気分はサンドウィッチ

たわいもない日常、土佐犬のこと、野良猫だったパンちゃんの事
日記のつもりで書いてます(*^_^*)あしからず。

知人が詩集を出版

2016年11月02日 | 書籍・雑誌

昔、詩集を出版されていた!

私も想いだしてたまに読み返す。

その人にとって若い頃の事だろうけど~

気持ちも奇麗で読んでいてなんて優しい純粋なんだろうって感心する。

1993年僕は恋をしたとか
9月8日を何の日か覚えてる?と何度も聞かれるとか
彼女がシャワーを浴びていて、この一人の時間が幸せだとか

覚えてなくて書けなくて伝わないけど・・・
本当に奇麗な言葉や素敵な出来ごとが載せてある。

本を貰った時、
本人がすごく恥ずかしがったのを思い出して、プッと笑ってしまう。

しかし大事だよね~こんな気持ち、詩集として残されたのも良かったよ。

その人の大事にしている本を貰ったのだから私も大事にしないと!

でも今になって9月8日何があったの?とか

1編1編に突っ込んでしまう自分に苦笑いだ~


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛しき人生のつくりかた | トップ | 菜な »
最近の画像もっと見る

書籍・雑誌」カテゴリの最新記事