ぎょうりやま

かいちょうさんの日記

魂の徳で立つ

2017年08月06日 | 日記
人間は魂の徳で立つ
こんなタイトルの本がある
著者は大野佐七

魂の徳
どうやって積むのか
神様の御用をさせて頂く

運びの三年
尽くしの三年
理の三年
道あらあら十年
と言われる

十五年満月とも言われる

いずれにせよ
確りと神様の御用をさせて頂くことだ


ご守護はいつ頂けますか?
ご守護は忘れた頃にやってくる

お金のご守護はいつありますか?
必要な日の三日前

関根豊松の言葉である^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加