愛犬の健康のための日記

犬の健康管理や病気になった

犬の健康回復などを取り上げ、

広げていこうと思います。

犬の溶血性貧血について 2

2016年10月16日 | 犬の健康








症状が重い場合には、輸血が必要になりますが、

犬の場合は人と違い、血液型が合致した血液が

用意されることは非常に少ないです。

急激に大量に赤血球が

不足してしまうがために貧血が起こります。

いきなり元気がな九なり、運動を嫌がり、

食欲不振、嘔吐などの症状が出ます。

自分の免疫機能が、自分自身の

赤血球に攻撃をしてしまう病気です。

溶血とは体内の赤血球が壊れて

溶けてしまうことを言います。

軽い場合は改善されます。

赤血球が足りなくなって、

貧血が起こります。
















『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬の溶血性貧血について 1 | トップ | 犬の僧帽弁閉鎖不全症とは 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL