愛犬の健康のための日記

犬の健康管理や病気になった

犬の健康回復などを取り上げ、

広げていこうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

犬の心不全について 1

2016年09月18日 | 犬の健康





心臓やそれ以外の異常が引き金になって、

心臓に血液を送り出す働きに

問題が生じてしまいます。

病気の原因にもよりますが、

治療法はまず強心剤や

利尿剤で安定をさせます。

もともと心不全は心臓が血液を送るのが

きちんとできない状態なので、

心臓病の種類によって原因は違います。

呼吸困難やせきなどの症状に最初、

気が付くことが多いです。

運動を制限したり、

興奮をさせないように配慮したり、

薬を服用していく必要があります。

また安静時にも出るものや、

舌や口の中の粘膜が紫色になり、

チアノーゼになることもあります。

腹水や四肢に浮腫が出ることもあります。

心臓の負担にならないように、

食生活も留意する必要があります。


















『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬の脱毛対策は ? その2 | トップ | 犬の心不全について 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

犬の健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL