Fairys in the tree 【もくれんの木に住む妖精たちの物語】

大阪府寝屋川市にある認可保育園「もくれん保育園」の楽しい保育の様子を大公開!

少しずつ、少しずつ・・・

2017-06-30 | 保育園での【あれこれ】

こんにちは

みどり組(4歳児)担任の高田里誉です

 

6月も本日で終わりを迎え、早くも明日から7月ですね

天気や事項などにも興味を示すみどり組の子ども達も、「今日で6月おわりやで」と一緒に時の早さを感じていました

 

さて、進級して3か月が経ち、季節が移り変わってゆくと共に、子ども達の姿にも変化が見られます

今回はそんなみどり組の子ども達の姿について、一部お伝えさせて頂きたいと思います

 

 4月から新しく取り組む事が増え、挑戦する機会がたくさんあるみどり組の子ども達

「がんばろう」という意欲がある半面、「できない」と挑戦を拒む姿も同時に見られます。

 

自分と他人との区別がはっきりとし、周りが見えるようになってきて、人に見られているという自意識が芽生える4歳児。

その中で、自分の思ったように「できないかもしれない・・・」という葛藤も多く経験する時であります。 

 

例えば、鉄棒の時間

技に応じて自分でやりやすい鉄棒の高さを考えて選び、取り組んでいます

待っている間はお友達の姿を見ながら応援したり、どんな風にしているのかを見て学んでみたり

 

なるべく“自分でできた”という達成感を味わえるように、また、危険のない様に子ども達の様子を見ながら補助についています

その中で、「むり」「できない」と訴えることがあります

 

その時は、無理強いはせず、子ども達が出来る範囲で挑戦できるようにしています

「先生が支えてあげるから大丈夫だよ」と伝えると、安心感を持って挑戦しようとしてみたり。

それでも、落ちたらどうしようという恐怖心や、見られているという恥ずかしさから諦める姿もあります

 

一人ひとりによって、一つの事柄に対する取り組む姿勢は様々でありますが、何よりも大切にしたいと思っているのは、“がんばろう”という姿勢を認めること。

そして、子どもたちの力を信じて見守ること。

 

最後までできなくても、完璧でなくてもいいのです

 

少しでもやってみようとする姿勢やその勇気を「頑張ったね」「今日はここまでできたね」と認めたり褒めたりすることで、子ども達の自信や意欲にへと繋がっていきます。

 
小さな積み重ねは、大きなものとなっていくのですね
 
最初は「できない」と不安がっていた子どもも、今では「先生、見て!できたー」と得意げな姿を見せてくれたり
 
“できた”“がんばった”という子ども達の喜びは、私自身もとても嬉しく、一緒に取り組んでいくからこそ感じられる世界だなあと日々感じさせて頂いております
 
 
今後も子ども達の思いにたくさん共感しながら、様々な可能性を広げられるよう、保育をしていき、一緒に色々な世界を感じていきたいと思います

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 給食メニューH29.6.30 | トップ | みんなの夢を応援!! »
最近の画像もっと見る

保育園での【あれこれ】」カテゴリの最新記事