Fairys in the tree【もくれんの木に住む妖精たちの物語】

大阪府寝屋川市にある認可保育園「もくれん保育園」の楽しい保育の様子を大公開!

初めてのこと+・。*

2017-03-21 | 保育園での【あれこれ】

こんにちは

主任保育士の竹内恵です

 

先週土曜日の卒園式は、しろ組(5歳児)21名の子ども達子が全員そろって無事卒園することが出来ました

イキイキとキラキラした一人ひとりの表情はとても印象的に残っており

胸を張って卒園した子ども達はきっとそれぞれの小学校でも勇気を持って第一歩を踏み出し

素敵な友達を作り、苦手な事も頑張りながら克服し小学校生活を充実してくれるのではと私もまた期待を膨らませていました

 

そしてもう一つ印象に残っているのは、式中の園長先生のお話です

お話の中に皆で目を閉じる場面がありました

 

目を閉じてから思い返すのはお子さんうまれたばかりの姿です

そして

初めて抱っこした時の事

初めて寝返りした時の事を

初めて歩いた時の事を

 

初めての事を思い返してみて下さい。

目を開け立派に成長されたお子さんを目の前にして何を感じたでしょうか?

という内容でした。

 

 

子育てをしていると、誰もが一度は悩んだことがあることでしょう

その時の自分はどんな気持ちでしたか?

今なら大したことのない悩みもその時は不安で仕方なかったこともあったことでしょう

 

子ども達の成長と共に自分たちも成長したことを感じることも今思うと出来たのではないでしょうか

 

しかしながら、振り返り大切なことを確認しなければ

大切なことを忘れてしまい当たり前の毎日になっていきます

 

きっと、振り返った毎日はたくさんの反省や上手くいかない日々もあります。

しかしそんな中にもたくさんの笑顔やかけがえのない思い出があり

振り返った分だけの大切な日々があり、子ども達と過ごした分だけの思い出は宝物であると思っています

 

当園では感謝の気持ちを持つ事を卒園式のねらいの中に入れています

 

担任の先生だけではなく、たくさんの先生に見守られてきたこと

毎日送り迎えしてくれたお家の方

美味しい給食を作ってくれた調理員さん

 

たくさんの感謝をすることで、自分たちが愛されていたことを深く感じ

益々の自信へと繋がり人間形成の基礎である「生きる力」へと繋がっていくと思っています

 

 

4月に向けて新しい出会いがあり、別れもあります

寂しい気持ちもありますが、ここはゴールではなくそれぞれが羽ばたく、新たに成長していくスタートライン

とても素敵な時期をどのように迎えるかは自分次第です

 

そして、当園は今日、クラス移動を行いました

新年度の職員体制になる前に進級する保育室へ移動して

保育室の使い方やルールを知り、慣れるための取り組みです

 

幼児(3歳児4歳児5歳児)の子ども達は自分たちで自分の荷物を移動させました

休んでいる子の分もお友達が気付いて運んでくれました

来年度幼児になるもも組(2歳児)の子ども達に優しく教えてあげると張り切っていたき組(3歳児)の子ども達

進級する喜びをいっぱいに感じ

また新たに初めてのことをたくさん経験し成長してくれることを心より祈っています

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 給食メニューH29.3.21 | トップ | 給食メニューH29.3.22 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む