ぎょうりやま

かいちょうさんの日記

最後の砦

2017年04月12日 | 日記
先ほど講社祭から帰省した

97歳の老婆と二人

開扉
献饌
祭文奏上
座り勤め
よろづよ八首
四下り目
お話
閉扉

ささやかな直会

この老婆が出直せば
この村から
おつとめの歌声が消えてしまう
この老婆こそ
この村の
最後の砦だ(汗)!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅立ちの春 | トップ | 明鏡止水 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最後の砦 (ネコ好きさん)
2017-04-19 09:50:28
老婆の生きてきた姿に 教祖様の姿を重ねたとき誰かに匂いがかかる事を願います。
新しい芽 (かいちょうさん)
2017-04-20 17:31:11
かつては大勢の信者さんがいた村です。
今では、一人になってしまいました。
でも、必ず新しい芽が出る日が来ると思っていますよ^^
Unknown (蜜蜂と遠雷)
2017-04-22 17:20:19
老婆を最後の砦にするな!教会長が先頭に立ち開拓せよ!甘えるな!今迄なにをやっていたんだ!反省しろ!
スポーツ選手は、叩いても強くならない。 (大和川)
2017-06-19 11:20:19
谷底せりあげの観点からすれば、この村の人たちは、ひとかどの生活をされていると推察されます。それならば、老女と共に居られる事を感謝する気持ちがあればいいし、信者を増やす事が本意かどうかは、それを気にする人にさせればいいと、私は思います。年寄りは何が出来るということも無いけれど、存在そのものが私達を幸せな気持ちにしてくれます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む