Fairys in the tree 【もくれんの木に住む妖精たちの物語】

大阪府寝屋川市にある認可保育園「もくれん保育園」の楽しい保育の様子を大公開!

食との関わり

2017-06-14 | 保育園での【あれこれ】

こんにちは

 

あか組(1歳児)担任の浦田 鈴香です

 

 

1日の気温差はありますが、日中は過ごしやすい天候になっていますね

子ども達も戸外あそびを楽しみ、その中でも最近の子ども達のブームは虫探しです

 

先日のブログでもあげさせてもらったかたつむりから子ども達も探索が広がったり、一つひとつの関心が深まっております

 

 

 

中でもこの時期はたくさんの虫が園庭でも生活しており、手にたくさんのダンゴムシを持ったり小さい姿を見て「あかちゃんがいる」と話し合う姿が見られており、生き物の姿をよく観察している様子が見られています

 

 

見て、気付いた事を声に出し互いに共感することで考える力が育ちますね

その為、戸外では園庭改造でできた雑草やクローバーのスペースでの遊びに子どもたちが集合していますよ

 

 

同じぐらいに戸外で今人気なのが野菜の生長観察です

幼児クラス(3、4、5歳児)が植えたトマト、ピーマン、ナスはすくすく生長しています

生長の様子はこちらでもご確認ください

子ども達は毎日野菜を見て実をつけ大きくなっていることを喜んでいます

 

乳児クラス(0、1、2歳児)のお友達も興味津々ですよ!

 

 

水やりや雑草抜きのお世話も幼児クラスのお友達が交代して頑張っていますよ

自分達が植えた野菜を大切にしているますね

 

 

 

野菜は栄養がありますが苦味もある為子ども達にとっては苦手な食材ですよね

ですが、自分たちで育てることにより、大切していた野菜を収穫する喜びも生まれ、味わう期待感も生まれますよね

普段苦手と感じている野菜も子ども自身が関わりを持つことで意欲的に食べることができます

子ども達が自ら関わりを持つため職員で作った畑で野菜を植え、育て、収穫することで子ども達が食の大切さを感じられる様にしていきたいですね。

 

そして本日は食育のクッキングがあり、おやつのホットドッグを作りました

パンにキャベツとウインナ-をはさみました

 

 

 

 

子ども達でもできるような簡単な取り組みを行うことで、子ども達は自分でできる喜びを感じながらクッキングを行っています

 

自分達で料理にも関わることのねらいは

・料理の楽しさを感じる。

・作ってくれている人への感謝の気持ちを持つ。

・苦手な物も愛着を持ち、食べる意欲に繋げる。

という3つです。

 

実際に育てることや食に関わる取り組みの中で子ども達の期待感は膨らんでいきます。

探索な好きな子どもたちにとって生長を見守ることは食べ物を知ることの大切な一つです。

これからも育てる・作る・食べるという食育の経験から楽しさや感謝の気持ちを大切にしていきたいと思います。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 給食メニューH29.6.14 | トップ | 絵本の貸し出し、もう少し待... »
最近の画像もっと見る

保育園での【あれこれ】」カテゴリの最新記事