)



またも・・・ (shsio)
2006-02-28 23:49:09
ハイテンションレポですな~

イナバウアー目撃者なのでトラバしますー
Unknown (うさ吉)
2006-03-01 20:40:51
うわ~、おやじ様のイナバウアー観たかったですー。

1月の楽はなんにもなかったのに~。国立劇場だとおふざけできないのですかね??

私もTBさせていただきました☆
見たかった~ (真聖)
2006-03-01 23:34:31
こてんさん、こんばんは!



菊五郎さんのイナバウアー見たかったなあ。

最近ハジケ過ぎですね、あの方。でも好き!



で、我が家もオットとやってます。

腰が痛くなりそうだけど、今はそういう流れですからね。今年の流行語大賞候補?!



吉右衛門さんの奈良の都・・・

素敵過ぎ・面白すぎの形容に

です。

次の感想も待ってます。
あれからというもの (喜の字)
2006-03-02 01:03:24
「イナバウアー」と聞くだけで菊五郎を思い出して一人クックッと笑ってしまいます。今日のNHKニュース10でも有働さんが「今や日本中でこの言葉を知らない人はない」と言っていましたね。歌舞伎ファンは二重にその言葉で楽しんじゃいました!アア、その場に居合わせたかったなあ!



うさ吉様、私も先月国立の楽に行きましたが、先月は松助のことがあったばかりでしたから、とてもそういう気分ではなかったのでしょう、と思います。



ところで、「人情噺小判一両」、役者はさておき、話としてはつまらんです。「情けは人のためならず」の解釈も間違ってるし・・・。でも、待てよ、これってもしかして「人情噺文七元結」のパロディー?情けをかけたら自分に還ってきたのが「文七」、情けをかけたら人のためにならなかったのが「小判一両」ってことかも。相手が手代忠七ならよかったけど、お侍だとワケが違ったんですね。
菊五郎~ (かしまし娘)
2006-03-02 09:48:57
真聖様、まいど!

御賛同ありがとうございます~!

もぉ奈良に行きたくって行きたくって(^^ゞ



うさ吉様、喜の字様、まいど!

1月国立では、普通は「笑い」入れないですよ~(笑)

「~小判一両」も喜劇じゃないし、普通ならいじくらないと思うんですよ。

きっとストレスが溜まってたんだと思うなぁ。

いくらやっても、菊ちゃんの方が誉められるしさ、

『幡随長兵衛』でも、吉右衛門にピンスポ当たってたしさ、

”俺の、俺の、俺の話を聞け~♪”(byタイガー&ドラゴン)…じゃなくて、

”俺の芸を見ろ~!!”だったんでしょうきっと。ガハハ。

蜷川作品だったら、灰皿飛んでくっぞ!

でも天下の菊五郎だからさ、平気~。



作品が気に入ってなかったりして?菊五郎!

だから、楽日に弾け飛んだんじゃないの~?

”平成の菊吉”の競演。

今度は、もっとパ~ッッとした作品で演って欲しいですね。



宇野信夫の事はよく知りませんが、落語の監修なんかもしているし、

”人情噺”とした裏に、何かあるのかもしれませんね~。

宇野作品の『巷談宵宮雨』は、”お金”に絡む人間模様で市井の人の話だし、

『怪談蚊喰鳥』は文字通り怪談(観たいっっ!)だし、

なんだかもっと、ストンと心に落ちる作品が沢山あるんじゃないでしょうか?

松竹も、お客のそういう心理をもうちょっと気にして欲しいな。

それとも、”昔はこういうもんだった”ってことを紹介しているのでしょうか\('□')/









思い込み? (かしまし娘)
2006-03-02 10:33:54
コメント書いた後で、考えたんですが、



>1月国立では、普通は「笑い」入れないですよ~(笑)



ってのは、私の思い込みでしょうか?

毎回、楽日は大騒動~とか??

私は過去に1度、その”楽日騒動”を目撃したのですが、”暴れてイイ”お笑い作品だったもんでつい…。



『菊五郎劇団』贔屓の方、教えて頂けると嬉しいです~!!

トラックバックありがとうございます。 (りっじ)
2006-03-02 15:41:38
人情噺小判一両とてもよかったですよね。

最後どうなったしまうのか、ドキドキしながらみていたのですが、まさかあんなことになるとは。。。



印象的だったのはそのときのイヤホンガイド、このお話を作った人がどういう意味をこめたのか、暗転している最中に説明をしてくれていたのですが、それがとても印象に残っていますよ。



それにしてもイナバウアー。。。

みたかったなぁ(笑)
どんな想いを… (かしまし娘)
2006-03-02 15:58:29
りっじ様、いらっしゃいませ。



>イヤホンガイド、このお話を作った人がどういう意味をこめたのか、



どういう想いがあるのか、面倒でなければ教えて下さいませんか?



イヤホンガイド借りなかったのですよ~。悔やむ~。

なんか、この作品イマイチ心に落ちてこないので、もし宜しければ!い~や是非に~!
TB&コメントありがとうございました! (みちこ)
2006-03-03 19:01:53
こんにちは♪

先日はTB&コメントありがとうございました!

かしまし娘さまのブログ、表現が超面白いだけでなく、内容も深くて、楽しませていただきました♪

また時々見せていただきますね★

うろ覚えですが (りっじ)
2006-03-07 05:16:41
>イヤホンガイド、このお話を作った人がどういう意味をこめたのか



最後に舞台がお侍さんの家の場面に移るための暗転時、イヤホンガイドでは





このお話が作られたのは19○○年でその時代は 不況or裕福 な時代だった。そんな時代につくられたこのお話は、そんな時代だからこそ安七のような考えが大事だということを表しているのでは・・・





というようなことを言っていました。

内容は実はそれほど覚えていないのですが、このようなことを言った最後に、





「これは私個人の考えですがみなさんはどう感じたでしょうか?意見の押し付けになったでしょうか?」





というようなコメントを述べていました。この言葉がとても印象に残っています。一個人の意見でも、どのような意味がこめられているのか解釈し、そして意見の押し付けになりませんでしたか?と私達に問いかけてきてくれたことがとても好印象でした。



3月に入り、また新しい公演が始まったようですね。次に行くときは一幕見で3幕見る!といった無謀なことをせず、3階席でしっかり見てみたいと思います。
なるほど (喜の字)
2006-03-07 08:43:17
今に通じる考え方ですね。時代設定が江戸時代でも、新作物は江戸のにおいがあまりしませんよね。



ところで私は前のコメントで「手代忠七」と書いてしまいました。「文七」に決まってるでしょーが。訂正してお詫びします。
昭和11年 (かしまし娘)
2006-03-07 10:26:27
りっじ様、喜の字様、まいど!

質問に答えて下さいまして有難うございました。



初演の昭和11年は、なんと!2・26事件が勃発したんです!翌年は日華事変(日中戦争)!

私が非常識で、当時の時代背景にピンと来なかったから、

どーしても冷めた目で観てしまったんですね。



今の歌舞伎は、1部の現代演劇の様に、世相を繁栄しているとは言えませんが(私はそう思っています)、あの時代はまだ、作品が”観客に呼びかける力”があったんですね。

あ~やっとストンと落ちたわ~。ありがとうございました。



>「これは私個人の考えですがみなさんはどう感じたでしょうか?意見の押し付けになったでしょうか?」



いいですね~この言葉!



いつか是非3階席で楽しんで下さいね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
二月大歌舞伎・夜の部 (大入り!文楽手帖)
ツチ子大夫です。 今月も行ってまいりました。歌舞伎座へ! 二月大歌舞伎の観劇記、まずは夜の部をワタクシが担当いたします。 ■二月大歌舞伎■ 【夜の部・演目】 『梶原平三誉石
二月大歌舞伎 夜の部 歌舞伎座 2/20 (みまるまるみえ)
 道成寺にて桜を満喫すべく満を持して出掛ける。直前に取ったので席は3B最後列。幕
二月の歌舞伎座*千穐楽 (紫蘇の効用)
母上様の風邪がいっこうに良くならず、インフルエンザB型の疑いもあるっつーのに病院に行かない。楽しみにしてた今月の歌舞伎座の千穐楽も昨日になって「行けそうもない」って。せっかっく前方中央の良席なのでむざむざ空席にはできないよぉん。フラメンコ仲間で菊ちゃん
二月歌舞伎座 夜の部 (うさ吉のきままダイアリー)
1階2等席、センター。 「梶原平三誉石切」  ほとんど居眠りしてしまったので感想は書けませ~ん。 「京鹿子娘二人道成寺」  夜の部はこれがお目当て。  ベテラン&若手女形の中でイチバン美しいと思うお二人、まさに眼福の一時。  初演の時は菊之助丈が必至
\"二月大歌舞伎\" (Books)
とうとう、とうとう、みてきました~♪ チケットが取れてなかったときは、もうみら