Fairys in the tree 【もくれんの木に住む妖精たちの物語】

大阪府寝屋川市にある認可保育園「もくれん保育園」の楽しい保育の様子を大公開!

観劇に行ってきました!

2017-11-07 | 先生たちの【ひとりごと】

こんにちは

き組(3歳児)担任の片山志織です

 

今日は気持ち良い秋晴れのお天気となりましたね

園庭からは元気いっぱいの子どもたちの声が聞こえてきましたよ

 

 

今回は、私事ですが先日観劇に行ったことについてお話したいと思います

私は母の影響で演劇やミュージカルに少し興味があり、年に3、4回ほど観劇に行っています

先日はミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』を観てきました

 

このミュージカルは全世界で1.000万人以上を動員したという大ヒットミュージカルで、この度日本で初めて上演されることになったのです

原作は2000年に公開され、当時さまざまな賞を受賞した映画『リトル・ダンサー』です

ご存知の方もおられるのではないでしょうか??

リトル・ダンサー [DVD]
ジェイミー・ベル,ジュリー・ウォルターズ,ゲイリー・ルイス,ジェイミー・ドレイヴン
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 ≪簡単なあらすじ≫

80年代英国。スト中の炭鉱の町に生まれた少年が、周りの反対を受けながらもバレエダンサーを目指す物語。

“バレエは女のやるものだ”とはじめは厳格な父と理解し合えなかった親子ですが、ビリーの熱い思いやひたむきな姿に次第に心動かされていき・・

 

私はこの映画が大好きで、何か一歩踏み出したい時や自身を奮い立たせたい時に良く観ています

 

このミュージカルの主人公をはじめとするキャストには多くの子役が出演しています

主役に抜擢されるためには芝居、歌、バレエ、タップダンス、アクロバットなどすべてで高い能力が求められるのです

そんな卓越した身体能力やカリスマ性が求められる役を演じたい一心で集まる子役のオーディションが1年半ほど前から行われ、見事抜擢された子役たちは1年もの間、ハードな練習を行ってきました

以前からその模様をテレビで拝見していたので、舞台でその姿を見られることをとても楽しみにしておりました

 

実際、小学生・中学生くらいのの子役たちが沢山の観客を前に堂々と胸を張って演じる姿、ダンスや歌に乗せて感情を爆発させて表現する姿にとても胸が熱くなりました

ダンスの最大の見せ場では舞台ならではの緊迫感で、成功した時の観客の大きな拍手で包まれた空間は今でも忘れられません

 (1回の観劇では物足りず、もう一度見ようと別日に当日券に並びましたたがあいにく私の番の直前で売り切れに・・それほど胸を打たれたのです

 

これまでどれだけ練習を行ってきたのだろう・・

子どもなりに多くの壁にぶち当たっては幾度も乗り越えてきたんだろうな・・

たくさんの努力の積み重ねがあったからこその自信と最高のステージ披露に繋がったんだろうな・・と感じました

 

やはり、何かに挑戦し成し遂げるには相当な努力が欠かせないということですね。

それを改めて感じ、自分を見つめ直すきっかけとなりました 

 

 

是非皆さん、

ミュージカルは先日大千穐楽を迎えてしまったのですが、お時間ありましたら映画『リトル・ダンサー』をご覧になられてはいかがでしょうか??

 きっと子どものひたむきな姿に胸を打たれること間違いなしです

 


この記事をはてなブックマークに追加

おいしい秋みつけた

2017-10-25 | 先生たちの【ひとりごと】

こんにちは

ももぐみ(2歳児)担任の澤和千恵美です。

 

おいしい食べ物がいっぱいの秋

食べることが大好きな私にとってはとても嬉しい季節です

 

もくれん保育園のキット栽培のしいたけ。あっという間に育って収穫できましたね

おいしいしいたけを私も頂戴してもっと食べたいと思いました。

何かいい献立はないかな

そこで登場したのが当法人のレシピ本「保育園産の米」です。

きのこやさつまいもが大好きな私にもってこいのレシピがありました。

「さつまいもときのこの焼きサラダ」

早速作ってみました。

 

食材がいっぱいです。

これを調理すると、、、、、

出来上がりました

炒めている時にきのこのいい香りがしました。

 

きのこは食物繊維が豊富で低カロリー

さつまいもはビタミンB群がかなり豊富。皮に栄養があるので皮まで美味しく食べて下さいね

れんこんも秋から冬が旬です。ビタミンCがとても豊富です。

 

旬の食材を使ってお料理して子ども達とおいしい秋を感じて下さいね


この記事をはてなブックマークに追加

一歩踏み出すその先に。

2017-10-12 | 先生たちの【ひとりごと】

こんにちは

みどり組(4歳児)担任の高田里誉です

 

金木犀のいい香が漂い、秋の季節をより感じられるようになりましたね

本日は、あいにくのお天気となり、週末にかけてさらにお天気が崩れていくのだとか・・・

どうか雨雲が去り、今週末に運動会を行うことが出来るよう願いたいと思います

 

 

さて、今回は少し私自身のことについてお話させて頂きたいと思います。

 

私は、5人兄弟で、姉、兄、弟、妹がいます

仲は良く、なかなか都合が合いませんが、合わせられるときはみんなで集まり、出掛けたり、食事に行ったりしています
 
ですが、恥ずかしい話、家庭環境はよくありません。
詳しい事情はこの場ではお話できませんが、いろいろなことがありました。
 
 
私は真ん中っ子という事もあってか、我慢する事が多く育ってきました。
親の顔色を伺って過ごしてきた事もあり、なかなか自分の思いを家族に伝えられずに過ごしてきました
 
そうしていく中で、自分の思いを表現する事、相手に伝えるという事が苦手になっていました。
 
 
 
先日、姉が姪っ子を連れて一時帰国しました(結婚して海外に移住しています。)
約一年振りの再開で、一年前はお腹が大きかったのですが、無事に出産を終え、とても可愛い赤ちゃんが産まれてきてくれました
可愛くて可愛くて、もうメロメロです
 
 
 
少し話はそれましたが、姉と姪っ子と出掛ける機会があり、様々なことを話しました
その中で、家族についても話し、姉に対するいろいろな思いもあったので、今までずっと言えずにいた思いを勇気を持って打ち明けました。
 
話す中で、互いに誤解があり、話してみなければ分からなかったこと、自分自身の中にあった気持ちの縺れ等も溶け、終えた後には話せて、聞けてよかったと心から思いました
 
 
身内だからこそ言いにくいことは、もちろんあると思います。
 
でも、相手が誰であろうと、思っているだけでは相手に伝わらないんですね。
思っていても行動に表さなければ、何もはじまらないんですね。
自分の気持ちを理解してもらいたいなら、まずは相手のことも理解しようと、知ろうとしなければ、何も進まないんですね。
 
 
当たり前のことかもしれませんが、頭で分かっていても、なかなか行動に移す事が難しく、ずっと思い悩んでいたことを、やっと少し解決できました
 
何かを変えていこうとするなら、まずは自分から!!
AKB48で活躍していた高橋みなみが、よく『努力は必ず報われる』と言っていました(ファンではないんですけどね。笑)この言葉には、私も同感です
 
すぐに結果を出せず、苦しいこともあるかもしれませんが、でも頑張った分は必ず何かを持って結果を出せると信じ、自分にできることを考え、一つ一つ乗り越えていきたいと改めて感じます。
 
 
子どもたちも、きっと同じですね
新しいことに挑戦することには、勇気がいります。
やってみたい!という気持ちと、できるかな?という不安の中で葛藤するその時に、子どもたちが一歩踏み出せる勇気を与え、一緒に乗り越えていく事ができるよう努めていきたいと改めて思いました。

この記事をはてなブックマークに追加

小さいときの記憶!

2017-10-07 | 先生たちの【ひとりごと】

 

 

こんにちは!あか組(1歳児)担任の佐伯風花です

 

本日はあいにくのお天気・グランドの状態を考慮して、

運動会を延期するということになりました

 

次回14日の土曜日、晴れることを願って、また1週間

有意義に過ごしていきたいと思っております。

この1週間子どもたちも、さらに運動にむけての練習を頑張ると思うので、

子どもの体調管理等、よろしくお願いします

 

 

さて、今回は私が小さい頃に読んでいた大好きな絵本の思い出の紹介を

させて頂きたいと思います!

 

その絵本は「ばばばあちゃんの いそがしいよる」です

いそがしいよる―ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集
さとう わきこ
福音館書店

この絵本は様々なシリーズがあり、人気の絵本です。

いつも元気な ”ばばばあちゃん”は、少し気が短いけれどガッツがあって行動的です。

そして何より温かい人柄の、みんなが大好きなおばあちゃんです

 

『いそがしいよる』は、ばばばあちゃんシリーズの第一作目で、

元々は月刊絵本「こどものとも」からうまれました。

 

星空を見ながら寝ようと考え、ベットやら、ランプやら家中のものを

ぜーんぶ運んでしまうお話です。

 

絵本ならではの、色彩溢れる絵や、生活用品や家具など、

絵本に出てくるすべてが、丁寧に描かれています。

 

また、ばばばあちゃんの温かい人柄は、自分のおばあちゃんに、ふと重ねてしまい、

何とも言えない”なつかしさ”を感じることが出来ます。

 

子どもの頃読んだときは、ストーリーの内容に、ワクワクして

夢中で何度も読み返していました

今読んでも、とてもおもしろい内容ですし、

絵のタッチが繊細だなと感じたりします。

 

仕事柄、絵本を手にしたり、読んだりすることが多いですが、

小さい頃大好きだった絵本を読むと、昔とは違った観点で見るとはいえ、

やはり、夢中になって読み進めることが多いです!

 

保護者の方も、子どもに絵本を読む機会も多いと思います!

昔読んでいた大好きな絵本を子どもと一緒に読んで、

親子の大切な時間を過ごされてはいかかでしょうか

 

ふと、なつかしい子どもの頃の自分に戻ってみるのも

いいものだと思います!


この記事をはてなブックマークに追加

継続は力なり

2017-09-24 | 先生たちの【ひとりごと】

こんにちはふじ組担任の永冨いづみです。
朝夕は肌寒いくらいになりましたが、日中は秋らしい気持ちのよい季節になってきましたね。

そんななか、私事ではありますが、先日とってもとっても嬉しいことがありました

実は、以前にも書いたことがありますが、私には小学6年生の娘がひとりいます。

その娘が空手で紺帯(2級)に昇級いたしました

流派によっても違うとは思いますが、試験に合格していくと腰に巻いている帯の色が変わっていきます。

娘が在籍する流派では、白→黄色→赤→みどり→茶→紫→紺→黒となっており、

(ちなみに、茶、紫、紺はひとつの色で2級分あるので、茶帯になると2度試験に合格しないと帯の色は変わりません。)

今回、点数が良かった、ということで、

紫帯から飛び級で紺帯になり、黒帯まであと少しとなりました

 

3歳から始めたんです。今のもも組さんくらいです。

娘が空手を選んだわけではありません。

空手教室が家業となりましたので、親の都合で習わせることになりました。

ほんとはね、フリルやレース、リボンをつけた衣装をきて、バレエやダンスをやってみたかったのだそうです。

プリキュアみたいになれるよってカチューシャをつけてお稽古にのぞんだ日の写真です。

なぜこんな白いかっこ悪い服をきて、エイエイッってやらねきゃだめなのって何度か聞かれて、

その頃好きだったプリキュアでごまかしました。

「なんか面白そう~」って、ぶんぶん振り回すヌンチャクをみて興味を示したので、

子供の練習用にスポンジの軽いものを渡されました。

本来、武器術は黒帯になってから教えられるものらしいです。

今では、スポンジは卒業して、ジュニア向けに宗家が作ってくれた木製のヌンチャクで人前で披露できるくらいになっています。

そうして、試割といって、15mm程度の木の板を蹴りや突きで割れるようになり、

瓦割(武道用ではなく、本物の家の瓦なんです)、そして今年の冬は蹴りでバットを折ることに挑戦するそうです。

そしてもちろん空手ですからね、対人で戦う組手もあります。

誰かと戦うなんてこと日常にはありませんから、「空手なんて嫌だ。」「こわいし、痛いし、できない。」と何度も何度も言いながら、そのたびに壁を彼女なりに乗り越えてやってきて、今では『大好きなこと』のひとつとなって、人生の一部になっています。

子供部では、前にたって基本稽古になることも・・・。

 

3歳から9年と少し・・・

素質があったわけではありません。鈍くさくて、運動神経もありませんしね~、何より怖がりです。

でも、ここまでになってきたのは、とにかく『続けてきたから』だと思っています。

腐らず、ふてくされず、あきらめず、細く長く努力を続けてきたことがこの結果に繋がっているように思います。

 

 

今、園では運動会の練習が日々行われています。

かけっこやお遊戯、綱引き、竹馬、なわとび、パラバルーン、など、子供たちは一生懸命練習しています。

毎日練習していれば、きっと今より上手になるっていうことを実感できる行事だと思います。

「できた。」「頑張った。」「悔しかった。」「しんどかった。」「楽しかった。」

2週間後の本番には、いろんな気持ちを感じることと思いますし、それを聞くのが楽しみです

そして、みんながとびきりの笑顔で運動会をゴールすることができるように頑張ってサポートしていきたいと思います

保護者の皆さまも、体調管理もさることながら、気持ちのサポート、全力のエールよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加