HIGH and DRY

日々思うことをつらつらと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交響詩篇エウレカセブン#08 グロリアス・ブリリアンス

2005-06-08 16:05:16 | アニメ
前回は完全にギャグのノリでしたが、今回は割りと真面目。レントン憧れの月光ステートと現実の違いと思わせつつ・・・と言った感じです。

念願の「ray=out」の表紙になるも少し複雑なレントン。表紙とは言ってもあの都市型迷彩のジャージ姿です。エウレカンに「これかっこいい?」と聞いても「かっこいい?何が?」とさらりと流されてしまう始末。表紙になったレントンに嫉妬して膝カックンをするドギー兄さん。分かり易い人だなー。

そんなエウレカに買い物に誘われ喜ぶレントン。まぁ予想どうりガキんちょ3人組みも一緒です。

ホランドたち大人組みは仕事の相談。ホランド曰くレントンに教えるのは面倒くさい内容の仕事みたいです。

買い物の途中でメーテルがいなくなり大騒ぎに。いったん迷子になってしまったようですが、どうやら見ず知らずのおばさんが保護してくれた様子。

メーテルを探しに行くエウレカ。不安になって泣き出すガキんちょ2人。レントンの持っている袋がLoftの手提げ袋に似ているのはちょっとニヤリとしてしまいました。

メーテルの叱り方が分からなくてレントンに聞き平手打ちをするエウレカ。レントンは自分が躾けられた男の子用を教えたつもりだったみたい。エウレカ頑張ってお母さんらしくなろうとしてます。

さてこのおばさんの名前はティプトリーと言うんですが、レントン君たちはお茶をご馳走になります。そこにスモーク弾が突如投げ込まれます。しかし不発…(安物だったのかな?)

銃火器を携え部屋に飛び込んで来たのはホランドとマシュー。部屋にいるエウレカたちに驚きます。
そのホランド達のターゲットはティプトリー。どうやら彼女はヴォダラクと言う反政府組織の一員らしい。塔州軍に引き渡せばお金がもらえるらしい。優しくして貰ったので彼女を悪人と思えないレントン君はそんなホランド達に苛立ちます。

レントン「金のためならなんだってするのかよ!」

ホランド「するよ。金になるんならな」

そんな言い争いの隙をついて逃げ出すティプトリー。倒れたドアの下敷きになるムーンドギー。こいつも使えないなぁ(苦笑)

バイクで逃げ出したティプトリーをLFOで追いかける月光号メンバーたち。レントン君も納得はいかないもののエウレカと共にニルバーシュに乗り込み追いかけます。最後はヒルダの用意してたコンテナに追い込んでようやく捕縛。それにしてもテロリストホイホイって名前はどうなのよw

Bパートが始まると何故かティプトリーの家で食事をしてる月光メンバー。一瞬何が始まったのか理解出来ませんでしたよ。

どうやら残しておいた食材が無駄になるからご飯を振舞っているようですが、それにも納得のいかないレントン君。どうして自分を捕まえた人間たちにごちそうするのかを質問します。

ティプトリー「ヴォダラクだから。・・・・世の中にはね、受け入れるべき運命と、抗うべき試練があるの」

なんかキーワードになりそうな言葉です。作品全体のテーマになりそう。

ヴォダラクは反政府組織として塔州軍に追われているみたいですが、反政府活動自体はしていないもよう。中国における法輪功みたいなものなのかな?

レントンと監視を交代するホランド。手荒な真似をしてしまった事を謝り、続いて「ノルブ」の居場所を尋ねます。また新キャラの名前です。伏線多すぎ。

画面は変わり軍への引渡しシーン。大金をまず受け取り軍にティプトリーを引き渡す時にニルバーシュ強襲。バンジージャンプ状態でレントンがティプトリーをかっさらいます。躍動感があってかっこいい!

KLFが追ってきますがR909とR606とで反撃。そこに月光号登場。

タルホ「よーし!熱いのを一発かますわよ!!」

と航空母艦にレーザー攻撃で撃沈。軍が( ゜д゜)ポカーンとしている間に逃走完了です。

月光号に帰って軍から強奪したお金の勘定をし、巻き込んでしまったお詫びにティプトリーに好きな場所に連れて行くと伝えるホランド。するとディプトリーが口にした場所は、ヴォダラクの巡礼の地 「シューダ・デス・デルシエロ」

エウレカはガキんちょとレントンに買って来た算数ドリルを渡します。14歳なのに小学5年生のドリルを渡されるレントン君。これってレントンが11歳並ってこと?それともエウレカがよく分かっていないだけ?

エウレカ「さっきは、かっこよかったよ!レントン笑うと、ニルヴァーシュも喜ぶもの」

この一言に大喜びのレントン君。やっぱりエウレカは容姿とかではなくレントンの行動を見て判断してるみたい。

その頃ホランドとタルホの会話。

タルホ「シューダ・デス・デルシエロとはね・・・」

ホランド「あのくそっ辛い料理食ったとき、嫌な予感してたんだ・・・」

タルホ「あれから何年だっけ・・・」

ホランド「忘れた・・・」

タルホ「嘘つき・・・」

どうやらホランドたちは何か知ってるみたい。また伏線かよ・・・

最後はエウレカの「何だろう・・・頭・・・痛い・・・」で終了。またまた伏線・・・orz
なんかますますエウレカが綾波にかぶって見える。


今回はわりと物語が動きました。とは言っても伏線だらけで未だにさっぱり分からん事ばかり。月光ステートがなんで軍に反抗しているのかも理由が未だに明確ではないしね。1年と言う長いスパンだけど、もうそろそろ動いてもいいんじゃないかなぁと思います。
ガンダムだって10話位でガルマが死んだわけだしね。
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 叱咤激励 | トップ | 祝・日本W杯出場決定! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エウレカセブン8話感想 (月の砂漠のあしあと)
いよいよ、運命は羅針盤は深遠を指し、レントンはそこへと迎いはじめます。レントンとエウレカ、そしてゲッコーステイトのメンバー・・・・・・彼らに対する波は決して優しくはなさそうです。  凪の時間は終わりを告げ、風は新たに吹きはじめました。
エウレカセブン #08 「グロリアス・ブリリアンス」 (師匠の不定期日記)
#08の見所は、レントンが憧れていた月光ステイトと、現実の違いですかね。これだけ見ると#04のウォーターメロンと同じ様に思えるかもしれませんが、内容は随分違います。そういあ、#07ではギャグ調のストーリーでしたが、今回の#08は割と真面目に見てしまいました。微妙に作.
交響詩篇エウレカセブン : #8 グロリアス・ブリリアンス (蛙・鳴・蝉・噪)
因縁の場所へ進路を取ることとなったゲッコー号。運命がいよいよ動き始めたと感じさせられた話でした。買出しに行く子供部隊。迷子になったメーテルを保護してくれたおばちゃん宅で、お茶をご馳走になっていると、突入してきた大人部隊。ゲッコーステイトが反政府組織の主要
交響詩篇エウレカセブン題8話「グロリアス・ブリリアンス」 (制限時間の残量観察)
今週ものっけからやってくれましたドギー兄さん!(←もはや、この呼び方は確定の模様/笑)ムーンドギーに膝カックンやられて驚くレントン。自分が表紙になった「レイ=アウト」をみてウットリ…。愛しのエウレカの買出しの誘いもデートと勘違いします。(そしてガキも一緒だと
エウレカセブン 第8話 レントン、カッコよさは行動で示せ! (快楽ぱんだと二次元)
交響詩篇エウレカセブン 第8話 グロリアス・ブリリアンスなぜか「ray=out」の表紙にレントンの写真が!嬉しそうなレントン。エウレカに「これ!・・・・カッコイイかな?」なんて聞いちゃってます。エウレカ「カッコイイ?何が?」エウレカは外見には興味がないみたい。そ
エウレカセブン「グロリアス・ブリリアンス」感想 (-SEED・エスカフローネに愛を注ぐ-)
エウレカセブン「グロリアス・ブリリアンス」 ●雑誌の表紙に喜ぶレントン い、いつのまにそんな写真撮ったんですか!? しかもその雑誌、何の雑誌なんですか!? 町の人たちがみんなレントンを見てくるってことは、あの変装意味なかったんじゃ…??
交響詩篇エウレカセブン 第08話【グロリアス・ブリリアンス】 (EL CLASICO)
前回,笑いの神が光臨した レントン君. その勢いで 何と『ray = out』の表紙を飾る! 都市型迷彩が カッコイイ!!....のか? 膝かっくんして 無言で 立ち去った ドキー兄さんが おもしろかったです. ホランドたちは お金のために なにやら仕事の相談. 買出しに出