ぎょうりやま

かいちょうさんの日記

2017年07月21日 | 日記


ホットひと息^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奇跡

2017年07月19日 | 日記
日参の信者さんが居る
ときどき夕食を共にする
笑顔がうれしい
至福のひとときだ
心の底から嬉しさがジワリと湧き上がる^^

事情が起こる
そして解決する
お礼の言葉がある
こんな時も確かにうれしい

だが、本当の嬉しさは別の時に訪れる
食事を共にする
会話が弾む
微笑みがこぼれる
その何気ない風景の中にこそ
至福の時間がある
涙がこぼれる

あんなに辛い日があったのに
絶望が希望に変わった

……

女を捨てた女性がいる
スッピンでバイクにまたがる
人生も捨てていた
話を聞けば恨み節が聞こえてくる
何を諭すのでもなく
ただ、聞き役に徹する
いつの間にか恨み節が消え
笑みがこぼれるようになる

日当たりの良い部屋に引っ越しました
薄化粧だが別人のようだ
人世が前向きに変わった
絶望が希望に変わった

……

眼前の御利益だけが奇跡なのではない
本当の奇跡とは
絶望が希望に変わる事だ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守秘義務の怪Ⅱ

2017年07月17日 | 日記
人の秘密を漏らしてはならない
それを守秘義務と言う…

だが、おたすけでは当たり前の事
そこにあるのは誠の心
そもそも義務などという次元の問題ではない

守秘義務
守らなければ罰せられる
6月以下の懲役又は10万円以下の罰金

用木は罰せられるから秘密を漏らさない訳ではない
相手の心を大事に思う真実の心
秘密を漏らすだの漏らさないだの…
おたすけとは、そんな次元の問題ではない
ましてや10万円払えば許されるというものでもない


守秘義務
この言葉にダマされてはいけない
それは確かに教祖の教えではない
こんな言葉は用木にはいらない
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魂のいんねん

2017年07月16日 | 日記
欲と高慢の蔓延する世界
泥の海
その世界を
澄ましていく道

人間の誠が神の足場
足場なくば神の働きはできん

ダイヤモンドの原石
磨けば光る

教会に繋がる人々
いわば神のダイヤモンドである
今、光を放つ者もいれば
そうでない者もいる
だが、
いずれは神様に磨かれて
皆、光を放つようになる
世界たすけを任された人々だからである

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おごれる者、久しからず

2017年07月14日 | 日記



祇園精舎の鐘の声、
諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色、
盛者必衰の理をあらはす

おごれる人も久しからず、
ただ春の夜の夢のごとし

たけき者も遂にはほろびぬ、
ひとへに風の前の塵に同じ

………………

我が家の玄関先に夏椿の木がある
沙羅双樹の日本版だ
すばらしい花を付ける

だが、あっという間に地面に落ちてしまう
きれいな花がボトリと落下する

「おごれる人も久しからず」なのである

透き通った純白の白は綿雲を表現しているのだろうか
その雲の中央に黄金の塊があるように見える
それは、栄華を極めた平家一族、
言わば【天上界】に住む【天上人】を表しているように見える

神様は欲と高慢大嫌いと言われる
だから
おごれる者は久しからずなのである^^




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温故知新

2017年07月13日 | 日記
故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る

古きを学ぶはそこから万古不変の真理を知り、自らの糧にすることをいう。
これは決して新しい知識や見解を得るなどというようなものではない。
過去の人々の言行逸話から心を養うに足るものに学ぶ。
すると古くさいものに学んでいるのに、何故かハッとさせられる部分がある。
このとき初めて向上の道を得る。
これを新しきを知るという。

………………………………………

古きを訪ねるには二つの方がある
一つは過去の文献に当たる事
一つは古老の話を聞く事である

かつてお道の講演は体験談で埋め尽くされていた
聴衆は、そこに神様のお働きを目の当たりにした

ところが、そうした講演はだんだんと姿を消し
代わりに出現したのが原稿棒読み講演である
しかも、その内容は
三原典と真柱様のお言葉のオンパレード
心に響く言葉が無い
心に残る話が無い

また、科学や法律や学問の話が取り上げられ
肝心の神様の世界を説く者が居なくなった
道しるべを見失ってしまい
あらぬ方向へ向かっていると感じざるを得ない

教祖の高弟
道の大先輩
そうした人々の講話に触れる事こそ重要な事である
これから先の道しるべは、そこにしか存在しない…と私は思う

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

堤防

2017年07月12日 | 日記
信仰とは堤防を築くような作業である
毎日石を投げ続ける
海面から姿を現すには相当の時間がかかる

途中で投げる事を止めてしまう
せっかく積んだ石が全部波にさらわれてしまう
だから
止めてはいけない
投げ続けなければ意味がない

そして
いずれ
波の合間に堤防の姿が見えてくる

どんな嵐も
どんな津波も
信仰によって築かれた堤防を破壊する事は不可能である
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関根豊松語録Ⅲ

2017年07月01日 | 日記
 この信仰の道は神様という信念を片時も離したら駄目です。参拝に行った、お勤めもした、ひのきしんもしていると言っても形だけでは駄目なんです。何時どんな時でも神様という心をしっかり持っていて下さい。そうすると人間の勝手心が離れて行きます。身勝手な心が離れて行くと悪い因縁というものが着きません。どんどん助かってゆきます。

 ところが神様という心が軽くなってきますと人間勝手な心が吹いてきて、まあこの位の事はとか、まあ一度だけなんだからとか誠に良くない事をやりたくなってしまうんです。自分でも内心いけないと承知していながら自分で自分を許してしまいますから恐いのです。断じて自分を許しちゃいけません。取り返しのつかない事になってしまうんです。人間の好きな事位恐いものはありません。いけないいけないと承知しながら、つい溺れて行ってしまうんです。だから心の中から神様を離しちゃいけません。

 私は何時どんな時でも神様と離れませんでした。自分の好きな事は捨ててきました。何時迄も神様に喜んでもらおうと一生懸命だったんです。世間の人から見たらあほかも知れません。そのあほの道が楽しくて仕様がなかったんです。そうして通っていたら何でも思う事が思う様に成ってきて助かって助かって現にこんな結構を見させてもらっているんです。

 皆さんも神様という信仰心を崩さないで理を立てきって通られますとキットそうなります。信仰はかように日常自分の心の中に神様をしっかりとお持ちになって通る事が肝心でございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月次祭参拝の服装

2017年06月30日 | 日記
来月は7月
たぶん、天理は猛暑となっていると思う

アロハシャツに短パンとサンダル
真夏には無くてはならないアイテムだ

先日の〇〇講座
月次祭の祭典は正装で参拝すべきだ…
との発言があった
アロハはダメだと言うのである(笑)

日本人男性の正装
スーツにネクタイである
スーツにネクタイで炎天下の中庭で参拝せよ
と言っているに等しい
熱中症で倒れてしまうのではないかと心配だ

アロハシャツ
式典や冠婚葬祭でも着用が許される
「ハワイにおける男性の正装」

アロハシャツは正装ではないという偏見
グローバルな視点が欠如している

月次祭の祭典
お勤め着でつとめる決まりがある
だが、
参拝は別である
どんな服装であろうが自由で良いと思う

来月はアロハにサンダルでの参拝となると思う^^
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

守秘義務の怪

2017年06月30日 | 日記
守秘義務

刑法 第134条(秘密漏示罪)
 第1項 「医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産師、弁護士、弁護人、公証人又はこれらの職に  あった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏 らしたときは、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。」
 第2項 「宗教、祈祷若しくは祭祀の職にある者、又はこれらの 職にあった者が、正当な理由がないのに、その業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密 を漏らしたときも、前項と同様とする。」

あくまでも法律用語である
10万円払えば、守秘義務を守る必要はない
おみちの言葉ではない

先日、おぢばで〇〇講座があった
その講話の中で
夫婦の間にも守秘義務がある
などと言う摩訶不思議な話があった
おやさまの教えではない

夫婦の間でも隠し事をせよ
と言っているようなものだと思う

守秘義務などという法律用語
お道にはいらない…と思った^^

お道の講話とは
おたすけの体験談でなければならん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加